★昨年(2018)版の読者はがきから、ご感想の一部を紹介 → 2017年版の感想. プロ野球も6月19日から開幕です。 戦後のプロ野球選手は在日ばかりで、 そのうち帰化した選手をたくさん取り上げた動画を見つけました。 皆さんに紹介したいと思いました。 日本の選手はいない業界かもしれません。 「帰化したプロ野球選手」 投稿者: tomhangeul 2018年9月4日 2019年10月18日 K-POPを登場曲にするプロ野球選手一覧(2018年)に コメント K-POPが人気を集め、日本でも大衆化しているなか、プロ野球選手の登場曲として採用する選手は増えています。 _uacct = "UA-4581877-1"; ご感想 ⇒「日本のプロ野球にした興味が無かったが、大変興味を持てました。韓国には未だ行ったことがありません。妻と相談して2泊3日で1試合は見てみたい!と思って旅行を決めました! K-POPが人気を集め、日本でも大衆化しているなか、プロ野球選手の登場曲として採用する選手は増えています。そこで2018年の登場曲でK-POPを選んでいる選手をまとめることにしました。, プロ野球の選手登場曲が何かを知らない方のために、念のため説明しておきましょう。打者がバッターボックスに入るときや、投手が先発や交代でマウンドに上がるときに流れる曲です。, 選手自身がみずから選び、気分転換のためにシーズン途中で変えたりする選手もいます。またその試合だけ使うこともあり、良い結果を出せたらレギュラー化するといった験担ぎの要素も大きいのではないかと思います。, ●パ・リーグパ・リーグの選手でも主力選手でK-POPを使っている選手がいます。西武の浅村栄斗選手がBIGBANGの「BAEBAE」、日本ハムの近藤健介選手がSHINeeの「Boys Meet U」、金子千尋投手はiKONの「SINOSIJAK REMIX」に設定しています。, Twitterなどで頂いた情報によると、つい数日前の試合で西武・浅村選手が、ソンミのGashina(가시나)を使った、という話や、過去には中村晃選手がiKonの曲を使っていたという話もあり、表で示したもの以外にもお好みの曲があるのではないか、ということがうかがえます。, 一方でセ・リーグは横浜DeNAの選手がBLACKPINKの曲を多数選んでいるところが特徴的ではあります。とくに石川雄洋選手は打席によって使い分けて2曲を指定。, 阪神の荒木郁也選手や、広島の西川龍馬選手はTWICEを選曲するなど、ここ最近の日本でのK-POPシーンを反映しているように思えます。, ちなみに私が西武ファンなのでコメントすると、西武から移籍した巨人・野上亮磨投手や阪神・岡本洋介投手は西武時代からそれぞれ防弾少年団とBIGBANGの曲を引き継いで選んでいます。やはりどの選手も気に入ったアーティストは引き続き使う傾向にあるようです。, 千葉ロッテマリーンズの選手応援歌には韓国曲が使われていた~福浦和也・里崎智也・〇〇ヒット・タオル回し, ジェジュンの故郷・公州(コンジュ)~小・中・高を過ごした彼の出身地、そして大学は?. urchinTracker(); ‰ïŽÐŠT—viŽæÞAƒR[ƒfƒBƒl[ƒgAŽÊ^‘ݏoj. B. 斗 山 Doosan2名入れ替え投 クリス・フレクセン投 ラウル・アルカンタラ (昨年までKt)キウム Kiwoom1名入れ替え投 ジェイク・ブリガム… 新外国人、fa、トレードなど今オフ、各球団が獲得した選手の一覧(新人選手除く)。金額は推定。--12球団 戦力外、退団、引退選手など一覧-…