第123回(2001年) テイエムオペラオー 第023回(1951年) タカクラヤマ GI :天皇賞(春)(2012 年) テンプレートを表示: ビートブラック (英: Beat Black 香: 霹靂戦駒) は日本の競走馬である。馬名の意味は「黒を打ち負かす」。おもな勝ち鞍は2012年の天皇賞(春) 経歴 2009年. 第079回(1979年) カシュウチカラ 第093回(1986年) クシロキング 第083回(1981年) カツラノハイセイコ 第059回(1969年) タケシバオー 第049回(1964年) ヒカルポーラ 天皇賞(春)[2012年4月29日京都11r]のネット新聞。全重賞レースの予想印/血統&コース分析/コース×種牡馬連対率など豊富なデータが満載!アナタの予想も記入できます。 第089回(1984年) モンテファスト 第097回(1988年) タマモクロス 第017回(1948年) シーマー 天皇賞春 2012 の動画・結果です。天皇賞春 の結果は1着:ビートブラック、2着:トーセンジョーダン、3着:ウインバリアシオン。ビートブラック が勝利した 天皇賞春 2012 の詳しい結果、動画をご覧く … 第159回(2019年) フィエールマン 第087回(1983年) アンバーシャダイ 第002回(1938年) ハセパーク 第149回(2014年) フェノーメノ 第031回(1955年) タカオー 天皇賞(春) G1. 第004回(1939年) スゲヌマ 第069回(1974年) タケホープ 第115回(1997年) マヤノトップガン 第045回(1962年) オンスロート 第161回(2020年) フィエールマン, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ビートブラック&oldid=78142301. 第091回(1985年) シンボリルドルフ 第139回(2009年) マイネルキッツ 第073回(1976年) エリモジョージ 第099回(1989年) イナリワン 第041回(1960年) クリペロ 第117回(1998年) メジロブライト 第039回(1959年) トサオー 第043回(1961年) ヤマニンモアー 第063回(1971年) メジロムサシ 第109回(1994年) ビワハヤヒデ, 第111回(1995年) ライスシャワー 11 R 第145回天皇賞(春)(G1) 芝右 外3200m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40 過去の天皇賞(春) 2012年4月29日 3回京都4日目 4歳以上オープン (国際)(指)(定量) 本賞金:13,200万 5,300万 3,300万 2,000万 1,320万 第157回(2018年) レインボーライン 第105回(1992年) メジロマックイーン 2012年 天皇賞(春)のページ。スポーツ総合サイト、スポーツナビ(スポナビ)の競馬ページです。最新のニュース、レース日程と結果、出馬表、オッズ、名鑑情報、記録、成績などを素早くお届けします。 第137回(2008年) アドマイヤジュピタ 第151回(2015年) ゴールドシップ 第141回(2010年) ジャガーメイル 第153回(2016年) キタサンブラック 第006回(1940年) トキノチカラ 第012回(1943年) グランドライト 第135回(2007年) メイショウサムソン 第015回(1947年) オーライト ビートブラック (英: Beat Black 香: 霹靂戦駒) は日本の競走馬である。馬名の意味は「黒を打ち負かす」。おもな勝ち鞍は2012年の天皇賞(春)。, 10月18日の新馬戦、京都ダート1800mでデビューした。5番人気で中位に構えながら直線伸びきれず、4着に敗れた。以後3戦は11着、2着、2着と後一歩で勝利を逃した。, 年明け3戦目となる阪神ダート1400mで7戦目にして初勝利をあげた。その後1戦したのちに芝のレースを使うようになると成績が安定するようになり、5月の東京500万下の夏木立賞を直線で抜け出して1番人気に応えた。このあと2戦はさんで秋の兵庫特別を勝って3勝目をあげ、クラシック最終戦の菊花賞へ進み、先行し3着に粘りこんだ。そして暮れの阪神の準オープンオリオンステークスで1番人気に応え、4勝目となった。, 長距離戦を選んで出走するも、日経新春杯は10着、ダイヤモンドステークスでは1番人気に推されながら4着に敗れた。オープン特別の大阪-ハンブルクカップは1番人気に応えてオープン初勝利をあげた。しかしその後天皇賞(春)と宝塚記念はそれぞれ7着、11着に敗れる。秋初戦の京都大賞典は2着に入るも、2番人気のアルゼンチン共和国杯は5着、1番人気のステイヤーズステークスは11着と惨敗した。, 日経新春杯4着、ダイヤモンドステークス6着、阪神大賞典10着で迎えた天皇賞(春)は出走投票直前まで鞍上が決まらなかったが、別の馬の騎乗で京都競馬場に遠征していた石橋が騎乗することとなった。スタートからゴールデンハインドとの大逃げとなり、後方の他馬が断然1番人気のオルフェーヴルを巡ってマークし合ったこと、タイムの出やすい高速馬場の影響などもあり、まんまと逃げ切り2着のトーセンジョーダンに4馬身差の圧勝で重賞初制覇がGI制覇(マイネルキッツ、ジャガーメイル以来の重賞未勝利馬による天皇賞(春)制覇も果たした。)となった。14番人気で単勝15,960円は天皇賞(春)の過去最高配当となった。