異動は4月1日付、退職は3月31日付かっこ()内は前所属、大かっこ[]内は補足・異体字等☆元年度(平成31年度)京都市 小学校 校長【転任】 紫野 (教育委員会) 松下誠太郎 衣笠 (教育委員会) 鴨脚光茂 西陣中央 (第四錦林) 綿越貴久 翔鸞 (南 ★入内嶋涼(「ske48」メンバー)5/13. このスレへの固定リンク: http://5chb.net/r/akb/1541778461/ヒント:5chスレのurlに http://xxxx.5chb.net/xxxx のようにbを入れるだけでここでスレ保存、閲覧できます。, in 0.34480500221252 sec 「第41回全国選抜高校テニス大会」(3月20日/開会式、21~25日/団体戦:博多の森テニス競技場、22〜26日/個人戦:博多の森テニス競技場、春日公園テニスコート), 監督◎北本 開照井妃奈②松山寧有②★濱野久玲愛①大野美羽②徳永桃花①林 優羅①本間 和②金内亜純①河野 椿②, 監督◎木村孝行澤田佳歩②★小田島緒聖彌①川村優衣②徳永藍海②平岡愛美②瀧本帆夏①安孫子楓①道端亜有実①, 監督◎三浦康宏米原千絵①風間詩悠那②吉川 葵①松原つぐみ②伊藤文月②★僧都舞子②西尾真尋②矢挽小春②元木奈穂②, 監督◎早坂 晋松原綾乃②鈴木桃子②長田蒼生②皆川明日香②江波戸理緒②★中尾優月②葦名はるか②渡邊優奈②平川茉絢②, 監督◎半田隆志伊藤 楓②鈴木彩水②吉田杏実②★石井三紀子②高橋佑奈②鎌田侑那①浜口真生②佐藤衣桜奈①金澤くるみ①, 監督◎千田貴子佐野柚葵①浦山もも②★村上綸香②奥山志穂①畠山稚菜②長谷川果音①伊藤今日花②伊藤明日花②武田美里②, 監督◎鈴木 仁吉野理花①種田嘉子②鎌田ひかり①佐川真菜②本田美聡②草野真穂①藤丸陽日②★熊谷美沙樹②千葉心乃①, 監督◎高橋 司大川美佐②★毛呂彩音①鵜飼日南乃②近郷彩子②川畑奈桜子②森 好花②渡辺夏奈①森野晴海①坂野文南①, 監督◎間中早紀神鳥 舞②★舩木美莉②河野瑞生①茅野汐莉②澤田佳子①笠原綾乃②長谷川理実②, 監督◎藤田 翔金津春杏①高橋礼奈①鳴島未夢①佐藤優芽②★小島侑果①谷本ひなた②岡村杏珠①芳賀 諒②岩田茜音①, 監督◎八角慧次郎→変更:渡邊翔太中山桜季①岡本璃南①中根美凜①兵藤弥友羽①外ノ岡美侑②前田来夢②★薬師寺花琳②沼田芽生①安川しおり②, 監督◎長島 靖石橋彩由①長門桃子②長谷川優衣②★村尾美紅①小林杏香里①佐藤由依①寺田恵望②安井あかり②, 監督◎清水史育伊藤汐里①北村千咲②★上伊倉理子①池羽沙藍①新井万由子①長田帆乃香①坂元紗瑛①市田愛莉香②宮崎なつほ①, 監督◎矢澤康弘青木さち②★福井順子①高橋実穂①鈴木 藍①入江柚衣②田村瑞姫①荘 優月①鈴木優花②天田夢衣②, 監督◎保坂充彦中込笑愛①肥田唯花②★丸山鈴葉①坂本千代里①三浦心蘭②伊藤なず菜①長倉綾音①小島璃々果②小池佑奈②, 監督◎森田宇京奥脇愛莉①蝦名莉子①重田夢亜①稲原詩音②浮田愛未②梅國莉咲子②★田中里莉花①, 監督◎山室智明→変更:服部 悠吉川ひかる②★大河原彩楽沙①冨永 栞①古藤杏梨②眞野玲音②佐藤琴絵②西村 望②, 監督◎小林正則松山明日葉②★渡辺寧々②横森夢海①森 百花①唐澤杏幸①中沢桜子②佐野楓夏①内田 凜①早川結菜①, 監督◎冨田典江吉田朋夏②吉田華菜子②★松田萌花②岡山千穂②小林一愛①三本茉美①村上水彩①横村優希②秋山沙也加②, 監督◎端野秀紀林 果音①長山真凜①田畑つぐみ②★村上聡野①西野安里沙①四谷美菜①菅谷莉椰②倉 涼子②竹内絵吏②, 監督◎岩橋祐介沼野菜海①高橋海希①白川 星②★神成真生①平山美鈴②高橋 凪②成海就紫①橋本真英①小林穂香①, 監督◎金山敦思堤 華蓮②★川本茉穂②加藤穂乃佳②ジョーンズ樹里愛①菰方里菜①大田未空①黒田菜汀①海津美空①本保 愛②, 監督◎小室寿弘森川 瞳②★山下 桜②横山彩実②川合桃加②掛井彩香②古山潤奈①北山あずみ①酒井 南②大岡咲恵①, 