(2007年)“ 第5回 京都競馬 第4日 ”. 第27回(2002年) ファインモーション 第36回(2011年) スノーフェアリー 第23回(1998年) メジロドーベル 第32回(2007年)エリザベス女王杯 詳細情報 . 第19回(1994年) ヒシアマゾン 第29回(2004年) アドマイヤグルーヴ, 第30回(2005年) スイープトウショウ 古馬では、アサヒライジング(柴田善)、アドマイヤキッス(岩田)、スイープトウショウ(池添)、デアリングハート(藤田)及びフサイチパンドラ(ルメール)が人気となる。 第07回(1982年) ビクトリアクラウン 第25回(2000年) ファレノプシス 第41回(2016年) クイーンズリング 第34回(2009年) クィーンスプマンテ 2016年11月14日 閲覧。(索引番号:32047) (2006年)“ 第6回 京都競馬 第4日 ”. 特定商取引法に基づく表記 / プライバシーポリシー / 利用規約 第42回(2017年) モズカッチャン 第40回(2015年) マリアライト p. 11. 第02回(1977年) インターグロリア 第37回(2012年) レインボーダリア 第12回(1987年) タレンティドガール 第44回(2019年) ラッキーライラック, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=第32回エリザベス女王杯&oldid=79968184, 前日最終オッズ時点で1番人気に支持されていたウオッカが、当日に出走を取り消したことにより、15億2041万2500円が返還された。, 本競走で優勝したことにより、安藤勝己騎手は京都競馬場で行われるGIレースの天皇賞・春、エリザベス女王杯、マイルチャンピオンシップの3レース及びJpnIレースの秋華賞、菊花賞(優勝時はGI)の2レース、合計5レースを全て制した。. 一方で、ウオッカは、休み明けで望んだ秋華賞でこそいつもの伸び脚を発揮できずに3着に敗れてしまったが、菊花賞馬のアサクサキングスに圧勝したダービーの内容を考えると、秋華賞の走りは能力を発揮していないことが分かる。休み明け叩き2走目となる第32回エリザベス女王杯では、ウオッカは、秋華賞から一変して能力を発揮できるだろう。よって、第32回エリザベス女王杯、人気となってマークがきつくなるダイワスカーレットよりも、ウオッカに高い評価を与えるべきと第32回エリザベス女王杯の競馬理論の競馬予想では判断している。 ※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。, U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。 p. 11. 第32回(2007年) ダイワスカーレット 第26回(2001年) トゥザヴィクトリー 第05回(1980年) ハギノトップレディ 公開日: 2020年11月2日; G1レース; エリザベス女王杯; 概要. 第21回(1996年) ダンスパートナー 第04回(1979年) ミスカブラヤ 第35回(2010年) スノーフェアリー 正賞はエリザベス女王杯、京都府知事賞、日本馬主協会連合会会長賞 2007年11月11日に京都競馬場で施行された第32回エリザベス女王杯について記述する。, 2007年の3歳牝馬クラシック世代は例年以上のハイレベルと呼ばれ、その3歳馬と一流古馬牝馬との対戦が注目され、本年の牝馬ナンバー1を決めるレースとなる。, 3歳馬は、桜花賞・秋華賞優勝馬のダイワスカーレット、日本ダービー優勝馬のウオッカ、オークス優勝馬のローブデコルテが出走。, 古馬では、第55回府中牝馬ステークス出走組からは、優勝馬のデアリングハート、2着のアサヒライジング、3着のアドマイヤキッス、4着のディアデラノビア、5着のタイキマドレーヌなど8頭が出走。, その他の路線からは、前走スワンステークス4着で第30回エリザベス女王杯優勝馬スイープトウショウ、本年の札幌記念優勝馬で第136回天皇賞(秋)を回避して挑む第31回エリザベス女王杯優勝馬フサイチパンドラ、札幌記念4着のディアチャンスなども出走。, 尚、海外からは、ドイツからミスティックリップス(MYSTIC LIPS)とオーストラリアからチンクェチェント(CINQUE CENTO)の2頭が予備登録を行い、ミスティックリップスは出走辞退、チンクェチェントは選出馬となった後に出走辞退し、前年の第31回エリザベス女王杯に続き2年連続で外国馬の出走なしで行われる。