声 - 不明(1979.10)→高戸靖広(2006.12) 出木杉 英才(できすぎ ひでとし) 声優:白川澄子さん(1980.4-2005.3) 声優:萩野志保子さん(2005. 出木杉家. !」(てんとう虫コミックス35巻に収録)に登場する。, 人の名前を呼んでこのブザーを鳴らすと、相手はどこで何をしていても、呼ばれた側のもとへ行かずにはいられなくなる。たとえ目の前に障害物があろうとも、全身を縛られても、ブザーの力には決して逆らえない。, なお、「ドラえもんに休日を! 声優 - 永井一郎、高戸靖広(2007年) ロボット養成学校の校長。ネコ型ロボットの発明者で、のび太の時代に生きる小学生・寺尾台ヒロシの4代目の子孫。鋭い観察眼の持ち主で、ドラえもんの個性を認めて特別クラスに編入させた。 バンドの着用者はあくまで感謝されるだけであり、行動に出る際は痛い目に遭うこともある(背後からわざとジャイアンを蹴飛ばすと、そこへビル工事の鉄材が落下してのび太の頭を直撃したり、静香のスカートを捲ったら、中から出てきたハチに鼻を刺されるなど)。, ようろうおつまみは、「ようろうおつまみ」(てんとう虫コミックス10巻に収録)に登場する。, お酒のおつまみに似た食品。一つひとつの形はヒョウタンの実によく似ている。このおつまみと水を一緒に飲むと水が酒に変わる。ドラえもんはポケットから小皿に乗った10個程度の物を出した。作中ではのび助が飲んだ水が上等なウィスキーに変わった。「養老の滝」という話がモデルになっている。, よかん虫(よかんむし)は、「よかん虫」(てんとう虫コミックス12巻に収録)、「ドラえもんとドラミちゃん」(てんとう虫コミックス『ドラえもん プラス』4巻に収録)に登場する。, 蚊のような形をしたロボット。人が何か起きそうな予感がすると、このよかん虫が頭に止まる。さらに、どんなことが起きるかを詳しく考えると、よかん虫が翅をブルルンと震わせ、その予感の出来事が実際に起きる。, ただし、予感を実現させるためにはその予感に確信を持っている必要があり、あまりに非現実的な予感だと、心のどこかで「実現しないだろう」という気持ちが働くため、よかん虫が機能することはない。また信じ方の度合いで実現の度合いも異なり、「お金を拾いそう」と思っても、拾ったのが1円玉だったりもする。, 「ドラえもんとドラミちゃん」登場分は、親しい人に何か起こりそうな予感を知らせる「虫の知らせアラーム」に似た機能になっている。, 汚れ探知機(よごれたんちき)は、「ハイキングに出かけよう」(てんとう虫コミックス0巻に収録)に登場する。, ドラミのひみつ道具。顔の汚れを探知することができる。人の顔に当てて使用し、顔を洗っていないと「バッチー」と鳴る。, 4次元かばん(よじげんかばん)は、「未来世界の怪人」(てんとう虫コミックス4巻に収録)に登場する。, 未来人が所持していたカバン。ドラえもんも所持するひみつ道具(空気砲、雲かためガス、くすぐりノミなど)が色々入っているほか、どんな大きな動物でも縮めて誘い込む万能わな、空を飛べるワッペンなどが入っている。, テレビアニメ第2作第1期「謎の4次元カバン」(2002年3月30日放送、DVD『ドラえもんコレクションスペシャル特大号』春の6に収録)では雲かためガス、くすぐりノミは登場せず代わりにビッグライト、マジックハンド、コエカタマリンが登場した。, テレビアニメ第2作第2期「未来世界の怪人」(2009年3月13日放送)では、ハメルンチャルメラのようにおもちゃやお菓子などを呼び寄せるチャルメラ、SLえんとつのように頭に載せて使用するリニアモーターカー、超小型爆弾が出てくる。ひみつ道具は空気砲、くすぐりノミは登場せず、かるがる手袋が登場している。空を飛べるワッペンはジャイアンではなく未来人が使用しており、タイムパトロールが駆けつける前にジャイアンの母親によって成敗された。