監督◎仲居勝己髙橋有優②★川出莉子②加藤好夏②佐々木ひかり②安井友菜①石川亜弥①浅野美咲①, 監督◎土本幸司宗宮 彩②福田 愛②★兼山栞凛②後藤舞幸②関谷 花①堂前瑠希①松島かなみ①松尾希依①笠原千晴②, 監督◎中山しい木三上琴音②★木下菜々花②中条愛海②鳥居一葉②長嶺那南①三浦陽菜①三宅 渚②大江友里菜②阿知波里佳①, 監督◎丸尾幸弘松下菜々②木本海夢夏①角田 唯②★齋藤瑠奈①渡邉優夢①馬渕麻実①三百苅珠佳①森田彩来①穴田琴音①, 監督◎立村克己西尾萌々子①梶野桃子①中山 桜①古西美桜②山田歩奈②西山朋菜①安本華音②★小西絢子②鈴木 藍①, 監督◎加藤節也山口瑞希②藤田わか②加田明日香②有木真絢②★前田明音②川内綾乃①藤原真優①津田安実②, 監督◎山田哲生東 由唯②水本千晴②中西夢乃①山崎菜央①田中くれあ①中西莉央①前島 楓②駒田温子②福本有杏②★, 監督◎笹井伸郎福嶋優美香②川上幸夏①中司歩伽②→登録抹消尾西優愛②★大野愛加②小原美紅②伊藤七海②広瀬名奈子①長内麻実②, 監督◎岡本壮平本郷由梨①浅田実咲②佐藤彩香②★小野 葵①有田優音②岡本七海②坂口知優②河中里奈①木瀬あかり①, 監督◎渡部 彬松田秋希②中原朱珠①清水祐菜②★鵜飼阿美那①杉江日菜①山下瑞稀②南 風花①竹村 祭②福島美希②, 監督◎田畑真奈美内匠絵菜②大川愛結②★東川茉樹②菊池碧妃①武田明里①青野七珠①町井里咲①楢崎華菜①河野七海②, 監督◎田中聰規德安莉菜②近藤佳怜①宗和南波②★牛尾真夕①南口亜美②鳥山友里②宇都宮歩優②鈴木渚左①大沼愛弥①, 監督◎岸 直浩齋藤優寧①不田妃芽乃①本地望愛①内亀美咲①中本依舞②★松本梨沙②児野未弥②中村春那①, 監督◎岡山拓史長原 櫻①菱川夏奈①坂井愛悠①和氣紀佳②★高橋なつみ②角道璃奈①小林友歌①武沙緒里②, 監督◎浅枝逹由中島亜希子②白神佳菜②★浅井優菜②築城サヤ①藤井柚来①河野ちはる②横山実森①神田レイ①政木眞尋①, 監督◎猿田法子藤井ののか②河村実怜②★則安優希②吉井結生②重廣有伽②田原真琴②吉冨日菜子②大矢愛花②内海百花②, 監督◎都子野清紀吉井あかり①濵永花季②★吉田涼音①相原礼佳②松本旭夏②山田舞依②黒田百花①武田優花①永木美唯①, 監督◎守池 琢喜田若菜②中山穂香②藤明真奈②六車祐里佳①藤田紗季②大河原萌①伊藤綾乃①山口 瞳②★山田琴美①, 監督◎新居弘行佐藤葉菜②★今川さくら①木元 杏②大橋香於里①吉田真優②岩崎帆乃佳②杉原瑛子①豊実采桂②滑田こころ①, 監督◎平良和己髙岡鈴蘭①藤永笑子①平林夏帆②★松本祐華①山本未来①石川さくら②長濱帆伽②丑番希恵①, 監督◎蘭牟田圭空久保果音②★元山未優②中村香里②伊藤 凜①中村姫乃①佐藤 唯①西田舞子②藺牟田藍①, 監督◎園田雅之田中美玖②轟木陽菜①齋藤もも②岩熊花音②★西 萌花②吉村萌佳②江口碧心①, 監督◎菊池 誠渡辺栞凪②★済陽笑美花①歌津穂乃香①宇戸田こはく①押方遥奏①押川紀美②金丸 涼①辻 彩乃②宝徳伶奈②, 監督◎山高直史本田恵琉②平原彩香②枡富あやめ②中村倫花②★赤尾玲夏②坂本穂乃花②空閑梓来①山口茉紀①中村友稀未②, 監督◎野村直樹浅谷梨子②★山口倫慧綺②佐々木舞帆②大山真由①平石琳音②山本桃子①古田桃里②, HighSchool の記事一覧 - 「テニスマガジンONLINE」はテニス専門誌『Tennis Magazine(テニスマガジン)』の公式サイトです。国内・海外のテニスニュース、選手、技術&レッスン、アイテム、プレーヤーのための部活動「テニマガ・テニス部」の最新情報を配信します。, PR | © BASEBALL MAGAZINE SHA Co., Ltd. All rights reserved. ★青島心(モデル)5/19. ★入内嶋涼(「ske48」メンバー)5/13. 2020-10-21, フルタイムで働きながら創部3年目で日本リーグ出場! フクシマガリレイが提唱する仕事とテニスの両立, テニスマガジン2020年12月号は10月21日(水)発売!