高校サッカー強豪高校が集まる地域として有名な東京都。東京で強豪高校として有名なのが、近年目覚ましい強さを見せつけている関東一高と国学院久我山です。その2校を追うのが駒澤大学高校、東海大高輪高校、そして古豪復活を目指す帝京高校です。, 大成高校は2019年の南部九州インターハイに東京代表として初めて全国大会出場を決めた新興勢力です。かつての弱小サッカー部も、現在では総勢160人を超える大所帯となっています。, 東京朝鮮中高級学校は、第33回全国高校サッカー選手権大会で初出場ベスト4に輝きながら、その後は民族教育への揺り戻しや、全国高体連の移行も働き、強いにも関わらず1996年まで公式戦への出場への道を閉ざされてきました。, 実践学園はこれまで選手権、インターハイともに3回ずつ、計6回の全国大会出場を経験する強い高校です。, 東京の強い高校として知られる国士舘高校サッカー部は、これまで選手権に4回、インターハイに2回出場した東京都の名門校です。, 奥多摩には釣り堀が6つあり、川釣りに似たシチュエーションでマス釣りが楽しめます。奥多摩の釣り堀で釣れる魚はニジマスが多く、峰谷川渓流釣場ではヤマメやイワナも釣れます。すべての釣り堀で道具の貸出しをしているので手ぶらで楽しむことができデートにもおすすめです。おすすめの釣り堀は奥多摩フィッシングセンター。, 東京都内のおすすめ卓球スポットは、大きく分けて2種類。1つめは、卓球をがっつり楽しめる卓球スクールや卓球場、2つめは食事やお酒と一緒に卓球を楽しめる場所です。東京のおすすめ卓球スポットは、T4 TOKYO、卓球酒場ぽん蔵、YOYO TAKKYU、中目卓球ラウンジ、Akiba卓球スタイル、渋谷卓球倶楽部、TACTIVEの7つで、店舗情報やおすすめポイントを紹介します。, 多摩川はブラックバスが釣れるポイントが豊富です。おかっぱりの釣りも楽しむことができるため、関東圏でブラックバスを釣りたいと考えている方は気軽に足を運べます。多摩川のブラックバスが釣れる8箇所の釣り場をマップで紹介し、各ポイントの攻略法を徹底解説します。, 多摩川河口はシーバスなどの海釣りのターゲットが狙える釣り場。人気ポイントであるため初心者には不向きと思われがちですが、テナガエビやハゼなどは初めての釣りにもおすすめの魚です。多摩川河口で釣れる魚とおすすめの釣り場を徹底解説します。, 多摩川は全国でも屈指の難関シーバスポイントです。関東圏のアングラーに打たれ尽くされた超メジャースポットであるため、攻略は一筋縄ではいきません。ここではそんな多摩川のおすすめシーバスポイントやタックルをマップ付きで徹底解説します。, Activeる! 冬の高校選手権は例年通りの開催が決定。開閉会式は縮小、観客数制限. photo Getty Images 道代表: 得点: 相手校(都府県) 参 考 事 項: 凡 例 : 赤の → 当該大会の初戦 ※ 大変申し訳ございませんが、1969(昭和44)以前の結果は、調べがつきませんでした。 1970: 昭和45: 1回戦 留萌工: 0-6: 藤枝東 (静岡) 1971 | Activeる! 2020年10月19日(Mon)12時05分配信. サッカーの強い高校の特徴は、一貫した指導力と練習環境にあります。特に強い高校は関東の千葉県・神奈川県・静岡県に多く存在しています。代表的なサッカーの強豪高校は本田裕一郎監督ひきいる流通経済大柏高校が有名で、毎年多くの選手が集まります。 高校サッカー強豪高校が集まる地域として有名な東京都。東京で強豪高校として有名なのが、近年目覚ましい強さを見せつけている関東一高と国学院久我山です。その2校を追うのが駒澤大学高校、東海大高輪高校、そして古豪復活を目指す帝京高校です。 日々の生活をアクティブに彩るスポーツなメディアです。. 参加チーム本大会は46道府県代表各1チーム、加盟校数が最も多い東京都代表2チームの計48チームによって行う。 【大会形式】 トーナメント方式により優勝以下第3位までを決定する。 【大会スケジュール】■1回戦:12月31日(木)■2回戦:1月2日(土) ■3回戦:1月3日(日)■準々決勝:1月5日(火)■準決勝:1月9日(土):Aゾーン勝者vsBゾーン勝者 / Cゾーン勝者vsDゾーン勝者■決勝:1月11日(月・祝), 【会場】東京:駒沢陸上競技場(1回戦~準々決勝)味の素フィールド西が丘(1・2回戦), 埼玉:埼玉スタジアム2○○2(準決勝・決勝)浦和駒場スタジアム(1回戦~3回戦)NACK5スタジアム大宮(1・2回戦), 千葉:フクダ電子アリーナ(1回戦~準々決勝)ゼットエーオリプリスタジアム(1・2回戦), 【参加チーム数】参加チーム本大会は46道府県代表各1チーム、加盟校数が最も多い東京都代表2チームの計48チームによって行う。, 【大会形式】トーナメント方式により優勝以下第3位までを決定する。但し第3位決定戦は行わない。, 【試合時間】①1回戦~準々決勝試合時間は80分(前後半各40分)ハーフタイムのインターバル(前半終了から後半開始まで):原則10分間勝敗の決定しない場合はペナルティキック方式により勝利チームを決定, ②準決勝試合時間は90分(前後半各45分)ハーフタイムのインターバル(前半終了から後半開始まで):原則15分間勝敗の決定しない場合はペナルティキック方式により勝利チームを決定, ③決勝戦試合時間は90分(前後半各45分)ハーフタイムのインターバル(前半終了から後半開始まで):原則15分間勝敗の決定しないときは20分(10分ハーフ)の延長戦を行い、なお決しない場合はペナルティキック方式により勝利チームを決定, (https://www.jfa.jp/match/alljapan_highschool_2020/about.html)より抜粋.