1998 FIFAワールドカップ(英: 1998 FIFA World Cup )は、1998年 6月10日から7月12日にかけてフランスで開催された16回目のFIFAワールドカップである。 決勝戦は地元のフランス代表と前回優勝国のブラジル代表の顔合わせとなったが、フランス代表がジネディーヌ・ジダンの2得点などでブラジル代表を3 … 回 年 優勝馬 成績 レース映像; 第39回: 2019年: スワーヴリチャード: 成績: レース映像: 第38回: 2018年: アーモンドアイ: 成績 第12回リード・ジャパンカップ(1998 ジャパン・ツアー 第3戦) 主催者 JFA 公式ウェブサイト http://freeclimb.jp/compe/1998/9803.pdf The Music Of The World Cup』 - 公式アルバム. B‚²Šó–]‚Ì•û‚́A—\‘z‚ð‘—‚éÛ‚ɁAƒAƒhƒŒƒX‚Æ‚Æ‚à‚ɁuƒŠƒ“ƒNŠó–]v‚Ə‘‚«“Y‚¦‚ĉº‚³‚¢B, 1998/11/29@ ƒWƒƒƒpƒ“ƒJƒbƒv @-- Tokyo Turf 2,400 --, ’PŸ [11] 600 •¡Ÿ [11] 200 [1] 150 [9] 130. ジャパンカップ(国際招待)[1998年11月29日東京10r]のネット新聞。全重賞レースの予想印/血統&コース分析/コース×種牡馬連対率など豊富なデータが満載!アナタの予想も記入できます。 ジャパンカップは、日本中央競馬会(jra)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞 競走(gi)である。 英称の頭文字から、jcという略称も用いられることがある 。 正賞は日本馬主協会連合会会長賞、東京馬 … 1998年11月29日 5回東京8日目 4歳以上オープン (国際)(指)(定量) ?”, http://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=41251, [虎四ミーティング]城彰二(サッカー解説者)<後編>「フランス杯後に受けたカズからの電話」, 1998 FIFA World Cup France ™ - Teams - Japan - FIFA.com, 「出場状況」欄の「〇」はフル出場、「▼」は途中交代アウト、「▲」は途中交代イン、数字は前半の試合開始からの経過時間(分)、「得点」は獲得得点をそれぞれ表す。. 着 馬 馬 名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上3F 人; 1: 11: エルコンドルパサー: 牡3: 55 : 蛯名正義: 2.25.9 35.0: 3: 2: 1: エ … 待ちに待っての"Wの悲劇"」『朝日新聞』1998年6月11日付, サッカーにおけるイタリアとフランスのライバル対決#1998 FIFAワールドカップ, Zidane lights the blue-touch paper for France, FIFA Technical Study Group designates MasterCard All-Star Team, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=1998_FIFAワールドカップ&oldid=76969053, 日本で唯一のオフィシャルエージェントの旅行会社であった為、参加者全員分のチケットが割り当てられた。, 備考欄の「☆」は欧州予選プレーオフ、「○」は大陸間プレーオフに勝利の上、出場が決定したチーム。, 開催国のフランス、前回優勝国のブラジル、およびシード国としてドイツ・イタリア・スペイン・アルゼンチン・ルーマニア・オランダの8か国を「, 『ALLEZ! 1998 FIFAワールドカップ(英: 1998 FIFA World Cup )は、1998年 6月10日から7月12日にかけてフランスで開催された16回目のFIFAワールドカップである。 決勝戦は地元のフランス代表と前回優勝国のブラジル代表の顔合わせとなったが、フランス代表がジネディーヌ・ジダンの2得点などでブラジル代表を3 … ひとこと 混戦と見られた今年のジャパンカップは、日本馬3頭の叩き合いとなり、早め先頭に立った4歳馬・エルコンドルパサーが、内から迫ったエアグルーヴを半馬身抑えて優勝しました。