2010, 出典: 各年度のJ1 クラブ決算一覧。 鹿島アントラーズにいた歴代監督は全部で12人 宮本征勝. 名古屋グランパスと鹿島アントラーズの試合は、退場者を出すなど荒れた展開となった。前半33分に名古屋dfオ・ジェソクと鹿島mf和泉が負傷交代。 略歴. 鹿島アントラーズ(かしまアントラーズ、英: Kashima Antlers)は、日本の茨城県鹿嶋市、神栖市、潮来市、行方市、鉾田市をホームタウンとする[1]、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。, 1947年に創設された住友金属工業蹴球団が前身。Jリーグ加盟時の1991年10月に、地元5自治体(茨城県鹿島郡鹿島町・神栖町・波崎町・大野村、行方郡潮来町)と43企業の出資により運営法人「(株)鹿島アントラーズ・エフ・シー」が設立され、現クラブ名に改称した。Jリーグ創設時からの加盟チーム(オリジナル10)の一つである。ホームタウンは設立当時の5町が合併して設立した鹿嶋市(旧・鹿島町、大野村)・神栖市(旧・神栖町、波崎町)・潮来市(旧・潮来町、牛堀町)に加え、2006年からは行方市、鉾田市が追加され、鹿行地域全域がホームタウンとなった。なお、Jリーグ発足当時、ホームタウンは原則として1チーム1市区町村だったが、鹿島に限り特例で周辺市町村との広域ホームタウンが認められた(現在は広域ホームタウンに関する制限はなく、複数の市町村ないし都道府県全域としたチームが複数ある)。, ホームスタジアムは県立カシマサッカースタジアム、練習場は鹿島アントラーズクラブハウスグラウンドである。, チーム名の「アントラー (antler)」は英語で鹿の枝角を意味し、鹿島神宮の神鹿にちなみ、枝角は茨城県の茨をイメージしている。その鋭い枝角で勇猛果敢に立ち向かい勝利を目指すという意味も込められている。チーム発足時からクラブのアイデンティティとして「FOOTBALL DREAM」を常に掲げている。クラブマスコットは鹿をモチーフにした「しかお」と、1997年3月2日に「しかお」と結婚したという設定の「しかこ」、1999年8月1日にしかおとしかこの間に誕生したという設定の「アントン」である。, 国内三大タイトルであるJ1リーグ(優勝8回)、Jリーグカップ(優勝6回)、天皇杯全日本サッカー選手権大会(優勝5回)の優勝回数はいずれもJリーグ発足以後、Jクラブの中で最多で、3タイトルの累計で19冠を誇る。また、国内三冠(同年度内に国内三大タイトルを全て優勝)した初のクラブであり、J1リーグ三連覇を果たした唯一のクラブでもある。さらに、2018年のAFCチャンピオンズリーグ優勝も合わせて主要タイトル20冠、その他タイトルと合わせて合計29冠とカウントすることもある。, 2016年開催のFIFAクラブワールドカップにおいて、準優勝を果たした。決勝に進出した、初のアジアのクラブチームである。(日本のクラブチームでは唯一), 1993年のJリーグ発足から、一度も降格経験がないクラブでもある。これは鹿島アントラーズと横浜F・マリノスだけである。また、リーグ戦の最終順位においても、二桁順位になったのは2012年の11位のみであり、他の年は全て一桁順位で終えている。, クラブ発足時から住友金属工業が主たる株主で、合併により会社組織を引き継いだ新日鐵住金→日本製鉄が大株主として運営してきたが、2019年7月30日、日本製鉄とその子会社が持つクラブ運営会社(鹿島アントラーズ・エフ・シー)の発行済み株式72.5%のうち61.6%を、クラブスポンサーでスマートフォン向けフリマアプリの企画・開発・運営を行うメルカリに譲渡することを発表[3][6]。公正取引委員会の承認が得られ、同年8月30日をもって筆頭株主がメルカリに異動した。社長には、メルカリの取締役社長兼COOを務める小泉文明が就任した。, 1947年創部の住友金属蹴球同好会(1956年に住友金属工業蹴球団へ改称)が前身となり、1973年に日本サッカーリーグ(JSL)2部、1985年にJSL1部へ昇格した。