, 名称は藤子の漫画では不明で、テレビアニメ第2作第1期「謎の四次元カバン」(2002年3月30日放送、DVD『ドラえもんコレクションスペシャル特大号』春の6に収録)では「4次元カバン」、テレビアニメ第2作第2期「未来世界の怪人」(2009年3月13日放送)では「4次元かばん」(表記は字幕放送による)としている。なお、4次元かばんはタイトルには出てくるものの,道具の名前として正式には出てこない。, 四次元くずかご(よじげんくずかご)は、「四次元くずかご」(てんとう虫コミックス45巻に収録)、『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』に登場する。, 壊れて使えなくなったり、使い道のないひみつ道具を捨てるためとして、ドラえもんが所持するくずかご。中は四次元空間につながっている。捨てた道具は後から取り出すこともできる。なお、くずかご自体が壊れるとどこに捨てるのかドラえもんにも知らないらしい(『どこでもドラえもん伝説』より)。, 普段はドラえもんの寝床であるのび太の部屋の押入れの、ドラえもんの足元にあたる場所に配置している。, 四次元三輪車(よじげんさんりんしゃ)は、「四次元サイクリング」(てんとう虫コミックス5巻に収録)に登場する。, 自転車に乗れないのび太のためにドラえもんが出した三輪車。ただの三輪車ではなく、目覚まし時計、温度計、カレンダー、鉛筆削りが装備されている。ボタン操作で、人の匂いを嗅いで追跡することや、四次元世界に入って姿を消すことで障害物も突き抜けることができる。変速レバーを切り替えれば、ひとこぎで100メートルも進む。レバーをトップに入れればジェット機並みのスピードで走ることも可能。, なお作中では単に「三りん車」と呼ばれている。『ドラえもん全百科(ドラえもんオールひゃっか)』(1979年7月発行)を始めとするひみつ道具の事典では一様に「四次元三輪車」としている[1][2][3][4][5]。, 四次元たてましブロック(よじげんたてましブロック)は、「四次元たてましブロック」(てんとう虫コミックス27巻に収録)に登場する。, 一軒家の住宅の階数を増やすことのできるひみつ道具。ブロックは専用の箱に収納されている。積み木のようにブロックを1階と2階の間に挟めばいくらでも階数を増やせる。ただしブロックの数が有限となる。四次元という特殊な世界による増築なため、外見は変わらないが、部屋の中から見る景色は、増やした階数に比例して高くなる。, ただし階数が増えてもエレベーターやエスカレーターおよびトイレが増設されるわけではないので、階段しかない家でむやみに階数を増やしすぎると、階の移動に難儀するおそれがある。また、人がいる階のブロックをはずすと、その階にいた人はその階に閉じ込められ、階段を登っても降りても同じ階に戻ってしまう。, 四次元若葉マーク(よじげんわかばマーク)は、「四次元若葉マーク」(てんとう虫コミックス39巻に収録)に登場する。, この若葉マークを貼ったものは四次元空間に入った状態となり、壁でも建物でも何でもすり抜けることができる。ただし、この若葉マークを貼ったもの同士だとすり抜けずにぶつかってしまう。のび助の運転したお子さま練習カーとのび太が四次元同士ぶつかってしまった。, 予知夢アメ(よちむアメ)は、「宇宙戦艦のび太を襲う」(てんとう虫コミックス43巻に収録)に登場する。, この飴を舐めて寝ると、将来自分の身に起こる出来事(に関わる現在の状況)を予知夢として夢に見ることができる。その的中率は絶対確実。, 予定メモ帳(よていメモちょう)は、「○○が××と△△する」(てんとう虫コミックス1巻に収録)に登場する。, 「かならず実現する予定メモ帳」と表紙に書かれたメモ帳で、各ページには「□が □と・に □で □」と書かれている。□はそれぞれ横長の長方形の空欄であり、ここに物事を書き込んで文章を完成させると、その通りのことが実現する。