「世界で最も長い距離を複数の馬で走るレース」――ギネス世界記録がこう呼ぶ「モンゴルダービー」で、70歳のボブ・ロングが完走者の最年長記録を達成した。しかも、1着でゴールインした。, 2019年8月15日。ゴールインの直後、ロングはフェイスブックのライブ配信で「何でもないよ」と言ってのけた。「650マイルを馬に乗って死の行進をしただけさ」。, モンゴルダービーは毎年開催され、モンゴルの草原1千キロを走破する。主催者の冒険旅行団体「Adventurists」のウェブサイトによると、モンゴル帝国の創建者チンギス・ハーンの情報伝達ルートをたどって40キロごとに馬を替えて競走する。レースは10日間以上に及ぶという(同サイトによると、Adventuristsはモンゴルダービーのほかに「世界を退屈させないために各地で障害耐久コースを設定している」)。, 13年のモンゴルダービーでは、ララ・プライア・パーマー(当時19歳、訳注=英国人)が最年少で女性として初優勝した。彼女は、最近の回顧録「Rough Magic」で、同ダービーを「無名の自転車で走るツール・ド・フランス」と描いている。, 今回優勝したロングは、米アイダホ州ボイシ出身のアマチュア騎手で、43人の対戦相手を退けた。彼の計算によると、7日半で計100時間、28頭の馬に乗って優勝した。, Adventuristsでモンゴルダービーを創設したトム・モーガンは、今回のレース担当責任者でもあった。彼は、スタート時点ではロングは優勝候補には挙がっていなかった、と言った。, モーガンによると、彼は毎年、何カ月もかけてルートを設定し、300から400のモンゴル狩猟家族の協力を得て、約1500頭の馬を用意する。そうして集めた馬はレースの参加者を乗せ、高地にある数々の峠や巨大な渓谷、森、川、湿地、砂丘、それに気温が極端に変わる広大な草原を駆け抜ける。, 参加費は各人特注の鞍(くら)代、医療チームへのアクセス、馬の診療に当たる獣医師、その他の経費を含めて約1万3700ドルかかる。, 「高齢の騎手はこれまでも参加した。彼らはさまざまな理由で悪戦苦闘した」。モーガンは19年8月20日のインタビューでそう語った。, 19年のレースでは、鎖骨を折った騎手がいた。肺の一部が突然破れてしまった騎手や肋骨(ろっこつ)を折った騎手も出た(馬のけがはゼロだった)。, 「冒険の神髄は、未知の状況が入り込んでくることだ」とモーガン。「最も豊かな体験というのは、完全には準備していない状況下で起きるわずかな混乱から生じる」と言うのだった。, 8月20日、モンゴルの首都ウランバートルから長距離フライトを乗り継いでボイシに戻ったばかりのロングに電話で聞いたところ、彼は久しぶりにベッドで寝るのに慣れてきて、胃腸もアメリカの食べ物になじんできている、と言った。, ロングは医療技術会社の最高技術責任者だったが、退職した。モンゴルダービーを追ったドキュメント映画「All the Wild Horses」を見て刺激された、と言った。, 「私ならやれる、と15分で即断した」と言った。そもそもできないと考えるのが「嫌だった」とも語った。, ロングはワイオミング州で馬に乗って育った。そこにはモンゴルの草原のような広大な風景が広がっていたという。彼はレースに向けて精神的、身体的な準備をした。「(19年)1月に入ると、もう我慢できなくなってきた」と冗談を言った。, 数カ月にわたって彼はモンゴルダービーで優勝した人たちと練習した。1日に4、5頭、馬が走れる限り乗りこなし、効率的に馬を乗り換える方法を身に着けた。この練習がレースで大いに役立ち、若い競走相手にも通用したと彼は話した。, 本番のレースでは、中継地にトップで着くたび、彼は乗り換えた馬に自宅から持ってきた青色のリボンを付けた。レース中に滞在した家庭の子どもたちに、いい香りのリップクリームや色鮮やかなステッカー、髪留めを贈った。そして遊牧民に贈るためにポケットナイフとたばこ2本が入った小袋を用意していた。, 先頭を行くリーダーというのは、気がめいるものだ、と彼は言った。