ちなみに本年より外国馬の出走枠は5頭から9頭に拡大されていた。, 前年度の牝馬二冠馬のカワカミプリンセスは故障のため、フローラステークス優勝馬のベッラレイアが休養のため登録をしなかった。, 10月28日に発表された最終登録時点では、出走可能頭数18頭に対し17頭の出馬投票があり、頭数割れのため全馬の出走が可能となっていたが、レインダンスは発熱のため、ソリッドプラチナムが翌週の古都ステークス出走のため、ロフティーエイムが福島記念に出走ためそれぞれ回避することになり、最終的に14頭となった。, 11月9日に枠順が発表され、11月10日より馬券が発売され、前日最終オッズは、ウオッカが2.1倍で1番人気となり、2番人気はダイワスカーレットの3.6倍、3番人気はスイープトウショウが9.0倍と続いた。, しかし、11月11日の朝になって1番人気に推されていたウオッカが右寛跛行が発生したため、出走取消となった。, 逃げると目されたアサヒライジングがスタートで1完歩出遅れ、対照的に好スタートを切ったダイワスカーレットが主導権を握る。アサヒは競りかけず2番手に控える。デアリングハート、ローブデコルテ、フサイチパンドラと続き、直後インコースにスイープトウショウがつける。前半1000mを60.9秒の淡々とした流れでレースが進み、3コーナーの坂に差し掛かった付近で、フサイチが外目から3番手にあがる。一方、ローブデコルテは4コーナーで手ごたえが悪くなる。直線、逃げたダイワが後続を突き放しにかかる。フサイチが2番手に浮上、内からスイープ、更に後方で足をためたディアデラノビアが外から追い込むも、ラスト600mを34.1秒でまとめたダイワが悠々逃げ切ってG1連勝を達成した。2~4着は去年の1~3着馬(ただし、入線順は同じ)で人気サイドでの決着。, 国際競走指定前: 第10回(1985年) リワードウイング 次に、4度目の対戦となるダイワスカーレットとウオッカとの比較について分析する。これまでの3度の対戦では、ダイワスカーレットの2勝に対し、ウオッカが1勝であり、ダイワスカーレットがリードしている。しかしながら、能力的には、2頭に大きな差はなく、むしろウオッカのほうが上位であると第32回エリザベス女王杯の競馬理論の競馬予想では判断している。 なぜならば、ダイワスカーレットがウオッカを破った桜花賞及び秋華賞は、先行したダイワスカーレットに有利な前残りのスローペースだったからである。これは、2~3番手を追走したダイワスカーレットが、33秒台の上がりで勝利を収めていることからも分かる。つまり、桜花賞及び秋華賞では、後方から競馬を進めるウオッカが人気になったこともあって、先行するダイワスカーレットに有利な展開となっていた。しかしながら、アサヒライジングやフサイチパンドラといった強力な先行馬が出走する第32回エリザベス女王杯は、桜花賞や秋華賞のようなスローペースとなる可能性は低い。更に、ダイワスカーレットが、2冠馬となってこれまで以上に他馬からのマークがきつくなることを考えても、桜花賞や秋華賞のような先行馬有利の楽な競馬にならないだろう。 第20回(1995年) サクラキャンドル 一方、スイープトウショウは、牡馬相手の宝塚記念を含め、G1を3勝しており、実績的には断然といえる。宝塚記念の勝利を考えれば、スイープトウショウは、牝馬同士の第32回エリザベス女王杯程度であれば圧勝しなければならないが、全盛期と比べると衰えは否めない。しかしながら、全盛期より衰えたとはいえ、牝馬限定のG1の第32回エリザベス女王杯であれば、スイープトウショウに高い評価を与えるべきと第32回エリザベス女王杯の競馬理論の競馬予想では判断している。 府中牝馬ステークスを制したデアリングハートは、距離が長いので、第32回エリザベス女王杯で好走する可能性は低い。デアリングハートであれば、府中牝馬ステークスで2着に敗れたアサヒライジングの先行粘り込みに注意すべきだろう。府中牝馬ステークスの3着のアドマイヤキッスは、これまでの成績を考えると、一線級相手のG1では少し足りない。また、アドマイヤキッスは能力の割に人気になり過ぎるので、馬券の期待値を高めるという観点からも、アドマイヤキッスに高い評価を与えるべきではない。これらの観点から、府中牝馬ステークス組では、アサヒライジングに最も高い評価を与えるべきと第32回エリザベス女王杯の競馬理論の競馬予想では判断している。 第39回(2014年) ラキシス 第01回(1976年) ディアマンテ 日本中央競馬会. 