全仏ナダル前人未到のV13/錦織圭、復活/実践「バランス向上トレーニング」ほか, PR | 西葉瑞希というグラドルに似てる . ★佐藤優樹(「モーニング娘。」メンバー)5/7. 本日、「K電車で行こう 別館」は、アメブロ移設11周年の節目を迎えることができました。, 「11年目」の1年間は、諸事情あって更新の頻度が大幅に落ち、一切更新のない月もあるなど、以前からの読者の皆様には、寂しい思いをさせてしまったといいますか、申し訳ない気持ちもあるのですが、以前と環境が変わり、なかなか毎日更新することも難しいですし、ここで語るネタも尽きかけている…という状況ですので、何卒ご理解頂ければと思います。, しかしながら、今年もこうして節目の日を迎えることができたのは、ひとえに読者の皆様をはじめ、多くの皆様の支えがあったからです。ありがとうございます。, 記事更新の頻度は引き続き低くなりますが、可能な限り続けていきますので、引き続きのご支援のほどお願い申し上げます。, 追伸:新型コロナウイルスの感染がまだ終息しておらず、不安な日々が続きますが、お互い感染予防を心がけ、頑張って参りましょう。, この震災では、昨日までに1万5899人の方が亡くなり、今なお、2529人の方の行方がわからないままとなっています。, また、震災関連死として3739人の方が亡くなり、今なお、4万8000人あまりが避難生活を続けていらっしゃいます。, そして、今なお行方不明の皆様が一日でも早くご家族の下に戻られますことと、被災地の復興発展、被災された皆様のお気持ちが癒されますことを、強く願います。, 時間が経ち、記憶が薄れ始まっている今だからこそ、東日本大震災の教訓を思い出し、命を守るためにできることをやっていきたいと思います。, 新型コロナウイルスが日に日に拡大していますね。今のところ、予防策としては手洗いうがいの徹底など、風邪やインフルエンザの予防と同じだということで、私も意識的にやっています。, 13日に成人の日を迎え、この日またはこの日よりも前に、各地で成人式が行われました。, 令和初の成人の日ですが、今年は1999(平成11)年4月2日~2000(平成12)年4月1日に生まれた人が対象で、全国で122万人が成人式を迎えました。「世紀末生まれ」「ミレニアムベイビー」と言われた世代、一部の地域で「荒れた成人式」が見られましたが、ほとんどの地域では、和やかな雰囲気で式が行われたようです。, なお、今回の成人式では以下の有名人・著名人の方が成人を迎えています(敬称略、()内は主な職業、その隣は誕生日)。, 昨日までのセンター試験、お疲れ様でした。来年からは共通テストですか…どうなるんでしょう。, さて、センター試験から一夜明けまして、受験生の皆さんは自己採点で一喜一憂したことと思います。, 今年の数学Ⅰ・Aは、例年以上に難しくて「大変だった」というつぶやきをいくつか見ました。実際に問題を見てみると、「データの分析」や「確率」で、正しいことを述べている選択肢を答える問題が出題され、これは新傾向の問題だったため解きにくかったと思います。理系の人であっても得点が伸び悩んだ人もいるかもしれません。来年以降の共通テストでこの手の問題が引き続き出題されるのか、注意が必要だと感じます。, なお今年は「必要条件・十分条件」の問題がありませんでしたが、来年は復活する可能性があるので過去問を解くと良いでしょう。, 得点が伸びにくいのは以前と同様ですが、難易度もさほど変わっていないように思います。数列と空間ベクトルの出題も昨年と同様で、過去問で慣れていれば解きやすかったのではないでしょうか。, 配点の大きい微分・積分はできるだけ落としたくないところ。知識はもちろんですが、計算ミスをしないように素早くかつ丁寧に解くトレーニングをすると良いですね。, 構成も難易度も昨年並みといったところ。