ハリウッドなどメディア産業の世界では、古くからサブリミナル効果と呼ばれる様々な手法によるものが、逆再生であったり、cmの間のコンマ一秒の映像などを挟むことで視聴者を無意識のうちに洗脳する目的を果たしてきたと言われていたりする。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 日本だけでなく海外でも絶大な人気を誇るアーティストのきゃりーぱみゅぱみゅの逆再生は非常に有名だ。テレビでも取り上げられてロンブーの敦が検証していたりしたものだ。HOLLYWOODSNAPももっと海外で評価されて欲しいなぁと応援しているあまりにもポップ過ぎるアーティストのきゃりーぱみゅぱみゅは都市伝説・陰謀論とも深く関わりがあり、逆再生してみるととても怖いメッセージを発していると話題となっている。知っている人も知らなかった人も是非聞いて納得してほしい。, 聞こえてくるメッセージ:「死のう~♪死のう~♪死のう~♪」「死ね!」「世界も終わるし~♪・・・・・・・・・・時間もないし~♪」, これはかなり全部ハッキリ聞こえるので納得できるはず。とくに「死ね!」って言葉が途中途中で単発でハッキリ投下されてくるのが怖すぎる。ヒェー!きゃりー様!!, https://www.youtube.com/watch?v=gvRdQ_vouZY 『ホテルカリフォルニア (Hotel California)』, “Satan had help, Satan organized his own religion” 『ベター・バイ・ユー、ベター・ザン・ミー』には、息子たちが自殺前に叫んだのと同じ「やっちまえ!(Just do it!)」という言葉が逆回転で挿入されており、これが自殺教唆のサブリミナル効果となってショットガンを自分に向けぶっ放した、と主張した, 「特定のメッセージを逆回転させてレコードに書き込むことで、普通に再生した場合には意識されないメッセージを伝える」という手法は、. 『地獄の道づれ(Another One Bites the Dust)』, “It’s fun to smoke Marihuana” もし気になる人がいれば、スマホアプリの逆再生ソフトで自分で検証してみて欲しい。, このように、リバース・スピーチを聞いてみると、小保方氏はSTAP細胞の存在を信じており、人を騙そうとした意図はまったくなかったことがわかる。さらに、小保方氏のズボラな性格だけでなく、組織に振り回された状況すら見えてくるのである。, 引用元:小保方さんの“無意識のメッセージ”が聞こえた! 驚愕の逆再生「リバース・スピーチ」, 関連:STAP細胞は奪われた。同じ理論のIMUSCS細胞をアメリカが発表、巨大利権による陰謀論が過熱, STAP細胞は動物の分化した細胞に弱酸性溶液に浸すなどの外的刺激(ストレス)を与えて再び分化する能力を獲得させたとされる細胞であり、要するに細胞の初期化、逆戻りと新たな再生を可能としたために、発表当初は再生医療に革新を起こし、人類に大きな希望を与えるものであったのだが、動物の発生初期段階である胚盤胞期の胚の一部の胚から作られるES細胞(胚性幹細胞)、ノーベル医学賞を受賞した京都大学の山中教授らの受精卵やES細胞を全く使用しない分化万能細胞であるiPS細胞よりも速く沢山の万能細胞が作り出せるとして大きな期待が向けられていた。, 分化した細胞が逆戻りして胚にまで初期化して再び分化(各器官に)する能力とはつまり若返りを意味し、それは究極的には不老不死を可能にすると言われている夢の技術だ。切断された腕や脚がまた生えてくることも可能で、学生時代に細胞生物学を学んだことのある筆者もとても興味を持っていた分野だ。, 笹井氏が亡くなったことで世界の再生医療が数年遅れたと評されることもあり、笹井氏の研究成果を待ち望んでいる再生医療を必要とする世界中の患者の人々、そして人類にとっての大きな損失となってしまったようだ。小保方氏はこのスピーチを分析した限りでは、若く美しく先頭に立つ人間として、今回の件では、良い面でも悪い面でも大きな流れの中で責任が集中してしまった印象を受けた。, ある一定のストレスを与え続けると細胞が突然変異してSTAP細胞に進化するという小保方氏の理論は、実生活における長期間の適度なストレス状態に耐えることが人間をある種の覚醒させて進化させるというそれなりに人間社会で実例を見聞きできる多くのストレスを抱えつつ生きる現代人にとって精神的に夢のある理論ともいえ、同時に医学的にも多くの人が救われる新しい万能細胞であったために、筆者としてもとても残念な結果だと思っている。