競馬の騎手の獲得賞金データと出走数データより算出されたランキングを掲載しています。 年収の算出方法は以下の数字を合算したものです。 ◇獲得賞金x5%(ジョッキーの取り分) ◇出走数x騎手奨励手当(16000円) ◇出走数x騎乗手当(重賞:43000円 一般:26000円) ※G1レースは63000円。しかし、詳細データが取得できないため、重賞以上は全て43000円で計算。その他障害レースは騎乗手当が多く支給されるがレース数が少数のため加味せず、一般競争として処理。 ※これらの収入の他に調教 … その内容は一般的に、 馬主80%、調教師10%、騎手5%、厩務員5% となっています。 例えば賞金1億円なら、馬主は8千万円もらえるわけですね。 競走馬が受け取ることができる賞金では、中央競馬の場合だと『全ての競走に共通する賞金・特定の競走に交付される賞金』という種類があります。これらを全て合わせて、競走馬が得た賞金を『馬主・調教師・騎手・厩務員』で配分します。 賞金の内訳の割合は決められており『馬主80%・調教師10%・騎手5%・厩務員5%』の配分です。 一体どのくらいもらえるのかを知るためにも、まずは全ての競走に共通する賞金の『本賞 … Copyright (c) keibainfo.jp, All Rights Reserved. お得なクーポン(無料あり) などが無料で簡単に読めるだけでなく、有名ハンバーガー店やレストラン、ドラッグストアなどの 450誌以上読み放題の楽天マガジンで競馬雑誌を読んでみた【サラブレ・週刊Gallop】, ウインレーシングクラブはどんな人におすすめ?概要、代表馬、入会方法(募集概要・費用・分配金)を紹介!. 騎手は、このレースによって得られた賞金を馬主や 調教師 らと分けたものが収入になります。 たとえば、外国からの招待馬も出走する「ジャパンカップ」は、2019年度の場合、1着賞金が3億円でした。 騎手の主な収入源であるレースの賞金。その賞金はいくらくらいで、その配分の割合はどの程度になるのでしょうか。 賞金の配分の割合. 競馬の騎手というのは高給取りだと聞いたことがある人もいるかもしれませんが、それでは一体どのぐらいのお金を手にすることができるのかといえば、賞金の5パーセントがまず騎手の収入となります。 最新の競馬ニュースや追い切り情報、予想、レース回顧 日本の中央競馬(jra)は世界一高額と言われており、ルメール騎手やデムーロ騎手等が活躍していますよね。ところで、競馬には賞金が出ますが、この賞金は誰がどれぐらい受け取ることができるのかご存知でしょうか?馬主にはどれぐらい?生産者にはどれぐらい? もゲットできます!(競馬ニュースは+ボタンから「競馬」でタブを追加すると見ることが可能です). 日本ダービーの賞金は2億円。 馬主・80%、調教師・10%、騎手・5%、厩務員・5%ですから、 馬主・1億2,000万円、調教師・1,500万円、 騎手・750万円 、厩務員・750万円となります。 確かにG1を優勝したならば億単位の賞金を手にするわけですが…最近では北島三郎さんの愛馬キタサンブラックの活躍が目覚ましいですが、今回のキタサンブラックのようにG1を制覇できる馬に出会う可能性は極稀であり、北島三郎さんもキタサンブラックで菊花賞を勝つまでにはとても長い年月がかかっています。, そもそも北島三郎さんは歌手としても大物ですから、賞金にそこまで執着はないかもしれませんが。, そこで今回は、競馬でもし馬主になれた場合、レース賞金の配分はどうなるのか?馬主にはいくら入るのか?実際のところ、馬主って儲かるのか?という話をしたいと思います。, 例えば現在日本の競馬で最高金額の賞金がもらえるレースは、優勝賞金3億円のジャパンカップです。, その内容は一般的に、馬主80%、調教師10%、騎手5%、厩務員5%となっています。, 芸能人や著名人でも馬主をしている方々が、所持している競走馬が有名でないだけでけっこういます。, そんな中でG1を制覇した北島三郎さんや大魔神・佐々木さんが注目されているだけなのです。, 馬主の世界では一頭の馬に生涯かかる金額を回収するには1000万下クラスを行き来するレベルの実力が必要だと言われています。, 1000万下と聞けば難しくなさそうですが、そこまで行くのに最低2勝し、その後も入着し続けなければいけません。, また、馬が健康であり、レースも怪我なく終えてくるといった当たり前のように思えることにも、毎回気を遣うのです。, >> 【2016年】一番稼いでるのはこの人!個人馬主の獲得賞金ランキングトップ10, >> 450誌以上読み放題の楽天マガジンで競馬雑誌を読んでみた【サラブレ・週刊Gallop】 <<, dmenu ニュースなら、デイリースポーツ・東スポ・スポーツ報知といった大手スポーツ新聞社による レース賞金は高額な場合だと億単位になるわけですが、獲得賞金の全てが騎手の懐に入るわけではありません。