一番人気に推された今年のダービー馬・スペシャルウィークは追撃及ばず、3着に終わりました。 1998 ジャパンカップ レース結果 全着順 1998年11月29日(日) 5回東京8日 天候 : 晴 馬場状態 : 良 【10R】 第18回ジャパンカップ 3歳以上・オープン・G1(定量) (国際)(指定) 芝 2400m 15頭立. 1998年(第11回)スーパージャパンカップ’98 ・日程:7月20日~8月29日(15会場) ・参加応募数:18,683通 ・動員数:68,800名 ・コース:ナックルパワーサーキット(300m) ・ロゴ:ナックルブレイカー 1999年(第12回)ジャパンカップ1999 1998 ジャパンカップ レース結果 全着順 1998年11月29日(日) 5回東京8日 天候 : 晴 馬場状態 : 良 【10R】 第18回ジャパンカップ 3歳以上・オープン・G1(定量) (国際)(指定) 芝 2400m 15頭立 第12回リード・ジャパンカップ(1998 ジャパン・ツアー 第3戦) 主催者 JFA 公式ウェブサイト http://freeclimb.jp/compe/1998/9803.pdf 10 R 第18回ジャパンカップ(G1) 芝左2400m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:20 過去のジャパンカップ. 当時は外国産馬がダービーに出られない時代で、同世代のダービー馬はスペシャルウィークでしたが、このジャパンカップの舞台で初対戦することになりました。, 3歳の外国馬エルコンドルパサーvs同世代のダービー馬スペシャルウィークvs女傑エアグルーヴの構図の中、, 1番人気はスペシャルウィーク、2番人気はエアグルーヴ、エルコンドルパサーは3番人気でこのレースを迎えることになります。, エルコンドルパサーは先ほども書いたように外国産馬で、同世代にはスペシャルウィークやグラスワンダーがいた世代で、最強世代の一つと目されています。, そんな中で当時はエルコンドルパサーやグラスワンダーは外国産馬のためにクラシックには出走できず、, グラスワンダーは朝日杯3歳(現在の2歳)Sまで負けなしの4連勝でしたが、その後に故障を発症し3歳の春を棒に振ることになります。, 一方のエルコンドルパサーはNHKマイルでGI初勝利を挙げ、NHKマイルまで負けなしの5連勝という戦績を引っさげていましたが、そんな無敗の両雄は毎日王冠で初めて雌雄を決することになります。, この馬と無敗馬2頭の三つ巴が注目される中、レースはサイレンススズカのペースを刻んでいきます。, 普通の馬には明らかに速すぎるペースですが、サイレンススズカにとってはご存知のようにマイペースで、, 4コーナーで後続が近づいてくるも直線では後続を突き放し、サイレンススズカは2着馬のエルコンドルパサーに2馬身半の着差をつけ、2着馬のエルコンドルパサーも3着馬には5馬身もの差をつけていました。, 上位2頭の強さが際立ったレースでもあると同時に、グラスワンダーは本調子ではなかったこともあり5着に敗退しています。, クラシックではスペシャルウィーク、セイウンスカイ、キングヘイローが3強と見られ、激しい戦いが繰り広げられていました。, 皐月賞はセイウンスカイが勝利したものの、当時は芝生の保護のために仮柵が外から内に変更されていたことで、馬場の内側にグリーンベルトができていました。, 3番枠から先行したセイウンスカイと18番枠から差してきたスペシャルウィークでは、内外の有利不利は確かに大きかったように思います。, 続くダービーではスペシャルウィークが馬群の中から差し切って勝利を飾り、武豊ジョッキーに初のダービータイトルをもたらすことになります。, セイウンスカイは古馬相手の京都大賞典を選び、スペシャルウィークは京都新聞杯を選ぶとそれぞれが勝利を挙げ、菊花賞で再び相まみえることになります。, その菊花賞ではセイウンスカイがペースを握り、3000mを逃げて3分3秒2という当時のレコードで駆け抜けると、, 2着のスペシャルウィークを3馬身半置き去りにして、皐月賞との2冠を達成することになります。