「何もないところでは、正しい決定をしているかどうか確信が持てなくなり、誰かと相談して決めることもできない」, 彼は1969年の米映画「Paint Your Wagon」の挿入歌「There’s a Coach Comin’ In」も歌った。 モンゴルの遊牧民たちは、ほうびとして彼に1頭の馬を贈った。彼の娘はその馬を「ダービー」と命名したがっている。けれど、馬をどう持ち帰ったものか、彼も分からなかった。そこで、彼はその馬を現地で1年間世話してもらいたいと遊牧民に十分なお金を置いていったという。, ロングは、米国防長官のマーク・T・エスパーに接触しようと考えていると言った。というのも、エスパーは今年8月、モンゴル国防相から1頭の馬を贈呈されたからだ。ロングとしては自分の馬も何とか一緒に米国に運んでもらえないかどうか聞いてみたい、と。(抄訳), 朝日新聞が提携する米ニューヨーク・タイムズからホットな話題や新鮮な視点の記事をピックし、翻訳してお届けします。, おすすめのニュース、取材余話、イベントの優先案内など 父:サンデーサイレンス. 世界の競馬. 距離なんと1000キロ「世界で最も長距離の競馬」、優勝した騎手は70歳 ニューヨークタイムズ 世界の話題 2019.09.23 モンゴルダービーの6日目、草原を疾走するボブ・ロング=Sarah Farnsworth/The Adventurists via The New York Times/©2019 The New York Times ヴィクトリアレーシングクラブS. 本来、競馬は到達順位を競うものであり、走破時間を争うものではない[1]。したがって重要なのは「どちらが先にゴールしたかを正確に判定すること」にあり、正確に走った距離を計測する必要性は高くはなかった。自然の地形や野山を駆けてゴールを目指すようなクロスカントリーの競走では、走るルートはある程度自由であり、一定の距離というものは存在しない。, やがて競馬が競技として確立し、規則や記録の整備が進むなかで、走破距離の記録も行なわれるようになった。また、野外の野山を駆けるのではなく、常設の競馬場を走るようになると、競走距離を正確に距離を測ったり、一定の距離を確保することが可能となった。, 貴族同士が自ら騎乗して勝負を行い、1対1で賭けを行なうというのが競馬の最初期の姿だったが、やがて、賭けの仲立ちをするブックメーカーの出現によって、第三者が賭けに参加することが可能になった。また、馬の優劣に応じてハンデキャップを与え、どの馬も勝つ可能性が同じぐらいになるように調整する手法が確立すると、第三者による賭けは盛んになった[2][3]。, この結果、興行的な観点から、より早く決着し、より何度も賭けを行うことができるように、競走の距離は次第に短くなってきた。競走馬に対する投資を早期に回収したいという馬主の思惑もこれに拍車をかけた。競馬の誕生・草創の時期から現代をみると、競走距離は常に短縮化の一途をたどっている[1]。このため、ある時代には「短距離」とみなされたものが、次の時代には「長距離」とみなされる。距離の長短は相対的な概念であり、どのぐらいの距離を「長い・短い」と区分するかは、時代や文化、国や競馬施行団体によって大きく異なる。, たとえば、近代競馬の興りとされる17世紀のイギリスでは、1戦6マイル(約10キロメートル)や7マイル(約11キロメートル)の競走を何回戦か行って勝負を決していた。17世紀半ばに創設されたイギリス国内最大の競走であるニューマーケットタウンプレートは、当時の標準的な距離である4マイルのヒート戦だった。18世紀でも5マイルを越えるような競走が当たり前で、中には14マイルの競走の記録も遺されている。イギリスダービーはこの頃に創設されたが、1マイルの競走として創設されたダービーは、当時の基準では『驚くべき短距離』だった。現代のイギリスでは2マイルを越えるような平地競走自体が稀である[3][4]。, 一方、近年には、世界各地の競走馬を一元的な指標で序列づけようとする試みが様々に行なわれている。その一つがクラシフィケーションである。クラシフィケーションでは、競走馬の評価をするにあたって、距離を5つの区分に分けた。