nhk未契約でテレビがないと言ったのを信じてもらえずばれてる感じがする・・・。なぜばれる感じになってるの?その理由をご紹介します。 基本的に『テレビはない』と答えれば、nhk受信料の徴収者から免れることができます。 受信 nhk受信料の問題で裁判される人には、ある秘密があることをご存知でしょうか。そして、nhkと受信料契約を結んでいる人であっても結んでいない人であっても裁判される場合があります。この記事を読むと、nhkの受信料に関して裁判される人の特徴の秘密とその事例がわかります。 nhkの受信料というものはまず、nhkと受信契約をする事から始まります。 契約をする事により、受信料の支払い義務が発生します。 . 未契約の世帯や事業所に対しても、訪問や文書などを通じて受信料制度の意義を丁寧にご説明し、ご契約とお支払いをお願いしていきますが、こうした努力を重ねてもなお、ご契約いただけない場合の最後の方法として、受信契約の締結や受信料の支払いを求める民事訴訟を実施しています。 スポンサーリンク. 世の中にはnhkの受信料を支払わない家が多く、実際に友人や知人は未契約者。そこで友人や知人にnhkの受信料を払わない方法を聞きました。すると凄く単純な断り方をしてたんです。徴収員を撃退したい人は、ぜひ参考にしてください。 こんにちは、草津会計士blogです。 皆様の中には、「テレビはあるけどNHKと契約をしていない」という方や、「受信料を払わないとどうなるんだろう」と思われている方もいらっしゃるかと思います。 そこで今回は、「受信料の不払い」、「受信契約の未締結」について法律上どのような行為に分類されるのか、NHKに民事訴訟などを起こされるとどんなリスクがあるのかということをまとめていきたいと思います。 nhkの受信契約の訪問に来る人は、nhkから委託された「地域開発スタッフ」と呼ばれる民間業者の営業マンです。 時効は未契約世帯には存在しない nhkの放送受信料については、nhkの放送受信契約を締結した上で支払いがなされていない、ということであればそれは長期未収という扱いになり、原則として民事上は5年の時効というものが存在します。