(ii)同居老親等以外の老人扶養親族 48万円 親元から通勤している社員との公平を考慮して、規定集の改定を会社に提案したいと思います。 ありがとうございました。 > > ①“世帯主”の定義 > > ②生計を分けている事の証明とは、何が妥当なのか 70歳以上の控除対象扶養親族です。納税者との関係や同居の有無によって控除額が異なります。 (2) 納税者と生計を一にしていること。 [CDATA[ ");b!=Array.prototype&&b!=Object.prototype&&(b[c]=a.value)},h="undefined"!=typeof window&&window===this?this:"undefined"!=typeof global&&null!=global?global:this,k=["String","prototype","repeat"],l=0;lb||1342177279>>=1)c+=c;return a};q!=p&&null!=q&&g(h,n,{configurable:!0,writable:!0,value:q});var t=this;function u(b,c){var a=b.split(". 私は現在両親と共に暮らしていますが、私が一時期他府県で暮らしていたことがあり、住民票を何度か移した流れで実家に戻った今も世帯主は別になっています。(同じ住所で、両親は父が世帯主、私は私自身が世帯主)両親はすでに退職し年金 「生計を一にする」の「生計」とはどんな意味でしょうか? 広辞苑(第六版)で「生計」を調べてみると . 「生計一だから扶養親族になりますね」とか「同一生計だから、小規模宅地の特例が受けられます」など税法では「生計を一にする」という言葉がよく出てきます。, しかし、この「生計を一にする」という「同一生計」の定義が曖昧と言えば曖昧と言える部分もあるため、混乱することがあります。, 「くちすぎ」、「すぎわい」は聞きなれない言葉なので、さらに調べてみます。「くちすぎ」は「口過ぎ」と書き、意味は, 税法で「生計を一にする」の定義を明らかにしているものは所得税法基本通達2-47です。通達には下記のように定義しています。, 2-47 法に規定する「生計を一にする」とは、必ずしも同一の家屋に起居していることをいうものではないから、次のような場合には、それぞれ次による。, (1) 勤務、修学、療養等の都合上他の親族と日常の起居を共にしていない親族がいる場合であっても、次に掲げる場合に該当するときは、これらの親族は生計を一にするものとする。, イ 当該他の親族と日常の起居を共にしていない親族が、勤務、修学等の余暇には当該他の親族のもとで起居を共にすることを常例としている場合, (2) 親族が同一の家屋に起居している場合には、明らかに互いに独立した生活を営んでいると認められる場合を除き、これらの親族は生計を一にするものとする。, 「生活費が同じサイフから出ている」ことが「生計一」であるので、「同居していないから生計一ではない」とは言えない、と定義しています。, 例えば、親元を離れて暮らす大学生。彼・彼女に生活費・学費を親が仕送りしている場合、「就学の都合上、日常の起居を共にしていない」ですし、「余暇には他の親族のもとで起居を共にすることを常例(帰省してくる)」でしょうし、「常に生活費、学資金の送金が行われている」と言えます。, 離れて暮らす両親に常に送金している場合も生計を一にする、と言えそうです。しかし、この場合、送金する金額によります。当然、小遣い程度では生活することができません。他の手段で生計を維持しているはずですから、「生活費が同じサイフから出ている」とは言えません。, 反対に、同居していたとしても「生活費が別々のサイフ」で管理されていれば、同一生計ではない、と考えることも重要です。, この「同居していなくても生計一になる」の考えは法人税法にも記述があります。法人税法基本通達1-3-4は下記のとおりです。, 1-3-4 令第4条第1項第5号《同族関係者の範囲》に規定する「生計を一にする」こととは、有無相助けて日常生活の資を共通にしていることをいうのであるから、必ずしも同居していることを必要としない。, 「生計を一にする」の概念・大枠はこれで分かったかもしれません。(税法の世界で「分かった!」は危険なので、「かもしれない」にしておきます。), では、個別具体的な自分自身の事情にあてはめるときはどうするのか?が実際には重要で、一番興味があるところです。