この区分は「1000m - 1300m」というように絶対的な距離を指定するので、相対的な距離区分ではない。この方式(※#SMILE 区分節参照)は国際競走の格付にも援用されており、現代では普及した距離区分である。, 長距離を走破することを stay、staying などと言い、長距離戦を耐えぬく能力をもった競走馬を「stayer(ステイヤー)」と表現した。どのぐらいの距離を「長距離」とみなすかは、時代や文化によって様々に異なる。4800メートルの競走を勝っても「ステイヤーではない」と言われる時代もあれば、現代のように2400メートルぐらいの競走でも「ステイヤーだ」と言われることもある。, 一方、短い距離で能力を発揮するものを sprint、sprinter(スプリンター)[注釈 1]と表現した。より長い距離を克服することが是とされる競馬文化圏では、スプリンターは「スタミナの足りない馬」とみなされてきた[5]。この場合も、どのぐらいの距離を「短距離」とするかは時代や文化によって異なる。, 例えば日本では1955年から最良スプリンターという賞を選定してきたが、受賞馬の中には2000メートル前後の距離で最も活躍したようなものも多くいる。これは、当時の価値基準としては2400メートルや3200メートルの競走が根幹的な距離であり、これと比較して2000メートルや1800メートルの競走は短距離であるという考え方に拠っている。, 長距離戦を耐える(英: staying)能力と、短距離戦を勝つ能力(英: sprint、スプリント能力)は相反するものではなく、異なる距離でそれぞれの能力を併せ持つとされるものも少なくなかった。, これに対して、近年確立した距離区分である「SMILE」では、スプリント距離を1300メートル以下と規定しているので、これに基づけば「スプリンター」は1300メートル以下の距離を得意とする競走馬ということになる。, 近年では、「ステイヤー」は専ら長距離だけを得意とするもの、「スプリンター」は専ら短距離だけを得意とするもの、とそれぞれ特化したものとして扱われる場合が多い。これらとは別に1マイルの距離を得意とする「マイラー」という表現もある。「マイラー」は、その得意とする距離を「1マイル」に限定しているという意味で、長距離・短距離のように相対的な概念ではない。, 競馬は、最も初期の形態としては、はっきりとした距離を定めた競走ではなかったと考えられている。つまり、「この丘から向こうの教会の前で」というような形で勝負が行なわれており、綿密に距離を計測して行なうようなものではなかった。, 競馬がスポーツとして様々な規則が整備されていく過程で、勝負の形態が一定の距離を争うものに変化した。, 競馬の発祥の地であるイギリスはヤード・ポンド法を採用しており、イギリスでは現在もヤード・ポンド法で行なわれている。競馬の競走の距離としては、1マイルを基準とした様々な距離がある。, 競馬の距離を表記するやりかたとしては、これにハロンを併用することで、様々な距離を表現する。同じ距離でも、マイルを主体とするか、ハロンを主体とするかで異なった表記が可能である。, 一方、フランス、ドイツや日本などメートル法採用の国ではレースの距離はメートル法で規定する。, それぞれ、メートル法を採用するまではヤード・ポンド法で競走を行っていた時代もある。, 1マイルを正確にメートル換算すると1609.344メートルであるが、メートル法採用国の多くでは、1600メートルの競走を「1マイル」と称している。また、メートル法採用国の競走をヤードポンド法採用国で紹介する際にも、しばしば1600メートル=1マイルと概算で換算して紹介される場合が多い。, この場合、厳密には、1マイルは1760ヤード、1600メートルは1750ヤードに相当するので、10ヤード(=30フィート=約9.1メートル)の誤差がある。1600メートルは約0.9942マイルである。, このほか日本では明治時代などには尺貫法に基づき町や、間が用いられていた時期もある。, イギリスでは、現代でもしばしば正式な文書で「約10ハロン」というような表記が行われる。