v6長野博の食べ歩きガイド 美味博愛』(東京ニュース通信社)という1冊のムックなどが表示される。 ポスト渡部、芸能界の新グルメ王は長野博で決まり――こう急いで結論づけたくなるが、そう簡単にはいかないようだ。 宣篤ホンダはF1のノウハウがありますから電子制御の部分など素晴らしいですね。 長野「その年の第3戦... 今回のゲストは世界ロードレース選手権(WGP)の125ccクラスで1991年から2002年までの12年間戦い、160戦で1412ポイント獲得と、同クラスの世界記録を持つ上田昇氏(43)。90年代の... 長野「14年ぶりに走った全日本は?(ST600開幕戦。5日、オートポリス)」 森脇氏自分のマシンのポテンシャルを示してくれたんです... 今回のゲストは、日本が誇るレースバイク・コンストラクター「モリワキエンジニアリング」の森脇護社長(67)。ロードレース世界選手権のMoto2クラスにオリジナルマシン「MD600」を送り込み、それに... 長野あのM・ドゥーハン(94〜98年まで5年連続WGP500cc王者)が拓磨君のことを恐れていたって…。有名な話ですよ。 坂田あんなにうれしいと思わなかった。でも、涙の訳は、チャンピオンになるまでの4年間のつらかったことが思い... 今回のゲストはロードレース世界選手権(WGP)125CCクラスで94、98年と2度も世界チャンピオンに輝いた坂田和人氏(45)。91年から99年までWGPのトップ・ライダーとして活躍、絶大な人気を... 長野「88年にはまだ無名だったM・ドゥーハン(94〜98年WGP500cc5連覇)と組んでいますね。やはり違いましたか?」 ロードレース世界選手権(WGP)の今シーズン開幕戦カタールGPが26日行われ、モトGPはマーベリック・ビニャーレス(22)=ヤマハ=が快勝した。その世界最高峰の足元を支えるのがタイヤメーカー「ミシ... 今年はヤマハ発動機の創立60周年の年。そのメモリアルイヤーに、全日本ロードレース選手権の最高峰JSB1000クラスで史上初の4連覇を達成し、史上最多の6度目のタイトルを獲得したのが中須賀克行(34... 2輪レースの最高峰、ロードレース世界選手権(WGP)のモトGPクラスで2年連続の3冠(ライダー、コンストラクター、チームのタイトル獲得)に輝いたレプソル・ホンダ。エースのマルク・マルケス(21)は... ごぶさたしました。人気グループV6の長野博(41)がホストを務めて好評を博した「V6エンジン」が久々に登場です。ゲストは今季のロードレース世界選手権(WGP)のモト2クラスで大活躍した中上貴晶(2... 今回のゲストは、ロードレース世界選手権(WGP)最高峰の500ccクラスで78〜80年にV3チャンピオンに輝いたケニー・ロバーツ氏(60)。今も昔もライダーの尊敬を集める伝説のライダーで、現在も全... 今回のゲストは2010年MotoGPチャンピオンのホルヘ・ロレンソ(26)=ヤマハ=。現在もランキング首位につけ2度目の世界チャンピオンに向けてばく進中。深いバンク角(コーナリングの際にバイクを傾... 今回のゲストはロードレース世界選手権(WGP)の歴史にさん然と輝く名ライダー、フレディ・スペンサー氏(50)。1983年、「キング」と呼ばれたケニー・ロバーツとの激闘を制し、弱冠21歳で最高峰50... 今回のゲストは全日本ロードレース選手権の最高峰クラス「JSB1000」の2010、11年のV2チャンピオンであり、ホンダのMotoGP開発ライダーの秋吉耕佑(37)。3月下旬に左大腿(だいたい)... 今回のゲストは、英国スーパーバイク選手権(BSB)で3度チャンピオンに輝いて欧州で絶大なる人気を誇る清成龍一(29)。今季はアジア・ロードレース選手権に参戦してランキングトップを走る。来週行われる... 今回のゲストは94、99年と2度の全日本スーパーバイクチャンピオンに輝いた吉川和多留氏(43)。