nhk受信料の金額は障害者割引を適応することによって、その支払いを安くすることができます。しかし、nhkが定める条件を満たす必要があるのでどのような場合に割引が適応されて、どのような場合は適応されないのかいまいちわからないといったことはないでしょうか。 両親やご兄弟様など大切な方がお亡くなりになられ、死亡後のお手続きとしてnhkの受信料契約の解約や名義変更は必ず行わればなりません。近年、何かと問題が多いnhkですので、故人の亡くなられた後のお手続きとして忘れずないようにしましょう。 nhkの受信料。 意外と知られていないのが、正式な手続きを通すと【全額免除・半額免除】になるってこと。 もちろん、 誰でもかれでも対象になるわけではなく、条件に当てはまっている人が手続きができて免除となるのです。 条件に・・・ 住民税が非課税の世帯では身体障害者手帳を持つ家族がいると、nhkの受信料が全額割引になるメリットがあります。このようにnhk受信料の全額免除には、住民税非課税世帯という所得制限があります。 それではnhk受信料の支払い免除の条件に該当する場合、その申請方法を紹介します。 当然こちらから申請しないと免除対象であったとしても免除されません。 免除の手続きのやり方は? 障害者手帳を持っていると、NHK受信料が減免されることがあります。つまり、100%減免される訳ではなく、減免を受けるためには、条件をクリアする必要があります。免除基準には、全額免除と半額免除の2種類があり、少し複雑です。これから、障害者手帳 受信料全額免除の方は? まずは、全額免除の方をnhkのホームページから引用いたします。 ・ 身体障害者手帳をお持ちの方がいる世帯で、かつ、世帯構成員全員が市町村民税(特別区民税含む)非課税の場合 nhk受信料免除・申請手続き更新手続き.