サンダウン競馬場のG1競走エクリプスステークスは、一般には「約10ハロン(1マイル1/4、あるいは1マイル2ハロン)」(約2011メートルに相当)と公称するが、より正確には1マイル1ハロン209ヤード(約2002メートル)である。ほかにも、イギリスで行われる競走は、ダービー(エプソム競馬場の12ハロン6ヤード)、セントレジャー(ドンカスター競馬場の14ハロン115ヤード)、インターナショナルステークス(ヨーク競馬場の10ハロン56ヤード)のように、半端な距離で行われるものがある。ダービーは、元来伝統的に「12ハロン」とされてきたスタート位置とゴール位置を近年に測量しなおしてみると、実際には誤差があったものである。その際に、12ハロンに合わせてスタートやゴールを移動することなく、伝統的なスタート位置やゴール位置をそのまま残したことで半端な距離で行われることになった。19世紀ごろまではスタートの方法がバリヤー式やフラッグ式であり、終盤まではゆっくりと走るレース形態も相まって、スタートでの多少の距離の差異は無視できる程度だったのである[6]。世界最古の重賞競走といわれるセントレジャーは創設当初2マイルであったが、スタートしてすぐコーナーを曲がるので、やがてコーナーを曲がり切ったところからのスタートに変更になり、距離が少し短くなったが半端な距離であるのを認識したままで長い歴史を刻んでいる。また比較的歴史の浅いインターナショナルステークスでも「10ハロン」になお88ヤードの距離があるのは、誤差にしては数字が大きいので、このあたりにイギリス人の距離に対する考え方が窺える。[7], かつては今ほど厳密に距離を数値化していなかった。競馬の始めの頃の形態では、スタートとゴールが定まっていれば、その間の距離がどうであれ、勝敗を決することはできたからである。競馬が広まり、記録や出版が行なわれるようになっても、これは変わらなかった。18世紀や19世紀の新聞や資料では、競走の開催や結果の告知・報道の際は、「ニューマーケット競馬場のケンブリッジシャーコースで施行」とだけ表記されていた。「ケンブリッジシャーコース」のように表記するだけでスタート地点とゴール地点が一意に定まり、距離を表記する必要はなかった。のちに距離を数値で表現するようになったあとも、こうした表現は一部で残っており、現代では「400メートル地点で」と表現するところを「シティアンドサバーバンコース(のスタート地点)のあたりで」という表現が行なわれた。また、「1マイル+1ディスタンス(a mile and a distance)」という表現も行なわれた。例えば、かつて秋のニューマーケット競馬場の名物競走だったケンブッリジシャーハンデキャップは「ケンブリッジシャーコースで施行」と告知される。ケンブリッジシャーコースは「直線走路の最後の1マイル+1ディスタンス(the last mile and a distance,straight)」と定義されていた。「1ディスタンス (a distance)」というのは240ヤードに相当し、「1マイル240ヤード=1マイル1ハロン20ヤード」となる。これはかつてヒート競走が行なわれていた頃の名残りである。ヒートレースでは1着馬から240ヤード以上遅れると失格になるため、ゴールから240ヤード手前に「ディスタンスポール」という棒が設置されており、そこに審判がいて判定を行っていた。現代のイギリスでは、30馬身(おおよそ240フィート=80ヤードに相当)以上の着差を正式に「大差(1ディスタンス (a distance) )」という。[8], さまざまな競走を分類して、長距離や短距離に区分する方法は、時代や文化によって異なる。国内の競走が全体的に短い距離に傾倒している国もあれば、長い距離に傾倒している国もある。数の上では短い距離が多くても、上級戦・大レースは長距離で行うような場合もある。, 血統理論の一つであるドサージュ理論では、競走馬を短距離から長距離まで5区分に類型化する。詳しくは、競走馬の血統#スティーヴ・ローマンの改良型ドサージュ理論を参照。, 日本での近代競馬は、軍馬育成の名目で創設された。このため、競走馬には長距離かつ高負荷を与えて選抜することが求められてきた。