なお、1975年に大阪市から鹿島製鉄所のある茨城県鹿島町(現・鹿嶋市)に本拠地を移転した。, 1989年にプロサッカーリーグ設立が具体化したのを受けて、1990年に住友金属工業(現・日本製鉄)の「2000年ビジョン」の指針が発端となって、鹿島町長を含めた7名が当時JSL2部に所属していた住友金属工業蹴球団のプロリーグ参加を協会に要望した。これを受けて住友金属はプロリーグへの参加を申請するが、当時の住金蹴球団は日本サッカーリーグ (JSL) 2部所属であり、設立準備メンバーの一人であった川淵三郎が「住友金属さんが加盟できる確率はほとんどゼロなのです。99.9999%無理ですよ」と述べるほど参入の可能性は低かった[7]。しかし、川淵の(住金の参加を諦めさせる最後の手段であった)「観客席に屋根の付いた1万5000人収容のサッカー専用競技場を建設できるなら考えましょう」の発言[7] を受けて茨城県が茨城県立カシマサッカースタジアムの建設を決定。これが逆転打となって初年度からのJリーグ加盟が承認された。, 1991年、ブラジル代表で主将を務めたジーコが加入(川淵三郎によると、「当初、紹介した古河電工(現:ジェフユナイテッド市原・千葉)にそのまま加入してもらおうと思っていたが、当の古河電工はジーコ入団に難色を示し、その後断りをいれた。そのため、新たに住友金属を紹介したところ、住友金属のアピールもあって、ジーコの入団が実現した」と話している)。, Jリーグ発足に伴い、クラブ名を「鹿島アントラーズ」に変更。Jリーグ最初の公式戦、1992年のJリーグカップではカシマスタジアム建設中であったため、鹿島主管試合を笠松運動公園陸上競技場を主として国立霞ヶ丘陸上競技場、西京極スタジアム(西京極での試合はガンバ大阪が相手であった)で行った。, ジーコが所属していたこともあり、ブラジルのサッカー界とも強いパイプを持つ。Jリーグが開幕した1993年以降、所属した外国籍選手は「アジア人枠」を利用して獲得した韓国人選手以外は全員ブラジル人選手である。ジョルジーニョやレオナルド、ベベットなど、サッカー王国ブラジルでも代表として活躍するなど一線級に値する選手たちが過去に鹿島でプレーした。, クラブの発展に貢献した人物を顕彰するために設けられた賞である。カシマサッカーミュージアムの中にある「THE HALL OF LEGEND」にて記念される。現役選手および鹿島で在任中のスタッフは選考から外される。, 1992年のプロ化以降、国内3大タイトル(J1リーグ、Jリーグカップ、天皇杯)の全てで最多の優勝回数を誇る。, 国際大会で獲得したタイトルは、A3チャンピオンズカップ(2003年)とJリーグカップ/コパ・スダメリカーナ王者決定戦(2012年、2013年)、AFCチャンピオンズリーグ(2018年)の3大会である。, 前述の外国籍選手と同様、外国籍監督も全員ブラジル人であり、ジーコの兄であるエドゥーや、ジーコと共にブラジル代表の「黄金の中盤(黄金のカルテット)」として活躍した一人であるトニーニョ・セレーゾなどがこのチームを指揮を執っている。なお、2017年現在までの日本人正監督は初代の監督である宮本征勝と2015年途中に就任した石井正忠、2017年途中に就任した大岩剛の三人のみで、その他の正監督は全員ブラジル人である。, 出典: “通算データ 年度別入場者数推移”. 2013、 鹿島アントラーズ(かしまアントラーズ、英: Kashima Antlers)は、日本の茨城県鹿嶋市、神栖市、潮来市、行方市、鉾田市をホームタウンとする 、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 2015、 2007、 2012、 2008、 2014、 2017、 2007、 2009、 2005、 鹿島アントラーズ > 鹿島アントラーズの年度別成績一覧 . 2006年に現役を引退し、育成コーチ、ヘッドコーチを経て、2017年に川崎の監督に就任。 