『ベルサイユのばら』は、宝塚歌劇団のミュージカル作品。原作は池田理代子の同名漫画『ベルサイユのばら』。. 梅田の「ベルサイユのばら45」大阪公演が始まりましたね。また色々な楽しいブログ記事やツイートが出てくるのを楽しみにしています。, さて、以前「シエスタの庭」のシエスタさんから、宝塚バトンを渡されたことがあります。, そのときに僕は1975年の「ブリガドーン」が僕の最初の宝塚観劇体験だったと書きましたが、実はその前にもすでに観劇していたのです。, 高校生だったときと大学生だったときの思い出が、頭の中でごちゃごちゃになっていたようです。, 先日妹と「ベルサイユのばら45」について電話で話していたときに、「何言っているのよ、最初に一緒に観たときお兄ちゃんは大学生なんかじゃなくて高校生だったでしょ。鳳蘭どころかその前の古城都だって一緒に観たじゃないの」と言われてしまいました。, ええ?そうだったかなあと思いましたが、話しているうちに段々と記憶が蘇ってきて突然「そうだ、古城都のカールと初風諄のマルギットで『霧深きエルベのほとり』だって観た!」と思い出しました。初風諄が泣きながらグランドピアノを弾いていたのまで、目の前に鮮やかに蘇りました。初風諄はピアノまで上手なんだなあと思ったことまで思い出したのです。(その話はまた後日…), いやはや、妹の言葉に助けられたとは言え、人間の記憶というものは実際にジジイの脳の中にも完璧に蓄積されているのだと改めて実感。, つまり、僕は1974年初演の東京宝塚劇場の「ベルサイユのばら」を観ているのです。いや観ているのは知っていましたが、調べてみるまでそれが「ブリガドーン」より前だったとは…。ということで前置きが長くなりました。次々と思い出されることが嬉しくて、今回は全てそうしたベルばらの昔話です。, 初演は長谷川一夫の演出で話題になりましたが、榛名由梨のオスカル像は全て長谷川一夫の手によるものです。カツラから化粧まで丁寧に指導した、と当時のプログラムに書かれていました。残念ながら当時のプログラムなどは全て処分してしまったようで、手元には残っていません。, 僕は初めてその「オスカル」をプログラムで観たとき、あまりの美しさに自分でブロマイドまで買ったそうです(と妹が言っていましたが覚えていません…)。白黒写真ですが、まだ持っている方がいると見えてこちらにアップされていました。, 画像引用元:https://insta-stalker.com/post/BrUASf2Fk1l/, Wikipediaに書かれていましたが、初演の「ベルサイユのばら」が一番原作に忠実だったようです。それからのベルばらは「フェルゼン編」や「オスカルとアンドレ編」など色々な亜種が登場してかなり原作からは遠くなりました。, ただし、変わらないものもあります。アンドレの死です。どんなに撃たれても死なず、歌まで歌い始めてしまうあの場面です。思い出すだけで、なぜか少々目頭を抑えたくなるほど悲劇的で感動的でした。, また、もうひとつ長谷川一夫が残したものに、アンドレがオスカルに愛を告白してから一夜をともにする場面があります。暗転する前のラブシーンですが、あれは誰がやっても身体がボキボキいうほど無理な姿勢だそうです。観客の目から見れば、2つの彫像のように美しいシーンなのですが、さすが長谷川一夫は「見せる美しさ」をとことん追求していました。それが今にも伝えられているのはすごいことです。, さて、初演のアンドレは麻生薫です。今から考えれば少々太めのアンドレでしたが、上背があり芝居も歌も上手い生徒さんでした。退団して俳優の川地民夫の後妻になりましたが、41歳の若さで卵巣がんのため亡くなっています。, 初演だったからということもあるのでしょうが、僕にとってアンドレは麻生薫以外考えられないのです。, そして、懐かしい美里景(後に「みさとけい」とひらがな表記に改名したそうですが)がアランを演じています。今年の「ベルサイユのばら45」で緒月遠麻が好演している役ですね。