戦後まもない時期には馬不足から一時的にこうした制約が廃されたが、後に競走距離設定基準が設けられ、競走馬の適性に応じつつ、競走馬の生産育成を誘導する施策が取られた。これは、馬の成長とともに徐々に距離を伸ばしていくことを目的に設定されている。, 2013年現在の競馬法施行令(1948年に制定されたもの)では、平地競走は600メートル以上で行うこととされ、最低距離だけが定められている。日本中央競馬会(JRA)の競馬施行規程では、2歳馬は800メートル以上、3歳以上の馬は1000メートル以上とされている。, とされている。これらの分類に基づき、全体の平均が1800メートルになるように競馬番組が構成された。, 一方、出走馬の距離割増手当は、2000メートル以上の競走で交付され、2000メートル、2000メートル超2200メートル以下、2200メートル超の3区分となっている。, ワールド・サラブレッド・ランキングでは競走馬の能力を数値化するため、下記のように距離区分を5つに分けてレーティングの発表を行っている。, これらの頭文字をとって SMILE と称される。SMILE 区分では、日本の競走距離設定基準では「中距離」に区分される1600 - 1899メートルは「マイル」であり、一方で中距離の2101 - 2200メートルは「ロング」に相当する。日本でもJRAをはじめ、国際グレードを取得した競走ではSMILE区分に基づくプレレーティングやレーティングが行われている[9]。, 日本の地方競馬では、2011年から「超短距離」と称して1000メートル以下の競走を組み合わせた「地方競馬スーパースプリントシリーズ」を開催している[10]。, ここで言う「超短距離」の定義は、それぞれの競馬場で、コーナー(カーブ)を1度だけ通過して施行できる最短距離の競走とされている。この「超短距離」という概念は興行上の宣伝文句であり、広く普及した距離区分とは言いがたい。, この定義に従うと、「超短距離」は、名古屋競馬場では800メートル、川崎競馬場では900メートル、荒尾競馬場では950メートル、門別競馬場や船橋競馬場では1000メートルに相当する。しかし、この定義は競馬場の施設に依存する相対的な距離区分である。たとえばイギリスのニューマーケット競馬場にこの定義を当てはめると、2000メートル級の「超短距離」競走が可能になる。, 同じ距離で行われたからといって、同距離の競走を2つ取り出してその優劣を比較することは困難である。, たとえば、走破距離が等しくとも、その競走を行う競馬場ごとにコースの形態は大きく異なって千差万別である。通過するコーナー(カーブ)の緩急や回数、コースの高低差は、競走馬に与える負荷を大きく変動させる。この傾向は特にヨーロッパで顕著[11]で、たとえば、イギリスダービーを行うエプソム競馬場の12ハロン(イギリスダービーの距離)コースでは、道中に40メートルを越す高低差がある。一方、フランスダービーを行うシャンティイ競馬場の道中の高低差は10メートルほどである。日本ダービーを行う東京競馬場の高低差は2メートルである。したがって、単に同じ2400メートルであるというだけでこれらの競馬場の走破タイムを同列に比較することは難しい。, 競走馬の走らせ方も異なっている。特に競馬発祥地のイギリスで顕著だが、長い距離を走る場合には、序盤から終盤まではキャンター(駆歩)という、ほどほどの速力で走り、終盤だけギャロップ(襲歩)で走るのがふつうであった。このやり方は「走破タイム」は全く顧みておらず、あくまでも「到達順位」を争うためのものであった。したがって、19世紀までは、タイムの計測自体がほとんど行われていなかったし、その後も正確なタイムの測定に対するニーズは低かった。優勝馬にしか賞金が出ないような競走の場合、勝負付けが済んでしまった後は全速力を出す意味が無いので、勝ち馬も2着以下のものも、ゴール前ではキャンターで済ますような例は、現代でもよくみられる[12][注釈 2]。, 競馬は第一義には到達順位を競うものであり、その過程では様々な不確定要素が影響を与え合う。