2018, 現在、リーグと天皇杯の2冠を達成したのは鹿島(2000年、2007年、2016年)と浦和(2006年)、G大阪(2014年)のみ。, 1stステージ17位の新潟(勝利)、18位の清水(引き分け)、15位の松本(敗戦), 2ステージ制時代を含めても47得点で優勝した2004年の横浜FM、48得点で年間王者を含む国内3大タイトル完全制覇を達成した2000年に続いて史上3番目に少ない数字である。, 震災復興チャリティーイベント SMILE AGAIN〜YELL FROM KASHIMA〜, https://www.so-net.ne.jp/antlers/sp/news/release/73346, https://pdf.irpocket.com/C4385/GDpy/CbZp/obyf.pdf, http://www.so-net.ne.jp/antlers/news/release/72792, 「走りながら考えて、幾多の障壁を乗り越えていく」――川淵三郎氏が語る、日本サッカー変革の軌跡, 鹿島が悲願のACL初制覇! 観衆10万の敵地でペルセポリス完封、2戦合計2-0で20冠達成, https://www.so-net.ne.jp/antlers/news/release/75238, http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20161225-OHT1T50061.html, 「世界一のクラブを目指すため」鹿島がeスポーツチームを設立! ナスリと契約し世界大会に臨む, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=鹿島アントラーズ&oldid=80275758, 1998年 2nd第5節 福岡戦(博多球)- 1999年 1st第3節 広島戦(国立), 1999年 1st第13節 浦和戦(国立)- 1999年 2nd第4節 C大阪戦(カシマ), 2018年12月22日 FCWC 3位決定戦 リーベル・プレート(ザイード・スポーツシティ), 1995年のリーグ戦用2ndモデルには、シャツ・シルバー、パンツ・紺、ストッキング・シルバーを採用したが、諸事情により数戦使用しただけで、シャツ・パンツ・ストッキングをすべて白に変更している(変更後しばらくは、1993年・1994年に使用した2ndモデルを使用していた)。, 2008年から2009年は、リーグ初となった横縞(ディープレッドと紺)を使用した。, 2017年の1stモデルは、胸はダークネイビーとディープレッドの横縞に、ディープレッドの細い線、袖と背中はダークネイビー。2ndモデルはピンク、脇はダークネイビー。3rdモデルは2016年に2ndとして使用した白を使用。, 2009シーズンからヤタガラスのエンブレムに代わり、金色のJマークをつけている(初着用は鹿島)。, 2009年大会からリーグチャンピオン同様ヤタガラスのエンブレムをやめ、天皇杯エンブレムをつけている。, 2016年にはナイキと新たにサプライヤー契約を更新。2017年から推定10年の大型契約となる, 1992年から1995年まで、胸にはスポンサーの代わりに「Antlers」のロゴが入る。, ホームタウンの5市(鹿嶋、神栖、潮来、鉾田、行方)にある小学校全校を選手が訪問している。, FM KASHIMA EXCITING SPORTS(試合開始30分前 - 試合終了後), LIVEアントラーズ - カシマサッカースタジアムで開催されるホームゲームの音声実況中継をインターネット配信. 2013、 J.LEAGUE Data Site. 大岩 剛(おおいわ ごう、1972年 6月23日 - )は、静岡県 静岡市 清水区出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者。 現役時代のポジションはディフェンダー(センターバック)。 元日本代表選手。 現在、jfa(日本サッカー協会)指導者養成インストラクター。 