各分野からのバランスの良い出題、基礎的な知識が問われる問題が中心なので比較的解きやすく、文系の人でも得点源にできる科目だったと思います。, ちなみに、「細胞の構成成分」の出題ですが、予備校の解説によると「教科書のコラムに載っている内容」とのことで、教科書や参考書を使って勉強するときは、コラムや欄外も含め隅々まで読んでおく必要がありそうです。, 今年は第4問、自然災害を問う問題が新たに出題されました。図を読み取る問題が全体に多かったかなという印象ですが、問われていること自体は基本的な知識が中心であり、図と知識を頭の中でうまくリンクさせれば正解にたどり着けたはずです。, 来年以降の共通テストでも、図を使った問題が多く出題される可能性があるので、過去問の中から図の問題を解き、慣れておくと良いでしょう。, 理系については4科目をピックアップし講評しました。ここに載っていない科目については、今回の講評の対象外としていますので、ご了承下さい。, 「K電車で行こう 別館」では今年も、毎年恒例のセンター試験講評記事をお届けします!, 今日は、昨日行われた文系科目の中から何科目かをピックアップして載せます。受験した皆さんや、来年受験を予定している皆さんに参考にしてもらえればと思います(来年からは共通テストに衣替えするのであまり参考にならないかもしれませんが…)。, 今年は、前年特に難しかった漢文も含め、全体的に解きやすい構成になっていたと思います。文系の人にとっては、例年以上に得点源になったのではないでしょうか。, 現代文の論説の方は、昨年以前と比べて明らかに分量が少なくなっており、時間に追われずに取り組めたと思います。小説も同様で、ゆとりを持って解けたでしょう。, 古文に関してもストレートな出題で、和歌がない分取り組みやすかったと思いますが、漢文にはイラストから答えを選ぶ問題があり、これは新傾向と言えそうです。来年以降の共通テストにこのような形式が引き継がれるのか注目です。, 地図・統計資料の問題が昨年に続き出題なしとなりましたが、図を使った問題は今回復活しました。過去問を最低でも5年くらい遡って解いていれば、図版問題にも落ち着いて取り組めたのではないでしょうか。, 難易度は極端に変化していない印象ですが、今年は戦後史の出題が減りました。ただ、今夏には戦後75年を迎え、戦後の歴史もどんどん積み重なっているので、現代社会などと絡めて戦後史への理解は深めておくべきでしょう。, 出題形式に大きな変化はなく、図表を使った問題が目立ちました。全体的には基本的な知識や図表の読み取りがしっかりできれば解ける問題が中心で、得点源にしたいところでした。, 今年も各分野から満遍なく出題されていました。世界の地誌の分野では中国とブラジルの比較が出題されましたが、この手の問題は共通テストになった後も出題される可能性があるので、どの国・地域の組み合わせになっても対応できるように、各地の特徴などを覚えていきましょう。, 傾向は変わらず、基本知識があれば高得点が取れる「得点源」の科目であることは変わらず。今年は本文の内容を読み取る問題が復活しましたが、それほど難しいものではありませんでした。, 現代社会の場合、教科書や資料集に載っている基本的な知識をマスターすることが得点への近道ですが、今年は最近話題の「働き方改革」など、時事問題もふんだんに出題されました。受験勉強の合間に、テレビのニュースや新聞などをチェックして、最近の出来事やその背景を整理しておきましょう。, 英語については、難易度は昨年と同じくらいだったと思います。コミュニケーション能力、読解力に重きを置いた出題なので、普段の授業でそこを意識すると良いでしょう。精読と速読をバランス良く鍛える必要があるのも、これまでと同じです。, リスニングについては、形式などに変化はなく、難易度もほとんど変わらないと思います。唯一正解率が低そうなのが第2問の応答表現の問題で、ここは配点も大きいので取りこぼすとなかなか厳しいかもしれません。.