, しかし、経済ランキングで有名なフォーブス(Forbes)誌の元アジア太平洋支局長のベンジャミン・フルフォード氏は「STAP細胞は存在したが、人が病気にならなければ薬が売れない現代社会の闇である利権を操る巨大製薬会社の陰謀により揉み消された。」とTV番組「バズーカ」で話していた。ベンジャミン・フルフォード氏曰く、1年に1度くらい人が若返る画期的な論文がネイチャー誌に発表されるが、「これは人には応用されない。」などとしてすぐに消えていく現象を長年にわたり見てきたと言う。そこには如何なる力が働いているのだろうか?, 今日ご紹介した著名人の音声の逆再生を研究しているサイエンスライターでリバース・スピーチ分析家の水守啓(ケイ・ミズモリ)氏のホームページはコチラ, そもそもメインストリーム・サイエンスの世界ではまだ学問として認められていないという「逆再生(Reverse Speech)」であるが、海外では犯罪捜査に既に利用されていると言う。最近になって火星に人口建造物や人らしき写真、また過去の火星は地球に酷似して知的生命体が存在した、UFOは存在する、などとアメリカ航空宇宙局(NASA)の科学者が発言するようになったために、宇宙人やUFOに関してはいささか”科学的”と言えるようになってきたようだ。, 本来アカデミックな世界で”科学的”として認められるには、実験を行ったデータを集め、査読された論文を科学の世界において絶対的権力を持つと言われる大手科学誌「Nature(ネイチャー)」「Science(サイエンス)」「Cell(セル)」などに投稿し、審査の上で掲載されて広く世間に認められる必要があるのだが、そこでネックとなるのは、”再現性”がある実験結果なのか”ということである。またこれらが学会でなく私企業の出版社である点で、商業的な思惑が完全に排除し切れていると言いきれない点が現代の科学界の問題点、パラドックスであると言えるだろう。, つまり例えば、ある大企業や複合体が「ワインは体にいい。」という実験結果を得たければそう導かれるような実験データと論文をスポンサーとなって研究資金提供している大学教授や雇い入れている科学者に作らせることは捏造では無くても誘導的な流れの中で可能となってくる。また、こうした科学の基礎研究への国からの助成金が少ない現状では、大学教授や科学者達もこういった大企業に就職するか、または大企業からのスポンサー資金が得られなければその地位を存続し高めていくこと、生活していくこと自体が難しい現状が度々指摘されているのである。このようにして天才的頭脳を持つ選りすぐりの科学者達は人類の未来のための基礎研究よりもすぐに利益が出る商用利用の為の科学、一般の雑誌や健康食品や化粧品のCMやパッケージで「科学的には~」「最新の●●●●●大学の研究によると~」と語られるソースの為の再現性の極めて低い見せかけの科学に没頭しなければならないと言うパラドックスが存在している。しかし、初めに結果ありきの科学には”再現性”が伴わなっていない全くの虚構であるケースがほとんどなのである。, 本来、神聖にして高潔かつ不可侵であるべき科学。それを司る科学者が研究資金を求めて商業利用されているようでは、科学立国であるこの国の、そして人類の未来が危ぶまれるのである。, “再現性がある実験結果なのか”という点では、本来なら論文が投稿される前の段階、そして世に権威ある大手科学誌でも編集チームが責任を持って査読と検証を繰り返し、再現実験を第三者機関で行ってから掲載すべきであるが、雑誌として常に最新である為に論文の掲載本数の確保と、論文としての論理の整合性、完全性を追うばかりで肝心の”再現性”の確認がされていない状態が存在するのではないだろうか?さて、そのような紙面の科学、机上の科学、思惑と結果ありきの科学には、そこに公平条件に基づく比較対象実験が本当に行われているのかを審査する第三者機関が機能していないのは至極当然のことである。「科学的には~」という水戸黄門様の切り札である印籠のような魔法のフレーズで人々を信じ込ませる為の科学が世に独り歩きしそれを疑いもなくハハーッと頷いてしまう嘘を嘘と見抜けない心の閉ざされたロボット人間が量産されていくその先にはどのような未来がまっているのだろうか?