(例「パパ」が「今すぐ」に「おかし屋」で「どら焼き買ってくる」)。到底無理そうなこと、たとえば「アイドルとお話しする」などでも、その相手がこちらの家に間違い電話をかける、といった具合にあり得る範囲で実現するようになっている。曖昧な言葉で書くと、筆者にも予想外のことが起きる場合がある。, 作中ではのび太がメモ帳に「静香が・のび太に・今ここ(居間)で・チュー(のび太は接吻の方の意味で書いた)をする」と書いたが、静香のペンのインクがのび太の顔にかかるといった出来事が起こった(ペンからインクが出る時、「チュー」という音がした)。, 呼びつけブザー(よびつけブザー)は、「呼びつけブザー」(てんとう虫コミックス「ドラえもんプラス」2巻に収録)、「ドラえもんに休日を! 高戸靖広(たかとやすひろ)は、1968年1月23日生まれ52歳、岡山県出身。所属事務所は青二プロダクション。血液型はO型。代表作は「HUNTER×HUNTER OVA G・I Final」シャルナーク、「ヘタリア Hetalia Axis Powers」ロシアなど。 !』まで継続した。当時はメディアミックスも盛んに行われ、TVスペシャルも幾度か放送されたほか、漫画作品も学年誌や『月刊コロコロコミック』などで連載された。, 不滅の友情を誓った彼達は、普段は別々の場所・時代に暮らすが、互いのピンチには必ず駆けつけ、協力して事件や強敵に立ち向かう。“幻の古代神殿”で入手した伝説のひみつ道具「親友テレカ」は、彼達の友情の証であり、また最大の武器でもある。「テレカ」は「テレホンカード」ではなく「テレパシーカード」の略である。, 一定の人気を保っていたものの、旧来のファンからは賛否両論となり、本家のプロデューサーを務めた別紙壮一も『ドラえもんズは藤子の作品ではない』という否定的な見解を示していたという。アニメシリーズの監督を務めた米たにヨシトモは後年の取材で完成作品を酷評されたり原作ファンから理解されなかった事が辛かったと漏らしており、ドラえもんズの上映時間拡大を望むファンの声とは裏腹に年々上映時間が短縮されていくなどプログラム内での扱いが悪くなっていったのは別紙プロデューサーの影響が強かったとしている[2]。, 一方、2005年4月以降のリニューアルされたアニメでは、ロボット養成学校時代の同級生は、黄色いドラえもんと同種のネコ型ロボットしか見られず、ドラえもんズの存在については触れられていない。, ドラえもんズという名前の通り、リーダー的位置づけにある(これは彼がドラえもんズ結成のきっかけになったことと、親友テレカ入手の際に彼が重要な役割を担ったためと思われる)。リーダー的位置づけではあるが、他のドラえもんズの能力が個性的すぎるせいで自身が何もない無個性である事に非常に悩んでいる。ただ、寺尾台校長先生曰く、誰よりも強い思いやりの心や優しさ、ここ1番で力を発揮する面を本人が自覚してないだけと評されており、目に見えない部分ではあるが立派な個性を持っている。その優しさと思いやりの心で悪人をも改心させ、絶交テレカの影響で周りが疑心暗鬼になっている中でもただ一人だけテレカの影響を跳ね返し、友情を取り戻す活躍をした事からドラえもんズの根底を支えているのは彼と言える。ドラえもんだからこそ個性派だらけのドラえもんズをまとめられているという描写が漫画版では多々存在している。だが、映画作品では彼が不在である(もしくはいても機能しない、あるいは大して活躍しない)状況が少なくない。ドラパン達と合体した時も右足の部分と地味なポジションであった。ネズミが嫌いになった理由はネズミ型ロボットに耳をかじられたため(2112年 ドラえもん誕生)であるはずだが、ロボット学校時代から既にネズミを嫌っている。