, あの当時170cmというのはもう他の男役よりアタマひとつ大きいくらいでして、麻実れいが出てくるまでは彼女が一番背が高い生徒さんだったのではないでしょうか。かなり目立つ男役で、僕はいつも彼女をオペラグラスで追っていました。, そうだ、美里景に自分の茶色の財布にサインしてもらったのを覚えています。後生大事にして毎日使っていましたが、あれは一体どこに消えてしまったのかな。, そう言えば、初演の初風諄も榛名由梨も揃っているのに、なぜ「ベルサイユのばら45」には大滝子がいないのでしょうね。, 大滝子のフェルゼンは、貴公子という雰囲気にふさわしい貴族的な立ち居振る舞いが絶賛されて、初演を大成功に導いた功績があります。, 宝塚100周年のときにもOGとして出演されていませんでしたね。宝塚の外では名前を光原エミカに改めてコンサートやディナーショーをしているそうですが、今年は「ベルサイユのばら45」で華やかに記念公演が行われているというのに、初演のフェルゼンを演じた男役の名前が全くあがらないというのはとても不自然に感じられました。, 当時低迷していた宝塚歌劇を大ヒットに導き、新しいファンを根付かせたのはこの1974年初演の「ベルサイユのばら」ですが、それは実際に長谷川一夫の功績によるものが大きいと僕は思います。, 妹と話していて思い出したのが、「漫画のように目に星を散らせなければ」と照明の工夫と主人公たちの立ち位置、そして座席のどこを見たらいいのか、という詳細な指示を与えたというところです。それはオスカル役の榛名由梨の化粧の工夫と「見せる」ラブシーンのみならず、劇場全体をひとつの芸術として愛した長谷川一夫のすばらしいアイデアでした。, 今通してみると初演の「ベルサイユのばら」には少々古臭さを感じますが、それは僕たちがもっと自然でもっと軽い所作が加えられた平成版に慣れているからだと思います。, ただし、この初演の大時代的な「ベルサイユのばら」は歌も芝居も所作も含めてやはり「僕の青春の一コマ」であったと確信していますし、それはあのとき妹とともに客席で大泣きした若い僕のちょっぴり恥ずかしい思い出でもあるのです。, ベルサイユのばら特集本 初演より40周年記念 2014 /宝塚クリエイティブア-ツ/小林公一, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, オーストラリア在住ビジネスマン及び往年の宝塚ファン。長いブランクを経て再出発…したかったのに、距離のせいで現在のところは映像で鑑賞が主になっています。東京出張があれば会議の間を縫ってこっそりと観劇。. 1974年の初演以来再演を繰り返し、2006年 1月9日には通算上演回数1500回を突破、2014年 6月27日には通算観客動員数500万人を記録した 、宝塚歌劇団史上最大のヒット作である。 そりゃ僕は海... 宝塚には数々の名作がありますが、その中でも日本物と呼ばれる時代劇ジャンルの舞台にも心に残るものが沢山... 色々な場所で書かれていますが、僕も宝塚友の会の発表を読みました。 チケットが手に入らな... さすがに躊躇したけれど、どうせ観られないのだからとiPhoneのロック画面にセットしてしまった北翔海... 1993年英国BBCドキュメンタリー「DREAM GIRLS」の宝塚トップスターたち, https://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/photos/20130709/enn1307091212007-p2.htm, https://insta-stalker.com/post/BrUASf2Fk1l/. 長谷川一夫にとくに関係の深い人物を紹介。家族や恋人、友人など。 [その他] 片岡千恵蔵 長谷川とともに時代劇六大スタアのひとり 5歳年上 [その他] 大河内傳次郎 初演は長谷川一夫の演出で話題になりましたが、榛名由梨のオスカル像は全て長谷川一夫の手によるものです。カツラから化粧まで丁寧に指導した、と当時のプログラムに書かれていました。残念ながら当時のプログラムなどは全て処分してしまったようで、手元には残っていません。 