1965年:3月、モーターボート競走に総理大臣杯を下付することが決定 。 1966年:3月10日から15日までの日程で「第1回鳳凰賞競走」が開催 。 2010年:ルール改正が行われ、出場資格にgii優勝者が追加さ … Line: 24 1965年:3月、モーターボート競走に総理大臣杯を下付することが決定。 1966年:3月10日から15日までの日程で「第1回鳳凰賞競走」が開催。 2010年:ルール改正が行われ、出場資格にgii優勝者が追加さ … 競艇では年間に9種類のSgが開催されます。それぞれ特徴や出場資格があります。ここでは各SGの詳細を一覧にまとめていますのでご参照ください。. Line: 68 ボートレースクラシックは 競艇の最高ランクとされるsgレースの1つで毎年3月に開催 されています。 3月開催と その年最初のsgレース として大きな盛り上がりを見せます。. Line: 208 Line: 315 鳳凰賞競走(ほうおうしょうきょうそう)は、ボートレースクラシックの通称で知られるボートレースのSG競走の1つ。, 第1回より総理大臣杯の下付が行われており[2]、1988年(昭和63年)の第23回大会より「総理大臣杯(そうりだいじんはい)」と呼ばれる。2014年(平成26年)の第49回大会より「ボートレースクラシック(BOAT RACE CLASSIC)」[3]の通称名称が採用された[1]。5大SG競走GRANDE5の初戦にあたる。なおこの競走はSGでは唯一ナイター競走を実施していない。ボートレース下関やボートレース蒲郡、ボートレース住之江やボートレース丸亀という2019年現在ナイター競走を実施する競艇場で開催された実績はあるが、これらは全てナイター競走が実施される前に行われており、1998年に丸亀競艇場で開催されて以降ナイター競走を実施する競艇場では開催されていない。, 2019年度(2020年3月開催)より優勝者には内閣総理大臣杯、内閣総理大臣賞状、賞金3900万円[5](平成23年度以降の優勝賞金は3500万円、平成22年度までは4000万円[6])、その他主催者市長賞、日本財団会長賞、全国モーターボート競走施行者協議会会長賞、日本モーターボート競走会会長賞が授与される。なお優勝戦出走者にはBOAT RACE振興会よりメダルが授与される。, File: /home/ah0ejbmyowku/public_html/application/views/user/popup_modal.php 1965年:3月、モーターボート競走に総理大臣杯を下付することが決定 。 1966年:3月10日から15日までの日程で「第1回鳳凰賞競走」が開催 。 2010年:ルール改正が行われ、出場資格にgii優勝者が追加さ … 初開催は1966年とsgの中でも歴史あるレースで初開催時は 「第1回鳳凰賞競走」 の名称で行われていました。 1年間に行われるSG競走の中で最初に開催されるのが、SGボートレースクラシック(総理大臣杯)です。前年のGⅠ優勝者や優勝回数上位者が出揃うSG競走の中でもハイレベルな戦いになるSGと言えます。1966年3月10日~15日までの日程で開催された「第1回鳳凰賞(ほうおうしょう)」から1988年 通称は「オールスター競艇」。2014年からの通称名称は「ボートレース オールスター(BOAT RACE ALL STARS)」[1]。本競走は5大SG競走GRANDE5の第2戦に位置付けられている。, 本競走は他のSG競走と異なり、プロ野球のオールスターゲームや競馬の宝塚記念・有馬記念更に競輪のオールスター競輪と同様にファン投票によって出場選手が決定される。特に初日の最終競走である第12レースの「ドリーム戦」は投票上位6名によって争われる。ファン投票の形式と言う事もあり、他のSG競走と比べて女子選手が出場しやすい大会でもある。, 毎年5月の最終週(年によっては5月から6月に架けての月跨ぎ開催が有る)に行われる。, 下付賞があり、「日本モーターボート競走会会長杯争奪 笹川賞競走」となる。第34回大会まで「全国モーターボート競走会連合会会長杯」であったが、全国モーターボート競走会連合会及び各都府県のモーターボート競走会が2008年3月31日を以て解散となり、同年4月1日より日本モーターボート競走会に組織が一元化されたことを受け[2]、第35回大会から「日本モーターボート競走会会長杯」に変更となった。, 「笹川」は競艇の産みの親である笹川良一(ささかわ りょういち)の名前から取っている。, 1月下旬になるとファン投票の案内が発表される。投票期間は1月下旬 - 2月下旬。発表は3月上旬。ボートレースオフィシャルWEBやボートレース雑誌、スポーツ新聞各紙へ発表される。なお、初日の最終第12レースで行なわれるドリーム戦の出場メンバー選抜も兼ねている為、優先出場選手もファン投票の対象選手として取り扱っている。, ※選考は優先出場選手→一般投票選手(獲得投票順)→選考委員会選出→予備選手(獲得投票順), 全国地区対抗競走が廃止され、その代替として開催されるようになった[3]。第1回大会のファン投票1位は彦坂郁雄であった[4]。, 2010年の第37回大会の選手紹介式では、新鋭リーグ・女子リーグのオリジナルファンファーレが発表された。, 2011年の第38回大会は東日本大震災の被災地支援競走としてこの年の最初のSG大会として開催し総売上げの1割を被災地に送った。女性選手が初めてドリーム戦に出場(3774横西奏恵・1着)し、さらに当競走では初めて女性選手が優出した(同じく横西奏恵・6着)。, 2013年、ファン投票で中村亮太がファンに配る投票用のマークシートの自分の欄を予め塗り潰したものを配布すると言うファンに対しての不正行為を行なったことにより、2年間出場停止処分を受けた(うち正式な処分は日本モーターボート競走会から1年間の出場停止処分。残りの1年間は日本モーターボート選手会からの出場自粛勧告を受け入れたもの)。, 2014年の第41回大会ではSG最高記録となる女子選手12人が選出され、2日目第1競走にはオール女子戦も組まれた[5]。