鞍上の石橋脩はGI初制覇(京都競馬場の競走も初勝利)、調教師の中村均は朝日杯3歳ステークスのマイネルマックス以来のGI制覇で天皇賞(春)は初制覇。調教師だった父の中村覚之助も1972年に天皇賞(秋)をヤマニンウエーブで制しており、調教師の天皇賞父子制覇も達成し、ミスキャスト産駒もJRA重賞初制覇となった。続く宝塚記念では、好位でレースを進めたが、最後は脚が上がり9着に終わった。, 秋は京都大賞典からの予定だったが、右前挫跖のため出走を取り消した。そのため、昨年に引き続きアルゼンチン共和国杯に出走、59kgのトップハンデながらも好位追走から4着に粘り、復調気配を見せたが、ジャパンカップではハナを切って、スローペースで単騎の逃げに持ち込んだが、最後の直線で有力馬の強襲に遭い、7着に敗れた。有馬記念では道中2番手でレースを進めたが最後失速し9着。, 2013年は京都記念から始動し4着。2月27日に右前繋部浅屈腱炎を発症、9ヶ月以上の長期休養と発表された。, 大阪杯で1年2ヶ月ぶりに復帰したが最下位の8着。レース後に右前繋部浅屈腱炎の再発が発表された[1]。そして4月11日付けで競走馬登録を抹消され現役を引退した。引退後は京都競馬場で乗馬となる[2]。, 国際競走指定前: 第047回(1963年) コレヒサ 天皇賞(春) ・ レース映像は、gⅠ開催日の18時頃に掲載いたします。 ・ 1984年以降のgⅠレースの映像となります。 天皇賞(春) 表はスクロールすることができます. 第075回(1977年) テンポイント 第085回(1982年) モンテプリンス 国際競走指定後: 第127回(2003年) ヒシミラクル 第155回(2017年) キタサンブラック 第027回(1953年) レダ 天皇賞(てんのうしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が春・秋に年2回施行する中央競馬の重賞 競走(GI)である。 第1回とされる「帝室御賞典」は1937年(昭和12年)に行われているが、JRAが前身としている「 The Emperor's Cup (エンペラーズカップ)」までさかのぼると1905年(明治38年)に起源 … 第113回(1996年) サクラローレル 第053回(1966年) ハクズイコウ, 第055回(1967年) スピードシンボリ 第014回(1944年) ヒロサクラ 第147回(2013年) フェノーメノ 第061回(1970年) リキエイカン 第051回(1965年) アサホコ 第035回(1957年) キタノオー 第037回(1958年) オンワードゼア 第077回(1978年) グリーングラス 第021回(1950年) オーエンス 第067回(1973年) タイテエム 2012年4月29日(祝) 京都/芝3200m/18頭. 第125回(2002年) マンハッタンカフェ 第008回(1941年) マルタケ 第095回(1987年) ミホシンザン 第121回(2000年) テイエムオペラオー 天皇賞(春)(過去gⅠ成績) レース成績データ 過去gⅠ成績. 第029回(1954年) ハクリヨウ 第010回(1942年) ミナミモア 第025回(1952年) ミツハタ 2012年4月29日(日) | 3回京都4日 | 15:40発走. 第071回(1975年) イチフジイサミ 第103回(1991年) メジロマックイーン 2012年天皇賞・春 オルフェーヴルが敗れて大波乱 第145回天皇賞・春の結果(2012年)は、 単勝1.3倍の断然人気に推された去年の3冠馬オルフェーヴル(池添)が11着に敗れ、14番人気のビートブラック(石橋脩)が勝利を収める波乱の結果となった。 第065回(1972年) ベルワイド ¸õ : À² / ¼Ç : ÎÉ / È¯Áö : 15:40, 6-1=3=7,10,2,16,8,13(4,17)11(5,12)15,18,9,14, 6,1=3=7,10,2,16,8,13(4,17)(5,11)(15,12)18,9,14, (6,*1)=3=(2,7)-10(8,16)-13(4,17)11,5,15(9,12)18,14, 1,6=7,3-(2,16)8,10,13,17,4(5,11)(9,15,18)14-12, 13.0 - 11.6 - 11.3 - 11.7 - 12.4 - 11.9 - 11.9 - 12.7 - 12.7 - 12.7 - 12.1 - 11.9 - 11.4 - 11.7 - 12.3 - 12.5, 13.0 - 24.6 - 35.9 - 47.6 - 60.0 - 71.9 - 83.8 - 96.5 - 109.2 - 121.9 - 134.0 - 145.9 - 157.3 - 169.0 - 181.3 - 193.8 (35.9-36.5). 第133回(2006年) ディープインパクト 第131回(2005年) スズカマンボ 第057回(1968年) ヒカルタカイ 第143回(2011年) ヒルノダムール 第019回(1949年) ミハルオー 第101回(1990年) スーパークリーク 第129回(2004年) イングランディーレ 第081回(1980年) ニチドウタロー 第033回(1956年) メイヂヒカリ 第107回(1993年) ライスシャワー 第145回(2012年) ビートブラック 第145回天皇賞(春)(GI) 芝・右・外 3200m | … 第119回(1999年) スペシャルウィーク