ヤマハのMotoGPマシン開発に従事すること9年。現在は、ともに開発を務める全日本JSB1000のラ... 今回のゲストは、日本人初の2輪世界耐久チャンピオンに2年連続(05、06年)で輝いた北川圭一氏(45)。06年に現役を引退し、現在は生まれ故郷の京都を拠点としてレーシングアドバイザー、ライディング... 今回のゲストは株式会社ホンダ・レーシング(HRC)代表取締役社長の鈴木哲夫氏(53)。09年の社長就任以来、レース車両の開発部門と市販車の量産部門の両方で鍛えた手腕に加え、モータースポーツへの熱い... 読者の皆さま、ごぶさたしました。休んでいた「V6エンジン」に再び火が入りました。バイクとグルメを極める長野博(39)がホストになって、今年もロードレースの世界を明るく照らします。今年最初のゲストは... 関係者9人との対談を通してバイクレースの魅力を伝えた「V6エンジン」も今年は今回が最終回。ホストを務めてきた長野博(39)が2011年を一人で振り返る。新チャンピオン・C・ストーナーの強さに驚き、... 長野その点でもホンダは一歩進んでいるんでしょうか? 関係者9人との対談を通してバイクレースの魅力を伝えた「V6エンジン」も今年は今回が最終回。ホストを務めてきた長野博(39)が2011年を一人で振り返る。新チャンピオン・C・ストーナーの強さに驚き … Copyright © , The Tokyo Shimbun, All Rights Reserved. 藤原「これまでで一番緊張しました。勝って当然と見られていて、プログラムにもHPにも藤原がぁ〜と大きく書かれ、すれ... 今回のゲストは、今季からアジア・ロードレース選手権に参戦を開始した藤原克昭(36)。現在、2戦を消化して4勝、ロードレース熱の高いアジアのニュースターとして注目を集めている。藤原とは旧知の長野博(... 長野「今年は全日本参戦開始。06年ワールドスーパーバイク(WSB)から戻って、全日本スポット参戦。最終戦で秋吉耕佑、伊藤真一を抑えて優勝しています。世界の走りを見せてくれましたね」 上田「ええ。勝ったらフル参戦とスポンサーに約束していたんです」 今年最後のゲストは、ロードレース世界選手権(WGP)モト2、モト3クラスに参戦するホンダチームアジアの青山博一(ひろし)監督(38)。元モトGPライダーで、2009年250cc(現モト2)王者。昨年、若くして同チームの監督に就任。2年目の今季、モト3では開幕戦で鳥羽海渡(19)が念願の初優勝、ア.... 長野博 with ウルトラマンティガ(2008年9月5日、ダイヤモンド社) - 撮影:安達尊 ISBN 978-4478005576; ウルトラマンティガ関連書籍 8月19日は「バイクの日」。1989年に制定されて以来、18年という年月が流れ、関係者の努力もあって徐々に認知度も高まってきました。そこでバイク通を自他共に認める人気グループ、V6の長野博さんにオートバイの魅力を熱く語ってもらいました。見る楽しみ、操る楽しさはもちろん、熟年や女性ライダーへのエール、そしてバイクを取り巻く諸事情までも熱弁は発展しました。.  | 個人情報 ホンダ・cbr954rr. バイク好きの有名人って意外と多いですよね。 Bike STYLEで調査しただけでもこれだけの方々がバイクに乗っているようです。 中でもハーレーが一番人気! どこかですれ違っていたバイクが実は有名人だった。。。なんてこともあったかもしれませんね。 F1、WGP(MotoGP)、など四輪・二輪あわせて約40カテゴリーの速報・記事・レース結果を日夜更新。. v6長野博の食べ歩きガイド 美味博愛』(東京ニュース通信社)という1冊のムックなどが表示される。 ポスト渡部、芸能界の新グルメ王は長野博で決まり――こう急いで結論づけたくなるが、そう簡単にはいかないようだ。  | リンク 東京中日スポーツでおなじみWGPライターの遠藤智氏が、ロードレース世界選手権(WGP)のモト3クラスにホンダ・チーム・アジアから出場する国井勇輝に、今年3月の ... 【飛び魚日記】2020年走り始め後の青山博一監督にインタビュー(2020年1月4日・埼玉県川越市), オートバイ、中上が最高タイ4位 世界選手権シリーズ第13戦(11月9日 0:10), 野尻/福住組が今季初優勝。NSX勢がトップ5独占(SGT)(11月8日 17:03), トヨタSUV「ヤリスクロス」 都会派でもヤワじゃない!! スバル インプレッサ.  | お問合せ  | 利用環境 長野博「うちの実家が神奈川県でバイク屋さんを経営していました。僕が物心ついた時はスクーターと自転車が主流でしたが、その昔は大型バイクも扱っていたと聞いています。当然、周りはバイクだらけ。 ホンダ・cb750four. ロードレース世界選手権(WGP)第11戦チェコ、第12戦インディアナポリス、第13戦サンマリノGPとサマーブレーク後の3戦を振り返ります。MotoGPはV・ロッシ(ヤマハ)がチェコで勝ち、ロッシに... そして、ロッシにとっては160回目の表彰台獲得の記録がかかったイギリスGP。イギリスはロッシが過去7回も勝利して大得意のコースなので連勝への期待は大きかったと思います。来季からはシルバーストーンが... ロードレース世界選手権(WGP)のMotoGPクラス第9戦ドイツGPは、V・ロッシ(ヤマハ)がJ・ロレンソ(同)との一騎打ちを巧みにコントロールして勝利。続く第10戦イギリスはA・ドビツィオーゾ(... ロードレース世界選手権(WGP)第7戦オランダGPでV・ロッシ(ヤマハ)が完ぺきな勝利で100勝というすごい記録を達成。250CCクラスでは青山博一(ホンダ)が優勝しランキングトップになるなど印象... ロードレース世界選手権(WGP)第5戦イタリアGPのMotoGPクラスは、またしてもウエットからドライに変化してフラッグ・トゥ・フラッグ(マシン交換ができるレース)になり、C・ストーナー(ドゥカテ... ロードレース世界選手権第3戦スペインGP(3日決勝)は250CCの青山博一(ホンダ)の活躍が素晴らしかった。MotoGPはV・ロッシ(ヤマハ)が勝って王者の貫禄を示しましたが、第4戦フランスGP(... 日本GPは、開幕戦カタールに続いて荒れたレースとなりました。そこではJ・ロレンソ(ヤマハ)が勝ち、2位にはきっちりV・ロッシ(同)がつけ、3位にはホンダのホーム・コースで意地を示したD・ペドロサが... ロッシはスタートで出遅れてしまい、そこからJ・ロレンソ(ヤマハ)、L・カピロッシ(スズキ)をパスして2位に上がるのに時間がかかってしまいストーナーに逃げられてしまいましたね。途中追い上げましたがペ... ロードレース世界選手権(WGP)開幕戦カタールは雨で大変なレースになりました。それでも、勝ったC・ストーナー(ドゥカティ)の安定感ある速さは完ぺき。V・ロッシ(ヤマハ)はリスクを冒すことなく2位。... 今年はタイヤ・ワンメークが適応される初めてのシーズンです。タイヤへのウエートが年々大きくなるなかで、この決定は大きな変革ですよね。スリック・タイヤ使用本数は08年の半分の20本となり、予選タイヤは... ロードレース世界選手権(WGP)の開幕が迫ってきました。最高峰MotoGPクラスはV・ロッシ(ヤマハ)、C・ストーナー(ドゥカティ)、D・ペドロサ(ホンダ)にJ・ロレンソ(ヤマハ)の4強のぶつかり... 今年は本当にけが人が多かったですね。転倒とか骨折とか。ストーナーは後半、骨折の影響が出てきちゃって、最終戦なんか左をかばうために右に集中して、スロットルを開けるのも厳しかったようで、レース中、集中... ロードレース世界選手権(WGP)は第17戦マレーシアGP(19日決勝)、第18戦バレンシアGP(26日決勝)の連戦で2008年の日程を終えました。