, 2015年の第42回大会は薄暮競走で開催され[6][7]、さらに女子選手の選出数がファン投票の対象となる選手の男女比を勘案して制限されるようになった[6]。, 2019年の第46回大会は天皇の退位等に関する皇室典範特例法により、新元号(令和)施行後初の全国発売競走となった。同時に優勝者がこの年から新設したボートレースバトルチャンピオントーナメントへの出場権を得られるシステムが新たに加わった。, 2020年の第47回大会は新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大と、改正・新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令に伴い、無観客開催措置が取られた。, 出典はボートレースオフィシャルWEBにあるボートレースオールスター一覧の各回ページより。, SG競走等に使用する通称名称の使用及びSGコミュニケーションロゴのリニューアルについて, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=笹川賞競走&oldid=78844952, 開催年前期A1級を対象にしたファン投票を行い、その獲得投票順に出場者が選出される。, ボートレースオールスター前検日までに褒賞懲戒規定による出場停止処分を受けた選手。(一部を除く). 鳳凰賞競走(ほうおうしょうきょうそう)は、ボートレースクラシックの通称で知られるボートレースのSG競走の1つ。, 第1回より総理大臣杯の下付が行われており[2]、1988年(昭和63年)の第23回大会より「総理大臣杯(そうりだいじんはい)」と呼ばれる。2014年(平成26年)の第49回大会より「ボートレースクラシック(BOAT RACE CLASSIC)」[3]の通称名称が採用された[1]。5大SG競走GRANDE5の初戦にあたる。なおこの競走はSGでは唯一ナイター競走を実施していない。ボートレース下関やボートレース蒲郡、ボートレース住之江やボートレース丸亀という2019年現在ナイター競走を実施する競艇場で開催された実績はあるが、これらは全てナイター競走が実施される前に行われており、1998年に丸亀競艇場で開催されて以降ナイター競走を実施する競艇場では開催されていない。, 2019年度(2020年3月開催)より優勝者には内閣総理大臣杯、内閣総理大臣賞状、賞金3900万円[5](平成23年度以降の優勝賞金は3500万円、平成22年度までは4000万円[6])、その他主催者市長賞、日本財団会長賞、全国モーターボート競走施行者協議会会長賞、日本モーターボート競走会会長賞が授与される。なお優勝戦出走者にはBOAT RACE振興会よりメダルが授与される。, 正式には「選手、審判員及び検査員褒賞懲戒規程に基づき出場停止処分を受けたため」である。, SG競走等に使用する通称名称の使用及びSGコミュニケーションロゴのリニューアルについて, BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE | ニュース&トピックス | 記事詳細. 鳳凰賞競走(ほうおうしょうきょうそう)は、ボートレースクラシックの通称で知られるボートレースのSG競走の1つ。, 第1回より総理大臣杯の下付が行われており[2]、1988年(昭和63年)の第23回大会より「総理大臣杯(そうりだいじんはい)」と呼ばれる。2014年(平成26年)の第49回大会より「ボートレースクラシック(BOAT RACE CLASSIC)」[3]の通称名称が採用された[1]。5大SG競走GRANDE5の初戦にあたる。なおこの競走はSGでは唯一ナイター競走を実施していない。ボートレース下関やボートレース蒲郡、ボートレース住之江やボートレース丸亀という2019年現在ナイター競走を実施する競艇場で開催された実績はあるが、これらは全てナイター競走が実施される前に行われており、1998年に丸亀競艇場で開催されて以降ナイター競走を実施する競艇場では開催されていない。, 2019年度(2020年3月開催)より優勝者には内閣総理大臣杯、内閣総理大臣賞状、賞金3900万円[5](平成23年度以降の優勝賞金は3500万円、平成22年度までは4000万円[6])、その他主催者市長賞、日本財団会長賞、全国モーターボート競走施行者協議会会長賞、日本モーターボート競走会会長賞が授与される。なお優勝戦出走者にはBOAT RACE振興会よりメダルが授与される。, 正式には「選手、審判員及び検査員褒賞懲戒規程に基づき出場停止処分を受けたため」である。, SG競走等に使用する通称名称の使用及びSGコミュニケーションロゴのリニューアルについて, BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE | ニュース&トピックス | 記事詳細. Function: view, File: /home/ah0ejbmyowku/public_html/application/controllers/Main.php 正式名称は「鳳凰賞競走」で、以前は総理大臣杯と呼ばれていました。 Function: view, 正式には「選手、審判員及び検査員褒賞懲戒規程に基づき出場停止処分を受けたため」である。, SG競走等に使用する通称名称の使用及びSGコミュニケーションロゴのリニューアルについて, BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE | ニュース&トピックス | 記事詳細, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=鳳凰賞競走&oldid=78852508. 競艇では年間に9種類のSgが開催されます。それぞれ特徴や出場資格があります。ここでは各SGの詳細を一覧にまとめていますのでご参照ください。. 1966年:3月10日から15日までの日程で「第1回鳳凰賞競走」が開催 。 2010年:ルール改正が行われ、出場資格にgii優勝者が追加された 。 2011年:東日本大震災により3月末まで全競艇場のレース開催が中止となった事に伴い、第46回総理大臣杯競走も中止 。