第17回(1992年) タケノベルベット 2007 エリザベス女王杯 レース映像 jraofficial(JRA公式YouTubeチャンネル)による動画 : 2007年 11月11日に京都競馬場で施行された第32回エリザベス女王杯について記述する。 レース概要. 今週のメインレースは、牝馬のナンバーワン決定戦の第32回エリザベス女王杯である。第32回エリザベス女王杯には、3歳牝馬2強のウオッカ(四位)とダイワスカーレット(安藤勝)が出走するということもあり、例年以上に注目される。 3歳牝馬では、他にレインダンス(武幸四郎)も注目される。レインダンスは、秋華賞でウオッカに先着する2着に好走しており、著しい夏場の成長が窺える。しかしながら、秋華賞のレース内容を分析すると、レインダンスは、ゴール前でダイワスカーレットと同じ脚色となってしまったように、ダイワスカーレットを逆転する可能性は低い。 また、秋華賞では、レインダンスは、ウオッカの休み明け及び前残りの展開に助けられて、ウオッカに先着を果たした。 よって、第32回エリザベス女王杯において、レインダンスが、ダイワスカーレット及びウオッカに先着できる可能性はきわめて低いと判断している。そのため、第32回エリザベス女王杯の競馬理論の競馬予想は、レインダンスに押さえ程度の評価を与えれば十分と判断している。 第24回(1999年) メジロドーベル 第14回(1989年) サンドピアリス 競馬場:京都競馬場; 発走日時:2007年11月11日(日)15時40分; 距離:2200m; 天気:晴; 馬場状態:芝・良; 全着順. 第31回エリザベス女王杯(G1) 芝右 外2200m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40 過去のエリザベス女王杯 . 第22回(1997年) エリモシック フサイチパンドラは、去年のエリザベス女王杯の勝ち馬であり、牝馬限定のG1ならば通用する能力を秘める。また、フサイチパンドラは、天皇賞2着のアグネスアークを抑えて札幌記念を制しており、力の衰えも見られない。しかしながら、フサイチパンドラは、惨敗することも多く、非常に気難しい。つまり、フサイチパンドラにとっては、自分の能力を発揮できるかどうかが大きなポイントとなる。第32回エリザベス女王杯ではルメール騎手が騎乗して気分良く走れる可能性が高そうなので、第32回エリザベス女王杯の競馬理論の競馬予想は、フサイチパンドラに古馬の中では高い評価を与える予定である。 第03回(1978年) リードスワロー 2007年 エリザベス女王杯のページ。スポーツ総合サイト、スポーツナビ(スポナビ)の競馬ページです。最新のニュース、レース日程と結果、出馬表、オッズ、名鑑情報、記録、成績などを素早くお届けし … 第32回エリザベス女王杯では、秋華賞でウオッカを破ったダイワスカーレットが1番人気になりそうである。ダイワスカーレットは、7戦5勝2着2回の実績が示すように、崩れない完璧な成績を収めている。ダイワスカーレットの5勝には、ウオッカを破って勝利した桜花賞及び秋華賞も含まれている。よって、第32回エリザベス女王杯においても、ダイワスカーレットは、余程のアクシデントがない限り、好走するであろう。 日本中央競馬会. 今週のメインレースは、牝馬のナンバーワン決定戦の第32回エリザベス女王杯である。第32回エリザベス女王杯には、3歳牝馬2強のウオッカ(四位)とダイワスカーレット(安藤勝)が出走するということもあり、例年以上に注目される。 エリザベス女王杯[2007年11月11日京都11r]のネット新聞。全重賞レースの予想印/血統&コース分析/コース×種牡馬連対率など豊富なデータが満載!アナタの予想も記入できます。 エリザベス女王杯(2007)のあなたの予想を教えてください。企業秘密の部分もあると思いますので、公開できる範囲で、予想の根拠や理論のあるものに限ります。ちなみに私は馬連、3.ウォッカ4.スイープトウショウ5.ローブデコルテの三頭B 第11回(1986年) メジロラモーヌ Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved. 第13回(1988年) ミヤマポピー エリザベス女王杯(エリザベスじょおうはい)は、日本中央競馬会(jra)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞 競走(gi)である。. 第18回(1993年) ホクトベガ 第15回(1990年) キョウエイタップ, 第16回(1991年) リンデンリリー 走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。 