人々を管理する立場としては人々がこのように権威に対して何の疑いも持たないブラインドマインドであれば非常に都合が良いのである。, このような現象を端的に表していることの代表例を挙げてみよう。それは昼のワイドショーである。「リンゴを食べると血糖値が下がる。」と特集した次の日には「ピーマンが高血圧に効く。」と特集、その次の日には「人間は1日に30品目以上食べないと健康になれない。」と宣伝してみたり、「紅茶は体にいい。」「コーヒーは癌の発生率を下げる。」と毎日飽きずに特集しており、その日の夕方のスーパーはどこもその食品が品薄状態になってしまう有名な現象である。つまり、科学が、実はゴシップTVと全く同じレベルに成り下がっており、宣伝の為に疑似科学が利用されているのだ。そこにある共通点はその宣伝(実験結果や研究)を必要とする企業(TVや雑誌のスポンサー)や業界の思惑が存在している。「コーヒーが体に悪い。」という検証実験は、めったに、いや決して行われないのである。, つまり、いかに素晴らしく理路整然とした宣伝の為のキャッチコピーを並べたとしても、そこに”再現性”が伴わなければ科学として実用化して人々の生活に利用することは出来ないのだ。「科学的には~」、「最新の研究によると~」という水戸黄門様の印籠が出てきた時点で何の疑いもなく情報源を確認もせずにハナから信じてしまうようではいけない時代に突入しているのではないだろうか?貴方は何を信じて生きますか?必ず自分自身で情報を精査していく習慣を身に付けることが生き抜くために必要になってきているのではないだろうか。, この記事を最後までお読み頂いた皆さんもスマホの逆再生アプリや、曲や長い記者会見の検証では、PCでAdobe社のソフトなどで「逆再生(Reverse Speech)」で面白いメッセージを探してHOLLYWOODSNAPに教えて頂けないだろうか。今に世界中の人がスマホで即座に逆再生を検証するようになり嘘がつけない世の中になる日も近いかもしれない。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 幾つかの有名なポップソングの諸例は聞いてみたものの、オカルト、超常現象、都市伝説、陰謀論大好き人間の筆者でもさすがに胡散臭いしただの偶然だろうと一笑していたのだが、, この章ではライター(筆者)が感動した記事、オカルト・超常現象専門サイト「TOCANA」さんに掲載されたサイエンスライターでリバーススピーチ分析家の, 水守啓氏は富田選手の名古屋での11月6日の無実を訴える記者会見を逆再生にて分析している。, あまりにも出来過ぎな逆再生なのでライター(筆者)も手元のスマホアプリで「真実は違って、僕はやってないということを言いたいです」という部分を逆再生させてみると、全く同じ音声で「とりあえず、僕にはカメラをとってない。」と聞こえてきたのであるが、ライターが自分の声で富田選手の発音を真似て「真実は違って、僕はやってないということを言いたいです」と複数回繰り返し録音して逆再生をすると、「セーヤニ、オーゥルシュアウル、….ナガシアルル…」とロシア語のような謎の音声になってしまうだけだった。何度も言うが、同じスマホアプリで全く設定を変えずに何度富田選手と自分の声を録音して検証しても双方の結果は同じだったのだ。, リバーススピーチ分析家の水守啓氏は、「通常、このようなリバース・スピーチが現れる場合、発言者は無実である。」と結論付けた上で、本人が無意識で盗ってしまった可能性も否めないとしている。果たして真相はどうなのだろうか。, 小保方氏の「いつかの誰か」を筆者のAdobe社の音楽編集ソフト[AuditionCC2015]のリバース機能で逆再生してみると確かに「私が悔しい」とこのまま発音されるが、筆者が何度も自分の声で「いつかの誰か」を小保方氏に真似たトーンで同ソフトで録音して逆再生しても「アーゲラドナスティッ」と謎の言語が発っされており意味のなす言葉には聞こえなかった。, つまり、逆再生では語る言葉は同じであっても発声者によりリバース結果が違い、発声者の本音が現れていると言えるかも知れない。, 今日ご紹介した著名人の音声の逆再生を研究しているサイエンスライターでリバース・スピーチ分析家の水守啓(ケイ・ミズモリ)氏のホームページは, ジャスティン・ビーバー、家賃月700万円の全面ガラスのデザイナーズハウスに引っ越す[SNAP特集], 発言を逆再生すると“無意識の声”が聞こえてくる!?