アニメ版同様少々シスコンであり、妹のドラミが恋仲であるドラ・ザ・キッドとデートをしている現場に、のび太と共に同行したり妹を心配するあまりキッドに対して他のメンバーよりも厳しく接する部分も描かれており、妹思いである。, 声優 - 伊倉一恵(1995年・友情伝説)→津久井教生(1996年)→中尾隆聖(1996年末のテレビスペシャル以降), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ザ・ドラえもんズ&oldid=79321295, 『ロボット学校七不思議』ではドラミの卒業式を見る為にロボット学校を訪れていたが、校長先生と共に掃除機ロボットの襲撃に遭い、後にダディ13号の言い成りにされた。その後、ドラミとドラえもんズの活躍でダディをリフレッシュさせることに成功したが、自身はキッドに殴られて気絶していた。, 『ムシムシぴょんぴょん大作戦!』では、時期設定がロボット学校在学中の修学旅行時だった為、まだネズミ型ロボットに耳をかじられていない頃の黄色いドラえもんの姿だった。, 『宇宙ランド危機イッパツ!』ではどら焼きの食べすぎで病院に搬送され、自分の招待チケットと親友テレカをドラミに渡した。, 登場しない『宇宙ランド危機イッパツ!』と『ゴール!ゴール!ゴール』は除き、クレジットでは必ず最後となっている。, 一人称 - 基本的に「オレ」もしくは「オレ様」。別のバージョンでは「オイラ」、「わたし」, 二人称 - 基本的に「お前」や「アンタ」もしくは「てめー」別のバージョンでは「君」、「貴様」, 通称キッド。右手は空気砲をはめたまま(左手にはめている場合もある)。ドラえもんの妹・ドラミとは恋仲だが、「へちゃむくれ」とからかっている。相棒として、ウマ型ロボット・エドを連れている(キッドのことは「あんさん」と呼ぶ)。, 高いところに登ると「高いとこ、こわ〜い!」と言い、その場から動けなくなってしまうため(場合によっては泣きだしながら)、宇宙に行く際にはいつも自らスイッチを切って貨物扱いで行く。作品によっては仲間のために行動しているせいか高いところなのに平気であることがある。射撃では, ドラえもんズ1番の大食いと呼ばれており、テレビスペシャルのロボット学校の同窓会でジェドーラの作った特大ケーキを跡形もなく食べた犯人だと王ドラとマタドーラに疑いを掛けられた(実際はジェドーラの味見のしすぎだった)。, 友情伝説では、スーパー・タヌキの大ファンで、昔ドラえもんに「スーパー・タヌキのようなヒーローになりたい」と言っていた。また、キャサリンと言う彼女がいたが、交通事故で死亡したため、その悲恋が原因でビッグ・ザ・ドラに操られた。, 一人称 - 基本的に「わたし」(『ドキドキ機関車」のみ「ぼく」)。別のバージョンでは「わたくし」(アニメでも一度だけ使用している)、「王ドラ」, 女性に弱く、『おかしなお菓子なオカシナナ?』のハニー姫が視界に入っただけで骨抜き状態になっていた。また、『ドキドキ機関車大暴走!』のロビンに対しては当初普段通りの姿を見せていたが、ロビンが女だと知った途端に骨抜き状態になった。, 著名なプロサッカー選手と親交がある。11人のミニドラ軍団(通称・ミニドラサッカーチーム)を連れており、そのミニドラたちはドラリーニョと同じ色で耳もある。, ドラえもんズの中で唯一白目の中に白目がある(黒目部分が点)が、ザ・ドラえもんズスペシャルではその他のメンバーと同じタイプの目であり、性格もやや真面目である。, 考えるより先に行動してしまうタイプだが、持ち前のプラス思考とずば抜けた運動神経を生かし逆に突破口を開かせることもある。, ミニドラ軍団は『怪盗ドラパン謎の挑戦状!』ではアチモフから親友テレカを奪還したり、『おかしなお菓子なオカシナナ?』ではニガニガとその子分を紐で結びつけ、UFOで吹き飛ばすなど要所で活躍している。, グループの中で一番単純なため、ちょっとやそっとのことでは怖がらない。しかし漫画版では幽霊に怯え、叫びだしたり、腰を抜かすほど怖がりである。