2011、 2011、 2016、 2012、 船橋市立船橋高等学校を経て鹿島アントラーズに入団 。 移籍した川崎フロンターレでレギュラーとして活躍。 「川崎の宝」と呼ばれた 。. 鹿島アントラーズ 成績と歴代監督 鹿島アントラーズ(かしまアントラーズ、英: Kashima Antlers)は、日本の茨城県鹿嶋市、神栖市、潮来市、行方市、鉾田市をホームタウンとする[1]、日本プロサッ … 2010、 鹿島アントラーズの年度別成績一覧(かしまアントラーズのねんどべつせいせきいちらん)では、鹿島アントラーズの各年度ごとの成績を詳述する。 2020年1月6日閲覧。, ユニフォームデザインは基本的に2年に1回変更していたが、2010年シーズン以降は毎年デザインを変更している。ユニフォームの右袖には、ホームタウン5市をあしらったホームタウンマークをつけ、背番号の下に名前が入る。2007シーズンに10冠(国内3大大会のタイトル数)を達成し、2008年シーズンより、左胸のエンブレム上に大きな星1つ(10タイトル分)がついた。11冠目以降の星は、従来の左袖につく。胸のスポンサーロゴの上部には、クラブスローガンである「FOOTBALL DREAM」が一貫して入れられている(1998年 - 、1997年のみ裾部分に入れられた)。, 2018年アジアチャンピオンズリーグ(ACL)を優勝により20冠を達成したため、2019のユニホームからエンブレムの上に星が1つ増え2つになった。, 鹿島アントラーズが創設された1992年から、トップチームでの活躍を目指す選手たちの年代別選抜チームとして、第2種(U-18、高校生年代)の「ユース」、第3種(U-15、中学生年代)の「ジュニアユース」、第4種(U-12、小学生年代)の「ジュニア」が活動している。鹿島アントラーズのアカデミー出身の選手には、曽ヶ端準、野沢拓也、土居聖真、鈴木優磨らがいる。また、育成とサッカーの普及を目的に、幼稚園生以上を対象にした「スクールコース」が茨城県内を中心に17ヶ所で開催されている。, 運営会社である株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シーは、2006年からカシマサッカースタジアムの指定管理者になり、健康事業を目的としたスポーツプラザ「カシマウェルネスプラザ」の運営や茨城大学との提携によるスタジアムの利活用推進にも取り組んでいる。, ホームタウンの5市(鹿嶋、神栖、潮来、鉾田、行方)のほかに、クラブ独自でフレンドリータウンとしてホームタウン周辺の10市町村と協定を結んでいる。サッカーを通じた地域連携を目的とし、ホームタウン周辺の市町村を対象に年1回ホームゲームへの市民招待やスタジアムでの観光PRイベントの開催、アカデミーのスクール校を開校するなど活動を展開している。, 2020年1月15日、eスポーツチーム設立を発表。併せて、2018-19シーズン時点で世界ランキング24位にランクしたウェブ・ナスリの加入も発表した。eスポーツが国内・海外共に年々成長・発展を続ける中で世界一のクラブを目指すため、新たな事業として取り組むとしている[34][35]。, 春季キャンプは1998年より宮崎県宮崎市の宮崎県総合運動公園陸上競技場で行われている。また、1993年はイタリア、1994年は沖縄県、1995年から1997年まではブラジルで行われた。, 「SOCIOメンバー」、「MEGAメンバー」、「フリークスメンバー」、「ファミリーメンバー」の4種類がある。その中でも「フリークスメンバー」が一般的な会員カテゴリで、会員数が最も多い。特典として月刊アントラーズフリークスの送付やホームゲームチケットの先行割引販売、グッズの割引販売、グッズ・チケットの購入時やホームゲーム来場時などに付与されるポイントシステムなどがある。, サポーター集団「IN.FIGHT」が、1991年の鹿島アントラーズ創設時から鹿島サポーターの中心として活動を続けている。, 出典: 各年度のJ1 クラブ決算一覧。