軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!, ※ 走 マークは出走予定馬※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます, 日本の競馬史のなかでも屈指の長い歴史と伝統を誇る、権威ある一戦。年に春と秋の2回開催され、2000mで行われる中距離王決定戦の秋に対し、3200mを舞台に争われる春は最強ステイヤー決定戦として認知されている。歴代優勝馬はいずれ劣らぬ名馬ばかりで、このレースを勝ってその年の年度代表馬に輝いた馬は数知れない。グレード制導入後だけを見ても、3冠馬として臨んで鮮やかに勝利を収めた第91回(1985年)のシンボリルドルフ、第133回(2006年)のディープインパクト、このレースの連覇を含め7つのG1タイトルを獲得した第121・123回(2000~2001年)のテイエムオペラオー、第153・155回(2016~2017年)のキタサンブラックをはじめ、メジロマックイーン、ビワハヤヒデ、マヤノトップガン、メイショウサムソン、ゴールドシップなど、G1を複数回制した実績を持つ強豪の名前がズラリと並ぶ。ただし、かつては人気の実力馬が勝つ堅いレースとして有名だったものの、長距離レースを敬遠する世界的な風潮によってもたらされた近年のレベル低下は否めず、第129回(2004年)のイングランディーレ(10番人気)、第131回(2005年)のスズカマンボ(10番人気)、第139回(2009年)のマイネルキッツ(12番人気)、第145回(2012年)のビートブラック(14番人気)など、2桁人気の伏兵が番狂わせを演じ、大荒れになる年も増えつつある。, 会員登録(無料)するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。. 走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。 13開催連続プラス収支を達成した予想神『スガダイ』の重賞展望をお届け!完全収支公開のガチンコ勝負を勝ち抜いた本気予想は必見です!, (1)キタサンブラック・清水久師「枠は気にしていなかったが、外よりもいい。行く馬がいなければ行ってもいいし、菊花賞のような(インで脚をためる)競馬もできる。(1)番は勝率(8勝、・108)もいいらしいからね」(2)トゥインクル・牧田師「真ん中くらいが良かったが、とくに気にしていなかった。ゲートの出が少し遅いけど、気になるほどじゃない」(3)カレンミロティック・平田師「いいね。昨年は内枠((2)番)から3着。ほかの馬がいくなら、見て運べばいいし、自分のペースで運べれば」(4)トーセンレーヴ・池江師 「以前より制御しやすくなっている」(5)フェイムゲーム・宗像師「偶数枠が理想でしたが、今までは極端な枠になることが多かったですから。行く馬が内にいるので、レースがイメージしやすいですね」(6)アドマイヤデウス・竹之下助手「今年はいい枠になった。状態も昨年よりいいと思う。長く脚を使えるので、早めに行った方がいいかも」(7)ファタモルガーナ・三浦助手 「上がり勝負は分が悪いが、うまくかみ合えば」(8)シュヴァルグラン・大江助手「周りを見ながら行けますし、ほどよいところかなと思います」(9)トーホウジャッカル・谷師「まあまあいいところ。馬場が乾いた方がいいタイプだけど、今の(コンディションがいい)京都なら大丈夫でしょう」(10)アルバート・橋本助手 「枠にこだわりはありません。調教師とジョッキーが作戦を立てるでしょう」(11)タンタアレグリア・国枝師 「内枠がよかったけれど、決まった以上は頑張るしかない。蛯名騎手は京都の長距離に実績があるので任せます」(12)ヤマニンボワラクテ・松永幹師 「スタミナ面は心配ない。前めで競馬をしてほしいですね」(13)マイネルメダリスト・田中清師 「枠はどこでもよかった。前走も頑張って走ってくれたし、少しでも上位に来てくれれば…」(14)サトノノブレス・和田騎手 「先週より明らかに反応は良化。今は安定して走っている」(15)サウンズオブアース・藤岡師「できれば内が欲しかったけど、スタートが上手な馬。どこかで内に潜り込めればいいね」(16)ファントムライト・藤原英師 「デキは悪くない。距離は分からないが乗りやすい馬です」(17)ゴールドアクター・中川師「できれば内枠の方がよかったが仕方ないね。もともとスタートはいい馬だし、奇数の外枠でも関係ない」(18)レーヴミストラル・高野師「今までも後ろからの競馬が多い馬。一番後入れだし、逆に自分のリズムで走りやすいと思う」★天皇賞・春の枠順はこちら, 最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開! 5月1日(日)に行われる天皇賞春2016の予想です。天皇賞春の出走馬と過去5年の1~3着馬の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。 レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。, ※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。, U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。 天皇賞(てんのうしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が春・秋に年2回施行する中央競馬の重賞 競走(GI)である。 第1回とされる「帝室御賞典」は1937年(昭和12年)に行われているが、JRAが前身としている「 The Emperor's Cup (エンペラーズカップ)」までさかのぼると1905年(明治38年)に起源 … 11 R 第153回天皇賞(春)(G1) 芝右 外3200m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40 過去の天皇賞(春) 2016年5月1日 3回京都4日目 4歳以上オープン (国際)(指)(定量) 10月30日(日)に行われる天皇賞秋2016の予想です。天皇賞秋の出走馬と過去5年の1~3着馬の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。土曜日はスワンsとアルテミスsの両重賞を的中することが出来ました。勢いに乗って天皇賞も決め 天皇賞(春) G1 2016年5月1日(日) 京都/芝3200m/18頭本賞金:15,000万 6,000万 3,800万 2,300万 1,500万