, 性格 - とにかく無口で謎が多いが、心根は優しい。いつもはのんびりしているが、丸いものを見ると, 弱点 - 野生化すると本能を制御できない、寒さに弱い(なのになぜ寒いロシアにいるのかは不明), 仕事 - ハリウッドの映画俳優(「スーパーウルフマン」シリーズに主演)、ロシアでの人助け。, 基本的に「ガオ」「ワオ」など、オオカミの鳴き声のような言葉しか喋らない。だが友情伝説では普通に会話しており、漫画版で一回だけ「丸い! !」と魔人のように巨大化して暴れ回る, 一人称 - 基本的に「ワガハイ」だが稀に「わし」ということがある。別のバージョンでは「ボク」、「わたし」, 二人称 - 基本的に「お主」もしくは「そなた」。別のバージョンでは「君」(アニメでも一度だけ使用している)、「お前」, 好物 - こんがり焼いたドラ焼き。ザ・ドラえもんズスペシャルや友情伝説のアイキャッチでは, 道具 - 「四次元ランプ」、「四次元ターバン」に収納、もしくは呪文を唱えて空中から出現させる(一応ポケットも持っている様子で、アニメでは実際に使用している), 通称ドラメッド。語尾に「〜であ〜る」「〜ぞよ」(田中版では「〜でゴザル」が多い)をつけて話すのが口癖。, 極度の水恐怖症で、カナヅチに加えて身体が濡れることすら嫌う。巨大化している時に水を受けると元の身長に戻ってしまうが、友の声を聞いて水の中で巨大化したこともあり、この時は水の障害を撥ね退けた。友のピンチにもそのキライな水に自ら飛び込む度胸の持ち主で仲間想い。また、水に濡れる危機に瀕すると超人的なパワーを発揮することがあり、映画『ドキドキ機関車大爆走!』では機関車を抱えて、苦手な水の上を走り渡ったこともある(本人はこの時のことは記憶にないらしい)。, 物質変換装置を先端に付けた「キンキンステッキ」を持っている(ミミミから譲り受けた)。, 身にまとったマント(一部文献ではヒラリマントであると書かれている)で羽虫のように飛行可能。, 親友・ミミミをドクターアチモフに人質に取られ、「逆らえばミミミを殺す」と脅迫されたため、やむなくドラえもんズと戦う。しかし劇中でドラメッドやドラリーニョの友情の力をみせられ、最後はドラえもんズと和解し、協力し合いアチモフを倒す。この際、ドラえもんズ全員が電磁波を防いで道具を使うために『合体ドラえもんズ』の頭部に配置され道具を電磁波から守った。, 『ムシムシぴょんぴょん大作戦!』にワンシーンだけ登場していたが、同映画時点ではドラえもんがまだ黄色い姿かつドラえもんズと出会う前である。, 弱点 - 辛い物が苦手。また、困ってどうしようもなくなると「シュッポ・シュッポ・ダンス」(頭から汽車のように煙を出し、そこら中を「困った、困った」と連呼しながらグルグルと駆けめぐる。腕、目、舌なども激しく転動する)をする癖がある。, 夢 - 菓子を作る楽しみ、みんなで一緒に協力する楽しみ、そして楽しく菓子を食べてもらえる楽しみを伝えること。, 昔はドラえもんズやドラミと同じロボット学校の生徒で、ドラえもんズとは同級生であった。, オカシナナ王国ではドラえもんズと協力しての楽しいお菓子作りで、笑顔を忘れてしまったハニー姫に楽しかった日々を思い出させてあげた。, ドラリーニョほどではないが物忘れが激しい部分もあり、「巨大ケーキ紛失事件」では自分が作った巨大ケーキの味見のしすぎでケーキがなくなった時は王ドラとマタドーラに疑われるまで思い出せなかった。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 現在は、基本的に映画以外でご覧になることはないと思いますが、テレビなどでもまた放送されてほしいところです。. 声優:高戸靖広さん(2007.5) ヤサシ(ジャイアンの息子) 声優:たてかべ和也さん. 