僕は初� 1974年に宝塚歌劇団にて初演、以降宝塚を代表する演目となった『ベルサイユのばら』。池田理代子が描いた漫画をもとに植田紳爾が脚本を、長谷川一夫が演出を務めた初演は、空前の大ヒット作を記録した。 長谷川一夫をチェックした人はこんな人物もチェックしています. 長谷川 一夫(はせがわ かずお、1908年 2月27日 - 1984年 4月6日)は、日本の俳優。 旧芸名に林 長丸(はやし ちょうまる)、林 長二郎(はやし ちょうじろう)。愛称は長さん。身長162cm 。. 恐れ多くも「シエスタの庭」のシエスタさんからご指名をいただき、「バトンってなんですか?」と無知をさらしたメールを送ってしまいました。アンケートみたいなものだとおっしゃるので、それではやってみましょうということに。 ただし皆様御存じのと... 鳳月杏のディナーショー前売りは、始まってからあっと言う間に売り切れました。あとは当日券のみということ... 1996年と言うと、僕がもうほとんど宝塚から離れていた時期です。離れていたとは言え、雪組は杜けあき時... 男役から娘役に転向する生徒さんというのは、昔から何人もいました。 演出は昭和の大スター、長谷川一夫で、鳳は「長谷川先生が私の胸、ここにね、『フェルゼ~ン』(と顔をうずめた)。ここに長谷川一夫…!長� 古いところでは条はるき(すば... 僕は普段あまり雑誌を読まないのですが、いや、読書は好きですし新聞も数紙購読していますが、そう言えばほ... そもそもこの「推し活」という言葉を最初に見た時、僕には本当に見当がつきませんでした。 大阪文化芸術フェス presents OSAKA GENKi PARK オフィシャルライブレポート, 1974年に宝塚歌劇団にて初演、以降宝塚を代表する演目となった『ベルサイユのばら』。池田理代子が描いた漫画をもとに植田紳爾が脚本を、長谷川一夫が演出を務めた初演は、空前の大ヒット作を記録した。その後、節目節目で再演され、今もなお観客の心を捉えて離さない愛と革命のドラマである。, 初演から45年を迎えた今年、東京・東京国際フォーラムにて『ベルサイユのばら45』と題した記念公演が1月27日(日)から上演される。初日前日に同劇場にて公開ゲネプロ(通し稽古)が行われ、オスカル、アンドレ、フェルゼン、マリー・アントワネットそして「ベルばら」に携わった歴代の宝塚OGが大集合した。このゲネプロの模様をお届けする。, 休憩20分を挟んでの2幕構成。1幕はキャストたちが歌い語る「ソング&トーク」からスタート。扮装はしないでの登場ではあるが、歌っているとその表情はまるで現役の男役・娘役のように戻ったかのような輝きと色香を放つ。この日は初風諄、安奈淳、汀夏子、榛名由梨が劇中曲を思い入れたっぷりに歌っていた。この後、植田を交えてのクロストークでは初演当時の思い出に華を咲かせるOGたち。カツラを作る店が奈良にあるので、車を飛ばして受け取りに行った話や、当時の衣裳はベルベットなど豪華な素材を使っていたので非常に重量があり「あれで身体が鍛えられました」という裏話を初風が笑いながら語っていた。, トークの後は再び「ソング」コーナーに。今度は平成を駆け抜けたキャストたちというテーマで麻路さき、一路真輝、杜けあき、紫苑ゆう、日向薫が熱唱。観客をぐっと掴む眼差しは今も健在。いつでも宝塚に戻れそうな鮮やかな身のこなしを披露した。, ここで1幕・2幕をまたいで「ベルばら」の扮装をしたOGが名場面をダイジェスト披露するファン必見のコーナーへ。フランス閲兵隊の隊長に赴任するオスカルと、貴族に反感を持つアランたち隊員との衝突と和解を描く「我が祖国フランス」では稔幸がオスカル、水夏希がアンドレに、そしてバスティーユ監獄を攻略中にアンドレ、そしてオスカルが命を散らす「バスティーユ」では朝海ひかるがオスカルを、湖月わたるがアンドレに扮して演じる。現役時代では観ることができなかった、まさに「ドリームチーム」のようなコンビで「ベルばら」の世界を披露した。