そこであらためて思ったのは、バレンティーノ・ロッシ... ストーナーも目を引く存在でした。ライダーに話を聞いたら手の舟状骨骨折というのは、致命傷ともいえるもので痛みも激しいそうです。そのけがを押して、もてぎでポールポジション。痛みのある部分を人間は自然と... ロードレース世界選手権(WGP)第15戦日本GP(もてぎ)、第16戦オーストラリアGP(フィリップアイランド)が2週連続で開催されました。もてぎでは日本人ライダーに会うことができ、特別の一日になり... ロードレース世界選手権(WGP)第14戦決勝が14日に米国・インディアナポリスで開催されました。歴史あるコースで記念すべき第1回の2輪グランプリは、運悪くハリケーンが襲う大荒れの天候になりましたが... ロードレース世界選手権(WGP)第13戦サンマリノGPが開催されました。MotoGPクラスはC・ストーナー(ドゥカティ)が転倒、V・ロッシ(ヤマハ)が地元で勝ち75ポイントの大量リードを築き、G・... サマーブレークを終えてロードレース世界選手権(WGP)第12戦チェコGPが17日に開催されました。MotoGPクラスはC・ストーナー(ドゥカティ)が転倒して初のノー・ポイント。優勝したV・ロッシ(... ロードレース世界選手権(WGP)は第11戦アメリカGP(7月20日)が開催されました。MotoGPクラスだけの単独開催でしたが、V・ロッシ(ヤマハ)とC・ストーナー(ドゥカティ)の一騎打ちの大バト... 3位争いはC・バーミューレン(スズキ)とデ・アンジェリスが最終ラップまで争いました。雨のバトルはリスクがあるけど、2人とも一歩も引かずにやりあっていましたね。バーミューレンは「雨は好きではない」と... 先頭を走るペドロサが転倒してけがを負ってしまいましたね。ロードレース世界選手権(WGP)第10戦ドイツGP(13日)はメーンのMotoGPクラスは雨に見舞われ、C・ストーナー(ドゥカティ)が3連勝... ロードレース世界選手権(WGP)は第8戦イギリスGP(6月22日)、第9戦オランダ(28日)とハード・スケジュールで行われ、MotoGPクラスはドゥカティのC・ストーナーが2連勝と調子を取り戻し... ロードレース世界選手権(WGP)第7戦カタロニアGP(8日)のMotoGPクラスはホンダのエース・ライダー、D・ペドロサが地元サーキットで独走優勝。レース・ウイークを計画的に消化した作戦の勝利とい... ロードレース世界選手権(WGP)第6戦イタリアGP(1日)のMotoGPクラスはバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)が勝って母国で7連覇を達成。ロッシで始まりロッシで終わったグランプリでした。 長野博 with ウルトラマンティガ(2008年9月5日、ダイヤモンド社) - 撮影:安達尊 ISBN 978-4478005576 ウルトラマンティガ関連書籍 [ 編集 ] B-CLUB vol.141(1997年8月15日、 バンダイ … (10月16日 5:00), 愛知に名車50台集結 25日クラシックカー・フェスティバル(10月14日 5:00). Copyright © , The Tokyo Shimbun, All Rights Reserved. 吾妻郡長野原町北軽井沢町営浅間園内(浅間火山博物館) 0297-86-3000: 東京都: 警察博 物館 無料 『敵』とゆうイメージが強い白バイ vfr750p/白バイ隊訓練ビデオ・インディアンサイドカー・ハーレーサイドカー・cb750など: 中央区京橋3-5-1: 03-3581-4321  | お問合せ  | リンク  | 特定商取引法に基づく表示. cb750fourは2002年に出演していた番組『boon!』内の企画で、長野博自らがレストアをした。 宣篤マ... 今回のゲストは青木3兄弟の長男・宣篤(40)。