5-現在) 出木杉の母 大人気ゲーム「ぷよぷよ」の人気パズルRPG「ぷよぷよ! スポンサーリンク 高戸靖広とは、日本の声優である。 概要 1968年1月23日生まれ、岡山県出身。劇団青杜を経て現在は青二プロダクションに所属。 三枚目キャラを演じることが多いが、陰のある役や個性の強い悪役までこなす。 『ドラえもん』では数多くの脇役を演じている。 高戸 靖広(たかと やすひろ、1968年 1月23日 - )は、日本の男性 声優、ナレーター。 岡山県出身。 青二プロダクション所属。 来歴 岡山県立笠岡工業高等学校、東京アナウンスアカデミー卒業。 以前は劇団青杜に所属していた。人物 資格は普通自動車 免許を持っている。 ?」と喋った時があった。, オオカミのような尻尾をもち、耳の先も1人だけ形状が異なる(なぜネコ型ロボットのパーツがオオカミを模しているのかは不明)。, ガールフレンドはロボット学校の同級生のモモ。『ムシムシぴょんぴょん大作戦!』で顛末が描かれている。ただし、ザ・ドラえもんズスペシャルでは、歌手のニーナという彼女がいる。, 一人称 - 基本的に「オレ」または「オレ様」だが女の子の前では「わたし」や「ボク」になる, 二人称 - 基本的に「お前」や「アンタ」だが女の子に対しては「アナタ」や「セニョリータ」別のバージョンでは「貴様」, 好物 - お金、闘牛の剣で串刺しにしたドラ焼き(味付けはされていないらしいが、初期の漫画ではドラ焼きに, 仕事 - 表向きはドラセロナという町の闘牛場近くの肉料理店「カルミン」の皿洗い兼出前のアルバイト(ただしよく皿を割り、そのたびに給料からその分を差し引かれているため、秘密道具を買う金にも事欠いている)。実は町のヒーロー「快傑ドラ」の正体。, 通称マタドーラ(ただしアニメでは基本的にフルネームで呼ばれる)。耳は無く、代わりに, また同作ではハニー姫を口説いているが「マドモアゼル」や「ベイビー」などフランス語や英語を使っていた。, シエスタはパワーを出す為と言うよりは癖であり、ザ・ドラえもんズスペシャルなどの漫画版では周りの状況お構いなしにシエスタをするのが定番のネタとなっている。, 性格 - 温厚でのんびり屋だが、本気で怒ると「ワガハイ怒ったのであ〜る! !」作中にて物語の展開上、のび太が故意に踏み破壊する。, 夜昼ランプ(よるひるランプ)は、「何が何でもお花見を」(てんとう虫コミックス45巻に収録)に登場する。, このランプを付けると、夜でも周囲が昼間同然に明るくなり、日中と同様に過ごすことができる。作中では、真夜中に花見を楽しむため使用している。, ヨンダラ首わ(ヨンダラくびわ)は、「ヨンダラ首わ」(てんとう虫コミックス14巻に収録)に登場する。, この首輪を犬などに付けておくと、名前を呼ぶことでひとりでに手元へ呼び寄せることができる。ペット用と思われる割に、真珠のネックレスを思わせる高級な外観をしている。人の声のみならず、テレビの音声にも反応する。またその人間の名前を呼んだわけではなくても、しずかがつけた際は「静寂」の意味で「静か」と言っても反応してしまう。また、呼んだ相手のもとに辿り着く前でも別の場所から呼ばれるとそちらへ向かってしまうため、手分けして探していると延々と方向転換していつまでもやって来ないという事態に陥る。, 『ドラえもんひみつ大事典』小学館〈ビッグ・コロタン 11〉、1985年5月10日発行。, 『ドラえもんひみつ道具完全大事典』小学館〈ビッグ・コロタン 66〉、1994年12月10日発行。, 『最新版ドラえもんひみつ道具大事典』小学館〈ビッグ・コロタン 96〉、2004年1月1日発行。, 『ドラえもん最新ひみつ道具大事典』小学館〈ビッグ・コロタン 111〉、2008年9月3日発行。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ドラえもんのひみつ道具_(よ)&oldid=80321499.