第08回(1983年) ロンググレイス 軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!, ※ 走 マークは出走予定馬※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます, 秋の最強牝馬決定戦。牝馬三冠路線を戦ってきた3歳世代と、中距離に実績を残す古馬牝馬が鎬を削る。クィーンスプマンテとテイエムプリキュア、大逃げを打った伏兵2頭の「行った行った」で決まり、単勝1.6倍の二冠牝馬ブエナビスタが3着に敗れた第34回(2009年)は伝説として語り継がれる。第35回(2010年)は、同年の英オークス、愛オークスを勝ったスノーフェアリーが来日し、次元の違う脚を披露して圧勝。翌年の第36回も再び鬼脚を繰り出して連覇を果たし、競馬界を震撼させた。第26回(2001年)は1-3着馬の着差がハナ、ハナの大激戦。勝ったのはドバイワールドカップ2着以来、7カ月半ぶりの出走となったトゥザヴィクトリー。熱狂的なファンが多かった同馬のG1初制覇に、京都競馬場が沸いた。, 会員登録(無料)するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。, ▼ハナ、ハナの大激戦となった2001年。7カ月半ぶり出走のトゥザヴィクトリーが制した。. 第06回(1981年) アグネステスコ 第38回(2013年) メイショウマンボ 2016年11月14日 閲覧。(索引番号:32047) (2005年)“ 第5回 京都競馬成績集計表 第32回エリザベス女王杯におけるダイワスカーレットの評価を決定する上で重要になりそうなのは、古馬との力関係とウオッカとの比較である。まずは、ダイワスカーレットと古馬との力関係を分析する。今年の3歳牝馬は、最強世代といわれるほどレベルが高い。 これは、ウオッカが、64年ぶりの牝馬によるダービー制覇を果たしたことからも分かる。また、桜花賞においてダイワスカーレットから1秒以上離されて5着に敗れたイクスキューズ(北村)が、クイーンステークスでアサヒライジングの2着に好走していることからも、3歳牝馬世代のレベルの高さが分かる。よって、3歳牝馬世代のトップクラスのダイワスカーレットとウオッカが、古馬が相手となる第32回エリザベス女王杯でも好走する可能性は極めて高いと第32回エリザベス女王杯の競馬理論の競馬予想では判断している。 国際競走指定後: 競馬予想のウマニティがエリザベス女王杯2007を徹底予想!出走予定馬の最新情報・過去10年の結果(動画)・データ分析・レース傾向・無料予想・プロ予想・オッズ・u指数などの情報満載! 回 年 優勝馬 成績 レース映像; 第44回: 2019年: ラッキーライラック: 成績: レース映像: 第43回: 2018年: リスグラシュー: 成績 以上のように、第32回エリザベス女王杯の競馬理論の競馬予想は、第32回エリザベス女王杯に出走する有力各馬の能力を分析した。その結果、3歳2強のウオッカとダイワスカーレットとの一騎打ちになる可能性が高いと第32回エリザベス女王杯の競馬理論の競馬予想では判断している。よって、第32回エリザベス女王杯は馬券的な魅力の少ないレースとなりそうなので、第32回エリザベス女王杯の競馬理論の競馬予想は馬券の購入をあまりお勧めしない。 どうしても馬券を購入したいのであれば、ウオッカから古馬への馬券を小額購入することをお勧めしようと第32回エリザベス女王杯の競馬理論の競馬予想では考えている。. 第43回(2018年) リスグラシュー 第33回(2008年) リトルアマポーラ 第09回(1984年) キョウワサンダー 2007 エリザベス女王杯 レース映像 jraofficial(JRA公式YouTubeチャンネル)による動画 2007年 11月11日 に 京都競馬場 で施行された 第32回 エリザベス女王杯 について記述する。 2007エリザベス女王杯 1着 ダイワスカーレット (本命) 2着 フサイチパンドラ (無印) 3着 スイープトウショウ (無印) 5着 アドマイヤキッス (買ってる) 取消 ウオッカ (対抗) 的中 単勝190円のみ。 第31回(2006年) フサイチパンドラ エリザベス女王杯(2007)のあなたの予想を教えてください。企業秘密の部分もあると思いますので、公開できる範囲で、予想の根拠や理論のあるものに限ります。ちなみに私は馬連、3.ウォッカ4.スイープトウショウ5.ローブデコルテの三頭B 第28回(2003年) アドマイヤグルーヴ