ロードレース世界選手権(WGP)での最高ランクは97年500ccクラスの3位。09年には鈴鹿8時間耐久ロードレースに優勝し、その後も毎年活躍している。... 長野1981年にモリワキ・モンスターでガードナーが鈴鹿のレコードを2秒近く詰めたとき、森脇さんが感極まって泣いてしまった話は有名ですね。 長野博に関する情報です。 生年月日: 1972年(昭和47年)10月9日: 趣味(特技) 食べ歩き、車、バイク、サッカー 長野今年の活躍もそのへんが理由ですか?  | 会員規約 平氏「ミックはチャンスをつかもうと貪欲でした。翌年(89年)にはホン... 今回のゲストは全日本最高峰クラス500ccで83年から85年までV3チャンピオンに輝き、ロードレース世界選手権(WGP)でも活躍した平忠彦氏(54)。80年代のレースブームを巻き起こし、資生堂のC... 長野「上田さんは91年スポット参戦した日本GPで予選1番手から勝って、そのままフル参戦したんですよね」 F1、WGP(MotoGP)、など四輪・二輪あわせて約40カテゴリーの速報・記事・レース結果を日夜更新。, よくある質問 各都道府県や警視庁のホームページなどでも紹介されていますが、9月21日〜30日までの10日間は、令和2年秋の全国交通安... 新型コロナの影響で約4カ月遅れで開幕を迎える今季のモトGPクラスだが、スズキワークス「チーム・スズキ・エクスター」が台... 第9戦カタルーニャGPの開幕前の水曜日(9月23日)にマルク・マルケスのインタビューがレプソルから配信されました。イン... よくある質問  | 著作権 v6・長野 一度事務所退所していた 復活きっかけはジャニーさんの「まだ踊れるね。大丈夫だ」 v6・長野博 「v6」の長野博(48)が10月31日放送のtbs系「人生最高レストラン」(土曜後11・30)にゲスト出演。デビューするまでの長い道のりを振り返った。  | 特定商取引法に基づく表示. ... ロードレース世界選手権(WGP)第5戦フランスGP(18日)のMotoGPクラスはV・ロッシが独走優勝、2位J・ロレンゾ、3位C・エドワーズとヤマハが表彰台を独占です。区切りの90勝目となり、まさ... 4日に行われたロードレース世界選手権第4戦中国GPのMotoGPクラスは、V・ロッシ(ヤマハ)とD・ペドロサ(ホンダ)の一騎打ちになり、ロッシが8戦ぶりに優勝を飾った。最強王者の復活で、08年シー... ロードレース世界選手権(WGP)第3戦ポルトガルGP(13日)で、J・ロレンゾ(ヤマハ)が優勝した。史上初の開幕3連続ポールポジション(PP)、史上最年少(20歳)の3戦連続表彰台というおまけつき... ロードレース世界選手権第2戦スペインGP(3月30日決勝)はヨーロッパ・ラウンドの初戦、予想通りエキサイティングでした。MotoGPはD・ペドロサ(ホンダ)が完ぺきなレースで圧勝し、V・ロッシ(ヤ... いよいよロードレース世界選手権(WGP)が始まりました。開幕戦はカタールGP。決勝は9日夜(日本時間10日早朝)と、グランプリ60年の歴史の中で初めてのナイト・レースとあって大きな注目を集め、実際... さて、250CCはランク上位3人がそろってMotoGPに行ってしまったため、青山博一君(KTM)にチャンス到来です。強豪ぞろいで簡単ではないでしょうが、ぜひタイトルを獲得して来年はMotoGPに乗... 【飛び魚日記】(2020年3月・埼玉県)開幕戦3位の小椋藍、自主トレ中に突撃インタビュー. 拓磨WGPはすごいライダーがたくさんいて、もう相手に不足はないって... 今回のゲストは青木3兄弟の次男坊、青木拓磨(37)。97年のロードレース世界選手権(WGP)500ccクラスのデビュー・シーズンにランキング5位と健闘。98年には世界チャンピオン獲得を期待されるも... 長野坂田さんが世界チャンピオンを決めた94年、うれし泣きしていたのに感動しました。