, 基本通達には「概念」や「大枠の考え方」といった方向性だけが記載してあって、具体的に「OOを満たせば、生計を一にしていることになる」という、分かりやすい要件はありません。, 事実認定とは、個別具体的な事情を総合的に勘案して判断する、ということ、と私は考えています。, そもそも、家族のカタチは同じものはどこにもなく、全ての家で異なっています。事情も時間の経過により変わってきます。特殊な事情が存在する家庭もあります。, これらすべての家庭を1つの条文で規定する方が無理がある、と考えられます。そのため、事実認定で判断する、その際の基本的な考え方が上記の通達で明示されている、と考えられます。, ですので、「生計を一にしている」と言う事を主張したい場合は、「生活費が出ているサイフが同じ」と言う事を証明する証拠が必要、ということになります。例えば、生活費を振り込んでいるならば預金通帳が一級の証拠になります。(現金手渡しは証拠が残らないのでお勧めできません。), 生活費の他、介護施設の施設代、病院代、療養費、その他生活に必要な費用を子供が支払っており、通帳や領収書で明らかにすることができれば、両親と生計一と言えるでしょう。, これらの証拠を揃えておき、万が一の為に保管しておくことは、そんなに難しいことではないと思います。, 13日に行った講演会が地元の静岡新聞に掲載されました。記事はこちら。まさか自分が新聞に載るとは予想もしていなかった。載る時は「容疑者」だな、と高校の頃は言われていたし。私はどっちかというと「理論派」で... 続きを読む, 御質問両親と同居しています。住宅は両親の名義です。両親は働いていない為、毎年の地震保険料は息子の私が払っています。親の家の地震保険料を私が払っている場合、私の年末調整に入れられますか? 回答... 続きを読む, 相続税を計算する際、主要なものの1つに葬式費用があります。亡くなった方(被相続人)が残した財産から負債を控除した残額に相続税の課税対象となるのですが、負債の1つに「葬式費用」が含まれます。なので、「葬... 続きを読む, 昨日・今日とダブルヘッダーで宴会です。今日は、友人の結婚式。午後3時からなので、ちょっとだけ仕事を済ませて出かけます。私も以前、結婚したことがあるのですがその時、気になったこと。「結婚式で貰うご祝儀は... 続きを読む, 【御質問】親から子供へお金を貸すと贈与税がかかるかもしれない、と友人から聞きました。何に注意すればいいでしょうか?【回答】住宅の建設や結婚時など、人生のイベントの時など、親から子供へお金を貸す事があり... 続きを読む. 親元を離れて一人暮らしをしている人、結婚している人、二世帯住宅にお住まいの人、実家で親と同居して... 「雪囲い」は、公園などの樹木が雪や寒さに負けないように、コモを巻いて守るもので、樹木の冬支度とし... 家を建てる際に、「建ぺい率」「容積率」という言葉を聞くことがあるでしょう。これらを計算するこ... 季節を選ばず、景色を楽しみながらほっとできるのが縁側です。そして、縁側の一種である濡縁(ぬれ... ビルなどを見ていると、高い位置にある窓に「逆三角形の赤いマーク」が貼られていることがあります。... bs放送はアンテナが設置しているのであれば、無料で一部の放送を見ることが可能です。ですが、有料... 戸建てのインターネットの回線については、たくさんの情報を集めることができますが、集合住宅の回線の情... 家賃滞納した借主の対応は、大家さんにとっては頭の痛い問題です。基本的には、督促をし支払をして... これからアパートなどの部屋探しをする方は、家賃の金額も部屋を決める基準の1つですよね。アパー... 突然ですが、皆さんの会社の福利厚生にはどんなものがありますか?「社宅」がある会社の場合、そこ... 賃貸不動産を契約する際、不動産会社から出された見積もりを見ると、その中に『日割り家賃』という項目... 窓を開けて部屋に風を取り込むと気持ちいいですよね。しかし、窓を開けるといつの間にか虫が部屋に... クーラーのなかでも、窓に取り付けるタイプの窓用クーラーが人気ですよね。取り付けが簡単な点はも... 新築を建てる際や土地名義の変更など、「登記」にまつわる手続きは一般的にあまり馴染みがありません。... 皆さんは、窓の防犯対策は何かしていますか?近年ではすっかり、住まいや自分の身の安全は、自分で... 学校などでは、両親のことを保護者としか位置付けていないので、言葉自体も知らないかもしれません。, 世帯主を意識する機会のひとつは、会社に就職し、年末調整の書類を書くときではないでしょうか。