, 2幕では和央ようかがフェルゼンに扮し、「駆けろペガサスのごとく」そしてアントワネット役の白羽ゆりと共に「牢獄~断頭台」を魅せ、こちらもまた観る者の胸を熱くさせていた。, フィナーレナンバーでは、華形ひかるを始めキャストたちが時にはキザに、そして妖艶に、パワフルに、優雅に、と宝塚歌劇団が持つ魅力のすべてを惜しみなく披露し、大きな拍手を浴びていた。, 1月27日(日)から始まるこのステージ、日替わりで様々なOGが登場するため、キャリアの長いファンにとってはここでしか観る事ができない激レアな組み合わせを堪能でき、まだまだ宝塚初心者だという方にとっては宝塚の魅力を分かりやすく体感できる貴重な機会となるだろう。もちろん「ベルばら」ファンにとってもだ。是非この機会にめくるめく世界を覗いていただきたい。, なお、会場ロビーにはこれまでの「ベルばら」ポスターの展示もされている。45年の歴史を振り返りながら眺めていただければ幸いだ。, 演劇・TV番組・映画・音楽など、いいものは全力でオススメします。すべての沼の住人に幸せを届けたい。, 多彩なエンタメ情報をTwitterで発信中SPICE公式アカウントをフォローしよう!, 「野村義男のおなか(ま)いっぱい おかわりコラム」6杯目は唯一無二のガールズメタルバンドAldiousからR!N・Marinaが登場, [Alexandros]川上洋平、ニコール・キッドマン主演『ストレイ・ドッグ』について語る【映画連載:ポップコーン、バター多めで PART2】, ライブビジネスはこの先どうなるのか? コンサートプロモーターズ協会・中西健夫が語る【インタビュー連載・エンタメの未来を訊く!】, 大阪文化芸術フェス presents OSAKA GENKi PARK オフィシャルライブレポート, 10月の「TAKARAZUKA SKY STAGE」お勧め3作品の見どころ紹介/ホーム・シアトリカル・ホーム~自宅カンゲキ1-2-3 [vol.39] <宝塚編>, 憧れの「宝塚歌劇のスター」に変身できる  「宝塚レビューフォトスタジオ東京」が10月にオープン, 宝塚雪組・月組トップコンビの退団日が発表 望海風斗・真彩希帆は4月、珠城りょう・美園さくらは8月, 井上芳雄が全力で振り切った3枚目に! 吉沢亮はウブな会計士を熱演! ブロードウェイミュージカル『プロデューサーズ』まもなく開幕, 明日海りお、千鳥、森山直太朗と豪華コラボレーション『山崎育三郎 THIS IS IKU 日本武道館』開催レポート, 出演声優の視点から語られる数々の制作秘話!機動警察パトレイバー トークイベント「遊馬と大田のナイショ話」レポート到着, 欅坂46あらため櫻坂46の初ワンマン『デビューカウントダウンライブ!!』開催が決定 全国100超の映画館でライブ・ビューイングへ, 山崎育三郎・古川雄大(Wキャスト)出演のミュージカル『モーツァルト!』 木下晴香、和音美桜、涼風真世、香寿たつきの続投が決定, すとぷり、NHK Eテレ『沼にハマってきいてみた』で動画撮影の裏側やスタジオライブを披露 すとぷりにハマった声優・岡本信彦も登場, 市川染五郎と市川團子が歌舞伎座で『四の切』に挑む 『吉例顔見世大歌舞伎』取材会レポート, Superflyが生まれて初めて自分の口から“ライブをやりたい”と提案 自身初となるオンラインライブ開催, 花江夏樹「うまく歩けないくらい泣いてしまって」 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』舞台挨拶レポート, 宇多田、Uru、平井堅、JUJU、リトグリ、浜田省吾、小田和正ら全15組による“いま、あなたの心を温める歌”、コンピレーションCD『SING for ONE』を聴く, 孤高のきらめきとツンデレ 明日海りお×千葉雄大×小池修一郎(演出)『ポーの一族』インタビュー, RIZINで朝倉未来vs斎藤裕のフェザー級タイトル戦! キック&MMAの全9カードが発表, 『ベルサイユのばら45』1/27より開幕、宝塚歌劇団OGがあの日に戻って名作の世界を熱演&熱唱!. ¥ã—ての使用などは一切禁止します。ご注意下さい。.