最も上級の競走馬を集めた競走と、低劣な競走馬を集めた競走で、後者のほうが走破タイムが早いということは往々に起こりうる。そのため、競馬では一般的に、走破所要タイムよりも、どんな相手と争ったかが重視される傾向にある[注釈 3]。, 一般に、ヨーロッパ競馬では走破タイムは重視されず、着差が重要である[11]。一方、アメリカでは競馬場が画一的に設計され、馬場状態の変化が少ないダート競馬が主流のため、異なる競馬場での走破タイムの比較が容易である。そのためアメリカでは走破タイムが重視される傾向にある[13]。, 実際の競馬の競走では、公式発表されている距離よりも、実際にはわずかに長い距離を走ることが多い。この距離は助走距離と呼ばれており、競走馬が静止状態からスタートして加速するまでの数メートルに設定されている[注釈 4][12]。一般には中央競馬の場合、発走時にスターティングゲートからほぼ5メートル前の内ラチ側に紅白の細い立棒が設置されていて(これがゴールから逆算した正確なスタート地点)、その内側に黄色い旗を頭上に振り上げている係員が立っている。そしてスタートして最初に飛び出した馬の鼻面がその紅白の立棒と重なる時に、係員が黄色い旗を振り下ろし、それを確認した係員が計測をスタートする[注釈 5]。この他、スタートラインに設けられた赤外線センサーによる自動ストップウォッチも併用されている[14]。, 助走距離を設定せず、スターティングゲートから即座に距離計測が開始されるような競馬場もある。たとえば同じ2400メートルでも、助走距離を設定せず速度ゼロからの計時と、5メートルの助走距離を走って加速した状態から始まる2400メートル(つまりこの場合実際には2405メートルを走り、後半の2400メートルの走破時計を計測している)とでは、走破時計に差が出るのは自明である[12]。, ばんえい競走は日本独自の競走である。2013年現在は、公式競技(帯広競馬場1か所のみ)では一律200メートルである。, 一方、日本では、騎手は最後まで競走馬を全速力で走らせることが規則で定められており、こうした騎乗法は咎を受ける可能性がある。(「競馬施行規約」第65条 次の各号のいずれかに該当する調教師又は騎手に対して、期間を定めて、調教又は騎乗を停止する。(1)正当の理由がないのに、競走において馬の全能力を発揮させなかった騎手), 例外的に、「時間」を相手に争うような競走が行われた例もある。18世紀頃のイギリスでは、1000マイルを1000時間以内に走破できるかを賭けたり、毎日100マイル走るのを1ヶ月継続できるかを賭けるような競走も行われた。19世紀のアメリカでは, 競馬場や距離など諸条件によって変動すると考えられているが、助走距離についてはいちいち公表されないので正確にはわからない。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=距離_(競馬)&oldid=78607031, クラシック距離(クラシック・ディスタンス) - イギリスダービーに代表されるクラシック競走で採用されている1マイル半=12ハロン(約2400メートル)のこと。アメリカではクラシック戦が主に9ハロンから10ハロンで行われるので、アメリカでは9 - 10ハロンの距離を表す。, 障害競走が盛んなイギリスやアイルランドでは、2マイル(約3218メートル)以上で行われるのが基本である。特に知られている競走である, フランスでは障害競走は最低距離が3500メートルとなっており、4000メートル級の競走も珍しくない。クロスカントリータイプの競走の場合には4000メートルを超える。特に著名な競走としては、賞金1億円を超える, 繋駕競走が盛んな国の一つであるニュージーランドでは、3200メートル(約2マイル)の, 『競馬の世界史』ロジャー・ロングリグ・著、原田俊治・訳、日本中央競馬会弘済会・刊、1976, 『競馬 サラブレッドの生産および英国競馬小史』デニス・クレイグ著、マイルズ・ネーピア改訂、佐藤正人訳、中央競馬ピーアールセンター刊、1986, 『英国競馬事典』,レイ・ヴァンプルー、ジョイス・ケイ共著,山本雅男・訳,財団法人競馬国際交流協会・刊,2008.