, 「世帯」とは、住居及び生計を共にする者の集まり、又は独立して住居を維持する単身者をいう、と国勢調査令第二条の第2項に規定されています。, 例えば、会社員の父と専業主婦の母と子という家族構成の場合、収入を得て家族を養う父が、世帯主になります。, そして、その世帯の構成によって、課税や給付などの金額が変わってくることがあります。, さて、今回は両親と子供夫婦が、結婚や家の新築を機に、同居する場合について考えてみたいと思います。, そして、もうひとつ考えられるパターンがあります。上のどちらの場合においても、親世帯・子世帯と、世帯主をそれぞれに立てるという場合です。, 例えば、結婚して両親の世帯に入ったとしても、後に子世帯だけを別世帯として届け出ることで、2つの世帯に分けることができます。, ひとつの家であっても、家計がバラバラであれば、世帯分離の届け出をすることで、複数の世帯主を立てることができるということです。, ここでは、複雑にならないよう、親・子世帯のそれぞれの夫は会社員、妻は専業主婦という前提で話を進めていきます。, 年収103万円以下の子供夫婦の夫(息子)は38万円、専業主婦の妻(娘)ならば、19歳以上23歳未満は63万円、それ以外は38万円です。, ただ、結婚した男女が年収103万円以下で親の扶養に入るのは、ちょっと現実的ではないかもしれません。, もし、公的年金を受給している場合は、65歳以下は70万円まで、65歳以上は120万円までという非課税枠があります。, そのため、65歳以下は108万円以下、65歳以上は158万円以下の年収であれば、扶養することができます。, この場合の扶養控除の金額は、子世帯の妻(娘)38万円、親世帯については70歳未満なら一人につき38万円、70歳以上ならば48万円です。, そのため、世帯分離して2人の世帯主を立てた場合、それぞれの世帯主が妻を扶養し、控除は38万円のみということになります。, 扶養開始日以降の年収は、130万円未満(60歳以上は180万円未満)かつ、扶養者の半分未満の見込みであることが必要です。, 厚生年金に加入している夫の妻が専業主婦の場合は、扶養に入ることで第3号被保険者となり、公的年金の払い込みが不要になります。, 健康保険についても、妻の支払いはなく、国民健康保険でなければ、扶養人数による保険料の増額もありません。, ただ、世帯分離した場合は、世帯主が別々のため、生計維持関係がないと判断されてしまいます。, この場合、親世帯は国民健康保険に加入しなければならず、保険料の支払い義務が生じます。, この介護保険は、原則65歳以上で介護が必要となった人が、サービスを受けることができるという国の制度です。, 要介護度によって受けられるサービスが分かれており、費用にすると月額49,700円~358,300円までの幅があります。, ただし、高齢の年金生活者などは、1割でも厳しい場合があるため、1ヶ月の自己負担額には収入に応じた限度額が設けられています。, 「世帯全員が住民税非課税世帯で、公的年金等とその他の所得の合計が年間80万円以下の人」は、第2段階の負担を負うとして、上限が15,000円となっています。, 358,300円のサービスを受けて、1割負担で35,830円のところ、15,000円になるのです。, 年金で年収78万円の高齢者世帯でも、同居単一世帯として、子供の世帯の年収も合算の対象となれば、要件を外れてしまうことになります。, そのため、両親と同居している子供夫婦が世帯分離をして、各世帯に世帯主を立て、介護の負担を減らすということもあるようです。, このように、両親と同居する際に世帯主を誰にするのが良いか、世帯分離すべきかどうかということは、個々の状況によって変わってきます。, 税制上の扶養や社会保険上の扶養、介護費用の他にも、細かく言えば、いろいろあります。, また、世帯分離している場合、役所に子供世帯の住民票を取りに行くだけでも、委任状が必要になります。, 子供の収入が低く、親の世話になっているような場合は、親の扶養に入るのも良いでしょう。, 老後、介護費用の負担があまりにも大きな場合は、世帯分離もひとつの手段といえるかもしれません。, このように、年代や状況に合わせて世帯主を誰にするか考えることで、いろいろなメリットを享受することができるのです。, 逆に、知らないとメリットどころかデメリットになることもある、ということを覚えておきましょう。, しかし、お勤めの方であれば、総務の担当者や会社の顧問の社労士さんなど、プロの意見を聞くこともできます。, 面倒がらずに、家族にとって最も良い方法を見つけ、両親との同居生活をメリットのあるものにしましょう。.