2005年のパ・リーグのペナントレース及びプレーオフってプレーオフに勝ったチームがシーズン優勝でしたっけ? それとも近年通りシーズン優勝は別でCSをやって勝ったチームが日本シリーズ出場で したっけ? 2005年はシーズン一位がソフトバンクで二位がロッテでした。 得失点差から圧倒的戦力を誇ったチームを探る 平成の30年間で、いつのシーズンの優勝チームがパ・リーグで最も強かったのだろう。勝率で比較するのがシンプルだが、今回は得失点差に視点を置き比べてみたい。 この差が大きいほど、圧倒的戦力で1勝1勝を積み重ねたということになる。 2005年の福岡ソフトバンクホークス(2005ねんのふくおかソフトバンクホークス)では、2005年の福岡ソフトバンクホークスにおける動向をまとめる。, 2004年の福岡ダイエーホークスで触れたように経営不振のスーパーダイエーに代わって携帯電話最大手のソフトバンクが新しく親会社になったこの年、チームはダイエー時代から使用のユニフォームを12年ぶりにモデルチェンジ。新デザインは黒とオレンジに代わって黒と黄色をチームカラーとし、ホーム用は「Softbank Hawks」、ビジター用は「Softbank」に変更されたが基本デザインはダイエー時代と変更はなかった(それまではホーム用・ビジター用ともに「FDH」)。西武の優勝を許したもののチームはこの年も絶好調で、3・4月を20勝11敗で勝ち越すと6月には18勝3敗で貯金15を稼ぎ、最終的にはロッテと追い上げをかわして2年連続の勝率1位を達成。しかし、不動の正捕手城島健司が終盤に自打球骨折で離脱したのが響き、プレーオフに2勝3敗で敗れロッテの31年ぶり優勝を許し2年連続でポストシーズン敗退という屈辱を味わった。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=2005年の福岡ソフトバンクホークス&oldid=79420687. 2005年、ロッテはリーグ優勝しましたが、何故、一位ではないのですか? レギュラーシーズンを一位通過したのはソフトバンクだったからです。2005年はプレーオフを勝ち抜いてリーグ優勝しました。 日韓クラブチャンピオンシップ出場(1回)(太字は優勝、 … 【2020.10.30】ジャイアンツ、リーグ優勝決定。. 自力優勝消滅・復活日付のまとめ. 日本生命セ・パ交流戦 開始年 2005年 チーム数 12チーム 加盟国 日本 前回優勝 福岡ソフトバンクホークス(2年ぶり8回目) 最多優勝 福岡ソフトバンクホークス(8回) 公式サイト 大会公式サイト 1999年と2000年は、プロ野球サントリーカップを開催 2005年パシフィック・リーグ最終成績 順位 球団 勝 敗 分 勝率 差 優勝 千葉ロッテマリーンズ 84 49 3.632 2位 福岡ソフトバンクホークス 89 45 2.664 3位 西武ライオンズ 67 69 0.493 4位 オリックス・バファローズ 62 70 4.470 5位 北海道日本 【2020.10.30】タイガース、優勝の可能性が完全消滅 ←【09.15】自力優勝の可能性が消滅。 2020 優勝ライン計算マトリクス. 2005; 2010; リーグ優勝(5回) 1950; 1960; 1970; 1974; 2005; セ・パ交流戦優勝・最高勝率(2回) (2015年から2018年までは最高勝率) 2005; 2006; 成績(タイトル以外) アジアシリーズ出場(1回)(太字は優勝、斜体は準優勝) 1勝 2005. この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 この項では、2005年のプロ野球 パシフィック・リーグレギュラーシーズンの上位3球団で行われたプレーオフについて記す。 データの更新は、その日の全試合終了後となります。.