, また一方で古馬戦線に目を向けると、女傑エアグルーヴが牡馬相手に良績を挙げていました。, その年のジャパンカップでも2着、続く有馬記念でも3着と好走し、その年エアグルーヴは年度代表馬にも選ばれています。, 翌1998年の宝塚記念ではサイレンススズカの3着と敗退してしまいますが、牡馬相手の重賞にも勝利を重ね(大阪杯(当時G2)、札幌記念)、秋はエリザベス女王杯から始動。, その牝馬同士のGIで3着と敗れたものの、牡馬相手にも引けを取らないその能力は証明済みで、2番人気の支持を背に受けてジャパンカップの出走を迎えることになります。, レースでは軽快に逃げながら3コーナー過ぎに競走を中止した彼は、その後予後不良の措置が取られることになってしまいます。, まだどこかでそんな哀しみの余韻が残る中で迎えたジャパンカップだったと思いますが、レースの1番人気はジャパンカップと同じ距離のダービーを制していたスペシャルウィーク。, エルコンドルパサーはこれまで1800mまでしか経験がなく、血統からも2400mが疑問視され3番人気になっていました。, ペースとしては遅めの流れの中で人気馬3頭は先行集団に取りついて競馬を進め、最後の直線では3強の追い比べに。, 人気馬の中で最も前に位置していたエルコンドルパサーが早めに先頭に立つと最後の直線でも突き放し、2着のエアグルーヴにつけた着差は2馬身半。, スペシャルウィークはエアグルーヴからさらに半馬身遅れた3着という結果になり、その後エルコンドルパサーは、フランスに拠点を移して凱旋門賞を目指すことになります。, ラップタイム 13.4 – 11.1 – 12.2 – 11.9 – 11.9 – 12.0 – 12.7 – 12.6 – 12.5 – 12.6 – 11.2 – 11.8, またエルコンドルパサーが海外に舞台を求めたために、このレースは同世代のエルコンドルパサーとスペシャルウィークの最初で最後の対決となり、, 結果から見るとエルコンドルパサーとスペシャルウィークの勝負づけは済んだように思えるかもしれません。, ただスペシャルウィークのローテーションを改めて見てみると、菊花賞2着から中2週でのジャパンカップの参戦ではあり、, 3000mを好走して中2週でのジャパンカップは、少しタイトなローテーションではあったようにも思います。, エルコンドルパサーのその後の活躍ぶりを見れば、エルコンドルパサーの強さは確かだとは思いますが、, もしもエルコンドルパサーとスペシャルウィークが同じようなローテーションで走っていれば、もっと差は詰まっていたのではないか?・・・, この年のジャパンカップを振り返ってみたとき、そんな「もしも」を考えてみたくなります。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. 1998 FIFAワールドカップ日本代表とは?goo Wikipedia (ウィキペディア) 。出典:Wikipedia(ウィキペディア)フリー百科事典。 OLE! 放送, http://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=3255, “【日本代表】平均28.26歳は史上最高齢! 過去5大会の「23名」とどこがどう違う! 1998/11/29 ジャパンカップ -- Tokyo Turf 2,400 --1着 : 11.エルコンドルパサー: 2.25.9: 2着: 1.エアグルーヴ: 2 1/2: 3着: 9.スペシャルウィーク: 1/2: 単勝 [11] 600 複勝 [11] 200 [1] 150 [9] 130 枠連 [1-6] 1910 馬連 [1-11] 1980 15: 14: 13: 12: 11: 10: 9: 8: 7: 6: 5: 4: 3: 2: 1: ポイント ル ソ | ウ ン ガ ロ: サ イ レ ン ト ハ … 過去のジャパンカップを振り返りたいと思いますが、1998年のジャパンカップの優勝馬はエルコンドルパサー。当時は外国産馬がダービーに出られない時代で、同世代のダービー馬はスペシャルウィークでしたが、このジャパンカップの舞台で初対戦することになりました。 放送, 「アレ! OLA! 行けないの?